スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

自費で行う土壌検査

2011.10.17 (月)



NYタイムズに東京のホットスポットに関する記事が載っていた。

市民グループが調査した結果、東京周辺で20ヶ所のホットスポットが見つかったという話である。

一時は「もっともメールされた記事」の上位にランクしていて、読者の関心の高さをうかがわせる。

私は朝日や日経の見出しくらいしか読まないが、それでも奥多摩や葛飾区でセシウム濃度の高い地域があるとか、横浜でストロンチウムが測定されたとか、世田谷区の高放射線は実は地下室にあったラジウムの瓶が原因だったとか、ちょくちょく報道されてはいるなと思っていた。

NYタイムズには、東京の市民グループ Radiation Defense Project放射No!防御プロジェクト)の名前が出ていた。

彼らの調査した132ヶ所のうち、22ヶ所で1平方メートル当たり3万7千ベクレルと言う数字が出た。チェルノブイリで汚染区域とされたところと同じレベルである。

ホットスポットは、広範囲が汚染されたチェルノブイリほど深刻ではないが、ホットスポット付近で生活する人は、安全基準である年間最大1ミリシーベルトのリミットに達してしまうという。

NYタイムズは、「どちらかといえば飼いならされている」日本の主要マスコミは、「草の根運動よりも政府発表のほうを報道することが多く、この市民グループの検査結果をおおむね無視した」と書いている。

朝日と日経しか読まない私が知らなかったのも当然か。

政府も都も、福島から遠い東京は心配無用と言い、土壌検査をする予定はないと知ったある父親は、市民グループに参加して、息子が練習する野球場付近の土を検査してもらった(写真にはEDOGAWAという文字が見える)。結果は、チェルノブイリ汚染区域並みの放射能汚染だった。

彼の一家は岡山に引っ越した。東京に残ってもたぶん問題ないかもしれないが、「放射能の不安のない将来」を選んだそうだ。


       *


研究者によると、3月11日に原発事故が起きて、3月15日に東京で放射能レベルが一気に上昇、その後3月21日の夕方に降った雨で再び放射性物質が拡散したが、その後、大気中や水中の放射性レベルは急速に減っていったという。

つまり、事故後10日間で起こるべきことが起き、そのあいだまともな防止対策は立てられなかったわけだ。

そんなことはわかりきっていたとも思うし、ほとんどの人は逃げたくても逃げられなかっただろうとも思う。私がまだNHKにかじりついていた頃なので、「雨にぬれないように」「洗濯物は外に干さないで」「マスクをして」という呼びかけが記憶にある。

NYタイムズは、東京都職員(健康と安全にかかわる部署にいる)カオル・ノグチという女性の回答を引用している。

いわく、東京ではすでに十分な検査が行われたし、放射性物質はコンクリートに落ちて、流された場合のほうが多い。

一日中同じところに立っている人はいません。それに、土を食べる人もいませんよ。

この人は日本のマスコミのインタビューにも同じように答えるのだろうか。


        *


東京都がやる気のない土壌調査を、市民グループはどうやっているのか。

放射能防衛プロジェクトのFAQにはこう書いてある。

Q:土壌調査結果の場所の詳細を教えてください。

A:土壌調査プロジェクトでは、参加した市民の皆さんがそれぞれ15,750円の検査料を払ってご自宅の庭などを検査したものであり、検査結果の場所の詳細は個人情報にあたりますので、教えることは出来ません。ご了承ください。


1万5千円出しても、検査項目はヨウ素131、セシウム134、セシウム137だけで、他の放射性物質は対象外。

安全のために自腹で1万五千円を払うのか。これこそ国がやるべきことじゃないのか。

NYタイムズによると、分析機関はthe Yokohama-based Isotope Research Institute。横浜市産学共同研究センターにある同位体研究所である。

同研究所のトップページには、水・土壌・食品のストロンチウム精密検査は1万円または1万5千円と書いてある。株式会社なので利益を出さないといけないのだろうが、まるでアメリカの医療みたいに、お金で健康を買うような感じがする。


