スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

芝生の呪縛

2012.05.09 (水)


日中の気温が上がったせいか、裏庭と玄関周りに蒔いた芝生の種がめでたく発芽した。

しかし、まだらである。

びっしり生えているところもあれば、寂しくまばらなところもあり、何も生えていないところもある。

裏庭でハゲているところはまだ何ヶ所もあるので、そちらが優先。先月手がけたところを今すぐやり直す時間も体力もない。

10日で発芽という解説のとおりだったが、まだ芽が出ない種もあるのだろうか。人間だって、のんびりしているのや成長がおそいのや、いろいろある。今からでも顔を出してくれれば、隙間が埋まるのにと私はあきらめが悪い。

おそらく一度だけの種まきではだめなのだろう。考えるだけで、腰が痛くなってくる。もっとも、鉢植えの木や花をことごとく枯らし、サボテンも殺す私にしては、まだらでも芝生の発芽は快挙である。

ネットで見つけたビデオでは、ある園芸家がこんな風に言っていた。

「そんなに難しいことではありません。土と種と水と太陽があれば、芽は出ます。」

園芸に興味がない私は、おそらく常識と思われるこんな話に感動した。そして、芝用の土と、プレミアムと記載してある種を買ってきた。

藁くずの大袋もあったので、生まれて初めて買った。芝生の種まきをしたあとに、さらに藁くずを置いて、水分が逃げないように、風で種が飛ばされないようにするためである。ご近所でときおり見かけて、どこで調達するんだろうと疑問だったが、ちゃんと売っているのだった。


                *


ハゲた芝生を直す方法をステップ・バイ・ステップで解説するビデオは、山ほどある。

基本はどこも同じで、案外簡単な話である。土の表面を耕し、芝用の土を追加し、種を蒔き、少しだけ土をかけ、その上にコンポストや藁くずなどをうすく載せ、水をやる。芽が出るまでは1日に2回、水をやる。

園芸家はちょっとしたコツを教えながら、これを実演する。なるほど、これならできそうだと思わせる。たいしたことないじゃないの。

しかし、実際にうちの庭に出てみると、うまくいかない。

2階の窓から見たのと違って、ハゲた部分はやたらと広い。

そうなると、まず固まった土をほぐすのも重労働。そこへ芝生用の土をビニール袋から出す。おそらく栄養分が高いのだろう。真っ黒だ。しかし、さらさらでなく、塊があるので、それをつぶさなくてはならない。

ここまででクタクタになるが、いざ種を蒔く段になると多少元気が出る。ビデオを思い出しながら、なるべく均一になるように蒔く。

「たくさん蒔きすぎるということはありません」というビデオと、「種が多すぎると、競合してよくありません」というビデオがあった。私は下手な鉄砲、数打ちゃ当たる方式にした。

クラブアップルの木に集まる鳥の一団が、「体が重くてもう飛べません」というくらい満腹に食べても余るくらいに蒔こうと思った。


             *


種の上にも良い土をパラパラとふりかけ、手やレーキでそーっと混ぜる。「種が埋まっては日光が届きませんし、風で種が飛んでしまっても困ります」という園芸家のビデオを思い出してやってみたが、ちょうどよい加減というのがむずかしい。

自分でも何をやっているのかよくわからない。だんだん適当になった。

だいたいビデオでは、画用紙くらいの広さの地面でチマチマやっていたのに、私は幅1メートル以上のハゲで、ところどころに雑草があったり、地面がへこんでいたりする。会席料理と豚の丸焼きくらい違うのだ

仕上げの藁くずにしても、「たくさんかけすぎると太陽の光が届きません」となるので、首をかしげながら、こんなもんだろうかとばらまいた。その後の発芽状況からして、おそらくたくさん置き過ぎたと思われる。

ホースを引っ張ってきて、ノズルはシャワー設定にして一面に水を蒔いた。雲に隠れていた太陽が顔を出すと、発芽の条件が全部揃って、期待が高まった。

しかし、発芽するまでの1週間は本当にヤキモキした。

作業を終えた私が家に戻ると、いつもの10倍くらいの数の鳥のウキウキした鳴き声が聞こえた(気がした)。こんなところにプレミアムの種のビュッフェがあるぞ!と鳥が宴会をしたかもしれない。

