スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

伝説のスピーチ

2011.10.06 (木)


夏にスティーブ・ジョブズの伝記 "iCon"を読んだ。

彼にはヴィジョンも才能も実行力もあったが、かなりえげつないことをした嫌な奴だったという人物像がここかしこに描かれていた。人間らしくていい。

もっとも、彼といっしょに仕事するのは相当大変だったらしく、その本のためにインタビューされた元同僚の中には、「もう思い出したくない。せっかく立ち直りかけたんだから」と何年たっても傷の癒えない人たちが少なくなかった。輝かしいアップル製品の陰には無数の犠牲者がいたのである。

ジョブズは公に姿を見せるたびに衰えが目立ち、8月の終わりにはCEO職を退いた。かなり悪いんだなと思ったが、訃報を聞いたときは「まさか」と驚いた。

早すぎる。

56歳。私より数年年上なだけだ。同年代と言ってもいい。

ジョン・レノンが40歳で死んだときも、同じように世界中で早すぎる死が悼まれたが、あの頃私はまだ子どもだった。

すい臓がんの5年生存率は20%以下で、ジョブズの死は予期できたとは言え、今回のほうがショックが大きい。

前日、初めて新しいCEOがiPhone4Sを発表したものの盛り上がらず、やっぱりジョブズでないとだめだという雰囲気で、iPhone5を期待していた人たちには失望感が広がった。

真偽のほどはわからないが、新製品の名前は"iPhone for Steve"(スティーブのためのiPhone)を意味するという話を聞いた。遺作か。


        *


私はiPadどころか、iPhoneやiPodすら持っていない。うちにあるアップル製品は、美術を専攻したいという長男のために去年買ったMacBookだけ。

それを買うために、初めてアップル・ストアに足を踏み入れた。せっかく来たのだからといろんな製品に触ってみたが、どこをどう押したらいいのかわからず、長男に「ねえ、これどこを押すの?」何度も聞く羽目になった。

会計のときもレジに向かおうとした私に、店員は「ここでできます」と言い、手に持っていた何かでその場でなにやら打ち込み、「レシートはメールしました」と言った。プリンターのリベートもついでにやってもらった。

ほー!へえー!すごい!

と感激する私に、長男は呆れていた。しかし、私はそんなハイテクな手続きは初めてだったのだ。

アップル製品に縁のない私にとって、スティーブ・ジョブズといえば、2005年のスタンフォード大学卒業式でのスピーチである。




【追記】 「ハングリーであれ。愚か者であれ」 ジョブズ氏スピーチ全訳
(日経新聞)



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  本と映画  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/859-137e2c08

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。