スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

女3人のチーム

2013.11.04 (月)


10月は必死で仕事をした。

義父が滞在中も忙しかったが、その後は仕事量が増えて、レポートすべてに提出期限が設けられたこともあり、勤務時間を記録するのを忘れるほどとにかく働いた。

先週の金曜日、一番大きくて後回しにされていたレポート(私はエレファントというあだ名を付けた)が完成した。疲れが出て、昨日は寝たり起きたりしていた。

早朝、目が覚めた。ラジオをつけて、今日から冬時間に戻ったことを知った。アメリカ生活で切り替えに気が回らなかったのはこれが初めてである。それほど仕事に集中していたのだろう。

共同作業だったエレファント以外は、すべて個人でデータをまとめてレポートも一人で書いた。

相変わらず、QAは女3人だけ。新しいプロジェクトなので、上司のH氏も私たちも手探り状態が続いた。

1か月目の9月とは違って、ちょっとしたトラブルも起きた。私がエクセルのデータに手を加えたことを2人に事後報告したのが発端だった。先に確認しなかったのと私の説明が下手なせいで、誤解を招いてしまった。

その後、クリスとジャンは明らかに私を警戒し始めた。

私がなにかトラブルを起こすのではないか、データをめちゃくちゃにするのではないかと疑ったらしい。週明けに受信箱を開くと、「私たちはxとyを担当するから、あなたはzをやって。一番データのサイズが小さいから」と日曜日のうちにクリスからメールが入っていた。

私はうまくやりたかったし、誤解は私にも責任はあると思い、彼らの言う通りにした。

若いころだったら、仲間外れにされたとか、さっそく失敗してしまったとか、思い悩んだところだ。年を取るのはありがたい。ちょっとカチンときたが、自分の目標はこの仕事をきっちりやることだと考えて、彼女たちのやり方の是非は問わないことにしたのである。


             *


その時点では、まだそれぞれ個人レポート1つしかできていなかった。急ぎの依頼があったので、エレファントは中断し、3人が個人レポートに取り掛かるという寸法だった。

私はまだ自分が何をしているのか確信が持てなかったが、H氏がくれたメールや説明文書を何度も読んでは考えた。

最初はワードで作っていたレポートも、H氏の指示でパワーポイント(PPT)に変わった。

そういえば面接前にもらった仕事内容のメモにも、PPTと書いてあったか。でも、面接ではエクセルやPPTのレベルについては一切聞かれなかった。私は昔のバージョンで遊びで猫のスライドを作ったのが唯一の経験である。もともとアメリカ人二人に比べて私は仕事が遅いのに、またしても遅くなる。

最近のソフトウェアは、昔と比べて性能もいいし、格段に使いやすい。時間はかかったものの、だんだん慣れた。週40時間契約だが、そんなことよりも期限までに完成させることのほうが大事だった。

まずジャンが「レポートができました」とH氏にメールした。クリスと私はCcに入っている。

全員がアクセスできるので、私も参考までに見て驚いた。PPTなのに、スライドにぎっしり文章が並んでいる。それに、画面のキャプチャも文字が小さすぎてまったく見えない。数字が一致しない。なによりも、レポートに内容がない。

こんなものでいいんだろうか。

しばらくすると、H氏から厳しい返事があった。これでは使い物にならない。大幅な改良が必要だ。箇条書きでいくつも問題点が指摘してある。

その次に、クリスのレポートができた。彼女のPPTも、ジャンほど文字がぎっしりといった代物ではないにしろ、何が言いたいのかわからない。

H氏は、全体としてはまあいいが、こことここをやり直すようにと命じた。


               *


私はその間も無我夢中で自分のレポートに取り組んだ。

だいたいできたところで、突然H氏からIMで呼び出された。きっと私のレポートがなかなかできないので、心配したのだろう。

「レポートはどんな具合ですか。質問はありますか」

私はついさっきドラフトができたことを報告した。そして、気になっていた点を2つ相談すべきかどうか迷った。うまく質問できる自信はなかった。

さっそく私のPPTにアクセスしたH氏は、「ここは番号リストにする必要はない。ここにはハイパーリンクをつけて」と、IMで指示をくれた。そして、思いがけないメッセージ。

”Very good. Keep up the good work”
 
先の二人があれだけダメ出しをくらったので、覚悟していた私は拍子抜けした。それに勇気づけられて、データの疑問を相談しようと決めた。

ある数値がかなり大きく離れていたことを話すと、H氏は非常に興味を示した。そして、自分でもデータにアクセスしたらしく、これは一番重要な発見だ、よくやったと言った。そして、このデータをどう処理してどう分析するかを丁寧に教えてくれた。