鹿が踏みつけた跡があったり、急に冷え込んで夜に氷点下近くまで気温が下がったり、大雨になったりした2、3日間は、全滅かもしれないと覚悟した。

植物に話しかけるとよく育つという話を思い出し、「はい、水だよー。飲んでねー。あ、お日様が出てきた。発芽してねー。土も水も太陽もあるでしょ。条件は揃ってるのよ」と地面に話しかけて水遣りをしたが、効果はあったのだろうか。


              *


先月手がけたところがどうにか発芽してくれたので、今日は道路沿いの前庭(の一部)に着手した。

木の周りがなぜかかなり広く剥げていて、人目につくところなのでどうにかしなくてはならない。ちょうど午後と明日は雨という予報で、水遣りが省ける。冷蔵庫にはデリで買ってきたハムやターキー、昨日の残り物もあって、夕食を作らなくてもどうにかなる。芝生の種まきをしたら、あとは寝ていいのだ。

しかし、今朝はまったくやる気が起きなかった。「今日やらなくちゃ。条件が揃ってる今日、やるのよ」と何度か自分を奮い立たせてみたが、どうしてもその気にならない。

11時半ごろ昼寝して、起きたら午後2時。

夫は何も言わないが、ゴロゴロしていたのが引け目になって、ちょっと食べたところで一大決心をし、服を着替えて外に出た。そろそろ小雨が振り出しそうな時間だった。

全工程をやる体力も気力もなさそうだったので、まず今日は土を耕して、芝用の土を加えるところまでやり、明日は種まきと藁くずをやるという2段階作戦を立てた。

しかし、いったん土をならすと、また明日ここに来て続きをやるのがもっと億劫に思え、一挙に最後までやってしまった。

除草剤をまく業者が使う黄色いサインを取っておいたので、周囲にぐるりと刺し、ここまではホースが届かないので、大きなジョウロに水を汲んで3往復。雨脚が強くなったので、あとは自然の水遣りに任せた。

先月よりも上手にできたと思うが、腰がパンパンになって、Advilを2錠飲んだ。


             *


これは優雅なガーデニングではない。農作業である。

ピルグリムたちが故郷イギリスの庭を懐かしんで芝生を植えたのかもしれないが、国土の大きさを考えてもらいたい。イギリスのコテージ周りにちょっと芝生があるのと、エーカー単位の敷地を芝にしようというのは雲泥の差。

NYはまだしも、カリフォルニアのような砂漠地帯で地中にスプリンクラーを埋め、タイマーで水遣りを管理してでも芝生を維持しようというのは気違い沙汰としか思えない。

ガソリンを使って芝刈り機を動かし、除草剤や化学肥料を大量に使い、それなのに雑草は生えるわポコポコ剥げるわ、ピルグリムのホームシックのために(と勝手に決めつけたが)、今になって私が苦労しているのだ。土いじりにまったく興味も関心もない私が。

「お母さんはね、もう庭なんか要らないの。芝生も植木もめんどくさいの。毎年どれくらい芝生にお金かけてると思う?あー、アパートに住みたいわー」と、子どもたちに訴え、”I wanna live in an apartment!”と夫に宣言した。

しょっちゅう同じことを言っているので、彼らも私の気持ちは知っている。しかし、「じゃあ、引っ越そう」というわけにはいかない。

あと4、5年はここに住むとして、家を売るためにはやはり芝生がみっともないのはだめだというわけで、タンポポやクラブグラスその他の雑草、ハゲたところが目に入るたびに、私は発狂しそうになる。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  生活  |  コメント(1)

Comment

芝生手入れのイメージ

・・・お疲れ様でした 笑
私の勝手なイメージですが、
芝生やお庭の手入れは
近所の子供が5ドル(安・・・)
もらってやるものだと思っていました。

何だろう・・・
アメリカの小説や映画、ドラマなんかでは
そういうパターンが多い気がします。

私は観葉植物や、お花が好きなわりに
土や虫がだめなので、一生庭付きのおうちには住めないです。

でも、憧れなんです。

Kometto3さんのおうちは描写が上手いのか?
憧れです。

lumama |  2012.05.09(水) 16:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/926-4f672b4a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。