        *


リンクをたどったら、あるサイトに出くわした。こう書いてあった。

現在、原子力緊急事態宣言が発令されています。
東京電力福島第一原子力発電所から放出された放射能により
愛知県以北の東日本地域が汚染されています。


ドキッとした。

この宣言は、解除宣言がなされるまで有効なのだそうだ。つまり、3月11日以来、日本ではずっと原子力緊急事態が続いているのである

忘れていた。

このサイトにはいろんな汚染マップが載っている。

アスファルトで舗装された道路では、放射性物質は雨で流され、雨どいや軒下、側溝に集積する。そういうところでは草地や土よりも高い数値が観測されるらしい。

それがまた雨で道路にあふれ、ついには川や海に流れ着くんじゃないだろうか。

除染作業をしても放射性物質が移動するだけで、結局どこかに溜まる。使用済み燃料を捨てる場所がないのと同じだ。


         *


上記サイトに、オーストラリアの報道番組で放映されたビデオがあった。



ニューヨーク大学理論物理学者のミチオ・カク教授(日系三世)が出演している。ビデオの題名がセンセーショナルなので、どんな人かと思ったら、まともな研究者らしい。ウィキペディアのページはこちら

カク教授のCNNでのインタビューもあった。これは日本語字幕なし。




        *


マリア・シャラポワの両親はベラルーシに暮らしていたが、チェルノブイリ事故のあと、シベリアに移住した。彼女は事故の1年後に生まれた。

旧ソ連なら、そうやって国内移住できる場所があったし、ソ連政府に強制力もあった。ウィキペディアによると、チェルノブイリ事故のあと、「原発から半径30km圏内の住民約11万6000人が即時に強制避難、ついで線量ホットスポットである北西約100km圏内も避難対象となり、計40万人超が移住を余儀なくされた。」

その後、戻ってきた人もいるらしいが、放射能からは逃げるしかない

福島の避難対象区域やその周辺の除染作業に意味があるのか。チェルノブイリみたいに完全封鎖したほうがいいような気がしてきた。

それにしても、核燃料を作った人はどうして色か匂いをつけなかったんだろう。こんな危険物なのに、そこにあるのかどうかはガイガー探知機で数字にしないとわからないなんて無謀すぎる。


<今日の英語>
 
Can we pick up the pace a little bit?
ちょっとスピードを上げられないかな。

モールでストローラーを押していた若いお父さん。後ろをぐずぐず歩いていた4歳くらいの男の子を急かしたときのせりふ。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  社会  |  コメント(6)

Comment

いますよ!

東京都在住です。
一歳5ヶ月の息子は、一日中同じところに立ってはいませんが、土を口の中に入れたりします!
この年齢の子供は、なんでも口にいれますよね・・・。
悩みながらも、毎日散歩に出かけています。
koopi |  2011.10.17(月) 13:33 | URL |  【編集】

本当にひどい状態です

放射能プロジェクトは毎日毎日見ているサイトです。

国民は自腹で1万五千円を払って調査。
おっしゃるとおり、本当はこれこそ国がやるべきことです!!

それどころか今瓦礫が全国にバラまかれようとしています。
みんな必死で抗議しようとしていますが声は届かず。
N.Y.の方が作成してくれたようです。
署名しました。よろしくお願い致します。
www.stopdammit.org

日本はこんなことになっています。
http://savechild.net/archives/10473.html

A |  2011.10.18(火) 04:07 | URL |  【編集】

少し割り引いて

kometto3のブログで初めて「放射能防御プロジェクト」のことを知って調べてみたのですが、木下黄太という方が関わっていて、「木下グループ」という見方をされているようです。
幾つか見ましたが、疑問を挙げているブログがありましたので書いておきます。
http://ttchopper.blog.ocn.ne.jp/leviathan/2011/08/post_017d.html
私は専門的なことはわかりませんが、興味のある方は調べてみる価値はあるかと思います。
山婆 |  2011.10.19(水) 13:27 | URL |  【編集】

お元気ですか

2011年もあと3週間余りになりました。お身体の具合いかがですか?ご家族、猫ちゃんたちと素敵なクリスマスを迎えてください。
リリー |  2011.12.10(土) 17:32 | URL |  【編集】

こんにちわ

楽しく拝見させていただきました
更新頑張ってくださいっ!


リマーユプラセラ原液 |  2011.12.28(水) 10:10 | URL |  【編集】

新しい年が始まりました。最後に書かれてから3ヶ月近くが経とうとしていますが如何されてるのでしょうか。お体の具合が悪いのかしら、またはお子さんのことで忙しく時間が無いのかしら。毎日日課として読んでいた者として家族のような親しみを感じて心配してしまいます。どうか簡単でいいですから忙しいのでしばらく休みますとかいう情報を載せていただければと思います。多くの愛読者が同じ思いだと思います。cometto3がお元気でいらっしゃる事を願っております。新しい年がkometto3の良いお年であリますように!!

楓 |  2012.01.12(木) 07:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/866-e2a9fb88

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。