それからがまた大変で、私は食事もそこそこに取り組んだ。工夫して表を作った。


           *


H氏はちょくちょく私たちの未完成レポートに目を通していたらしく、翌日、クリスとジャンに「コメットがとてもいい表を作ったから、参考にするように」とメールで2回も念を押した。

エレファントの誤解以来、メールでもIMでも音沙汰のなかったのに、ジャンからひっきりなしにメッセージが来るようになった。

あれはどうやったの、これはどうやったの。私はできるだけ答えたが、未完成だし、なにしろ提出期限が迫っているし、H氏は確かに私の表が気に入ったらしいが、”Keep up the good work" というのは決まり文句なので、レポート全体としてどれほどの出来なのか、私にはわからなかった。

そのうちジャンは「私にはメールでみんなに見えるように返事をしたのに、あなたにはIMなんてちょっと変じゃない? 私はずっとIMを開けてたのに」と言い始めた。

H氏はそれまでにも私に何度かIMを送ってきた。なにしろ私が最初のQAメンバーだし、最初の2週間は本当に私とH氏だけであれこれ試行錯誤していたのだ。そのせいもあって、ほかの二人よりも私とH氏は近しいところがある。

しかし、ジャンに不機嫌になってもらっては困る。とくに、H氏は台湾人で私は日本人。アジア人同士だから贔屓されているなどと思われては迷惑だ。

なんとかIMを打ち切って、私は自分のレポート完成を急いだ。


           *


できたことを知らせると、H氏からメールで私だけに返事が来た。

「とてもよくできている。あなたにはグループのリーダーになって、ほかの二人にQAレポートのなんたるかを教えてやってほしいと思う」

私は自分の努力が報われてうれしかった半面、これはやりにくいなと思った。女性3人という、ただでさえ微妙な集団だ。しかも、エレファントの誤解から、彼らは私が仕事ができないと決めただろうし、そうでなくても英語の問題から仕事の遅さや不自然な言い回しなどでダメな同僚だと思っただろう。それが、一転してH氏からお褒めの言葉である。

ジャンとは対照的に、H氏が私の表に言及したあともクリスは何の連絡もしてこなかった。彼女は大学院まで行った。仕事の遅い、英語も完璧ではない私がたった1枚の表とはいえ、ほめられたのはおもしろくなかろう。彼女は次の日も沈黙だった。それまではよくやり取りがあったのに。

H氏が全員でなく、私だけにメールをくれたことがありがたかった。私はクリスとジャンを敵に回したくなかった。


           *


次の週明け、2人はまた週末に話し合ったとみえて、その週の仕事を先に選んでいた。データサイズが小さく、H氏から特別な指示のない仕事を取ってしまった。残っている仕事は一つだけ。なんだかややこしそうで、データもほかに比べて大きかったが、それしかないのだからしょうがない。

私はまた「わかりました。先週は私に一番小さいデータのをくれたし、公平に行うためにも私はこれを受け持ちます」と二人に返信した。

足手まといになりそうな私に簡単な仕事をさせようとした先週とは裏腹に、今度は一番大きくてややこしそうな仕事を回してきた。やられた。

私がそれを担当すること自体はいい。早い者勝ちみたいなやり方がいやだった。

夫には仕事の内容は話さないことにしているが、この件を伝えると、

「そりゃ、そうするさ。これから先、難しい仕事はきみの担当ってことにさせられるよ、きっと」とあっさり言った。

日本でもアメリカでも働いたが、こういうグループでの仕事分担はしたことがなかった。しょうがない、これも勉強と思ってやるしかない。英語では彼女たちにかなわないし、スピードもどれくらい追いつけるかわからない。彼女たちの助けが必要なときはまだある。

今は、ともかく「うまくやる」ことが一番大事だと自分に言い聞かせた。


<今日の英語>

It took years off my life.
寿命が何年も縮んだよ。


ある俳優が「舞台は好きだよ。もっとも、あのトラブル続きですぐに打ち切られた舞台のあとでは、以前ほど好きじゃなくなったけど」と言った。対談相手が「そう? あの芝居はなかなかよかったと思ったけど」と応じたが、「あれはひどい経験だった。命が削られるようだった」と痛手の深さを語った。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  わたし  |  コメント(1)

Comment

心が伝わる文章ですね

はじめまして。アンヨと申します。
冷静にご自身を見ておられるのが伝わる文章に興味をもち、訪問させていただきました。私も経験に苦しみ、新しい世界に戸惑う毎日を過ごしております。
新しい更新を楽しみにしています。
アンヨ |  2015.04.28(火) 01:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/977-1c7dd6b8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。