スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

巣立ち その1

2012.10.01 (月)


9月2日、長男が家を出た。

それまで、大学の「持参すべきもの・あったほうがいいもの・家に置いておくべきもの」リストに従い、何度も買い物に出かけた。

キンダーガーテンからずっとBack to schoolショッピングをしてきたが、今回は品数も金額も桁違い。

私はアメリカの大学に行かなかったし、日本でも寮生活をしたことがない。大学見学の際に、初めて寮の中を見た。シーツやタオルや枕は個人で用意するだろうと思ったが、予想していなかったモノもかなりあった。

フロア・ランプ、デスク・ランプ、ゴミ箱、ハンガー、ミニ冷蔵庫、Drying Rack(室内物干し)、卓上ファン、アイロン、アイロン台、Power strip、プラスチックの収納箱、プリンターなど。

こんな基本的なものが備え付けではないのに驚いた。結局フロアランプ以外はすべて持たせた。長男のルームメイトはブルックリンから電車でボストンへやってくると聞き、それでは身の回り品しか持ってこれまい、共有できるものはこっちで用意しようということになった。

それ以外にも、服やパソコンやバックパック、爪きりから髭剃りセット、洗濯洗剤、シャワールーム用のゴムぞうりまで、家出というより夜逃げレベルの大荷物である。

ミニバンなら積みやすいが、長距離運転は疲れる。結局、アコードのトランクと後部座席の半分にぎっしり載せて出発した。


           *


3時間半後、夫の運転で駐車場に乗り入れた。

建物の入り口には、おそろいのピンクのTシャツを着た学生たちが案内をしていたが、私は長旅の疲れと、出発前の夫との口論と、駐車場前道路の一方通行の混乱などで不機嫌のまま。

受付らしいところへ向かおうとすると、「ここは学生だけでお願いします。あちらに軽食が用意してありますから、ご両親はそちらでお待ち下さい。お子さんは10分くらいで合流しますから」と大学職員にさえぎられた。

え?と思った。

これまで大学のどの説明会でも見学でも、長男といっしょにしてきたのに。だいたい、ぼんやり長男がちゃんと手続きできるのだろうか。つい、首を伸ばして、受付のほうを見てしまう。

見ると、他の親御さんも不満そうな、意外そうな顔をして、向きを変えている。

夫は「大丈夫だろう」と言い、夫と私は親が待つ部屋に向かった。

車酔いがいやでまともな朝食を食べなかった私は、クロワッサンやデニッシュや果物が山と置いてあるのに元気が出て、トーストした薄いパンにブルシェッタらしきものを乗せ、お茶も飲んで、お菓子も食べ、すっかり機嫌がよくなった。


         *


長男はすぐにやってきた。私は「これ、おいしいわよ」とお皿を向けた。

しかし、長男はすぐにも寮に向かいたいふうで、「これ、もらった」と私に書類を見せた。寮への道順や、郵便箱の番号、今日のプログラムなど。鍵も学生カードももらったと言い、「いつ、行ける? もう食べ終わった?」と座りもしない。

「えっ、もう行くの? もうちょっと食べたいじゃない?」と食い意地の張った私は何のためにここへ来たのか、わからない。

しかし、駐車場が狭いために、ラストネームで受付と入寮の時間が割り当てられている。しかたなく、まだ食べていないものを横目に建物を出た。

入るときには気がつかなかったが、その建物の1階にはいくつか店舗があり、なんと「サッポロラーメン」の看板があった。ラーメン好きの長男には朗報である。

「ここでラーメン食べればいいじゃない! うどんもあるかもね。お寿司なんかも。あんたはお寿司きらいだったっけ。あー、もったいない」と1人ではしゃぐ食いしん坊の私。長男はにこっとしながらも、私より落ち着いていた。今思えば、緊張していたのかもしれない。

なんといっても、寮生活は初めてだし、ルームメートとはスカイプで何度か話しただけである。


          *


寮はビクトリア風の一軒家で、似たような家が何件も並んでいる。昔からの家を大学が買い取り、寮に改築したものである。

寮の裏に乗り入れると、やはりピンクのTシャツを着た学生が数人待っていて、地面に敷いたビニールシートの上に荷物を全部出してくださいと言う。

持ち込み禁止のものを調べるためか、あまりにも大量の荷物を持ち込ませないためか。理由はわからない。

しかも、置く一方から手分けして長男の部屋に運び込んで行く。どこの親も50代だろうから、これは助かる。私も軽いものを持って、後に続いた。

長男の部屋は2階。

ドアを開けると、思ったより広く、清潔でほっとする。ドアは非常に重い。防音なのか防火用なのか。ともかく腕の弱い私では支えられないくらい重かった。

ベッドはかなり高い位置にあり、ベッドの下には木製の4段タンスが一つ。あとは、机と椅子。机に面した壁に3段くらいの棚。隅っこにはドアつきのクロゼット。かなり大きい。

これらが部屋の両側に1セットずつある。間にカーテンもなく、私にはとても住めないと思う。


            *


ルームメイトはまだ到着しておらず、どっち側に荷解きをしたらいいのかわからない。

しかし、ともかくこの山のような荷物をどうにかせねばならない。私がスーツケースを開けようとすると、「開けなくていいよ。ぼく、あとで自分でやるから」と長男。

え? 今日、何度目かの予想外である。

「だって、シーツつけたり、服出したり、足らないものがないかとか、このままにできないじゃない」と私。でも、長男は「いいんだってば!」と言い張る。

夫も「そうだよ。ルームメートと2人でやればいいんだ。もうここは長男の部屋なんだから、ぼくたちがあれこれ手を出すべきじゃない。」

「ちょっと待って。じゃあ何のためにボストンまで来たのよ? 荷物運ぶだけ? 普通は部屋をちゃんと住めるようにしてから帰るんじゃない?」と私だけが混乱してきた。チェルシーがスタンフォードに入ったとき、クリントン夫妻が寮まで送って行って、ヒラリーが片付けまでやってなかったか?

せめて冷蔵庫がちゃんと動くかどうかをテストすることだけは承知させ、それ以外は運び込んだときのまま、寮を出た。ここの駐車場も狭く、荷物を降ろした後は市営駐車場へ移動せねばならない。

まだ正午前である。

4時からセレモニーもあるらしい。それはともかく、せめてルームメートには会いたい。部屋でルームメートを待つという長男を置いて、私と夫だけ駐車場に向かった。


         *


なんだか中途半端な、やりかけのような、私はすっきりせず、車の中でブツブツ文句を言う。

「きみはまさか長男の部屋をきっちりセットアップするつもりで来たのかね」と夫。

「あったりまえでしょ。あなたが大学へ入ったときはどうだったのよ? やっぱりお父さんとお母さんがちゃんとしてったんじゃない?」と40年も前の話を持ち出す。夫の記憶ははっきりしない。

長男が生まれてから、特に学校関係はナーサリースクールからすべて初めてだったが、やっぱり今回も初めてのことで、私だけ驚いたり戸惑ったりしているのだ。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  子ども  |  コメント(1)

Comment

四半世紀前、私も大学で一人暮らしのため、嫁入りか位の品揃えで家をでました。母は油こし器や小型のすり鉢まで用意していましたが、私の料理の腕までは用意できませんでした。6畳の下宿に家族で運び込んだのを思い出します。
何度目かの引越しの後もすり鉢はあります。母はいなくなりましたが・・・。
きっと子離れ親離れの第一段階なのですね。読んでるとほほえましくて切ないです。続き楽しみにしています。
masumi |  2012.10.01(月) 21:15 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/933-4e08ebed

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。