スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

運転免許の更新 前編

2011.09.25 (日)


NY州のDMV(Department of Motor Vehicles 車両関連を扱う部局)から免許更新のお知らせが来た。

免許の有効期限は誕生日になっている。あと1ヶ月以上あるが、こういうお役所関係は早く片付けるに限る。なにか問題が起きても、相手は責任を取ってくれない。

昔はわざわざDMVのオフィスへ出向いたり、郵送したりと手間がかかったが、ここ数年はオンラインでできるようになり、とても助かる。

DMVは歯医者と同じくらい忌み嫌われる役所だった。

とにかく待たされる。丸一日混雑する。人によって言うことが違う。1回で終われば儲けもの。愛想が悪く、サービス精神ゼロ。

新しい書類は普通郵便で届くので、一抹の不安はあるが(パスポートやグリーンカードだって、ジャンクメールといっしょに郵便受けに入っている国だ)、これまでトラブルはなかった。

楽勝、楽勝と思って封書を開けたのが水曜日。

見慣れた用紙のほかにピンクと白のカードが入っていた。ピンクは乳がん検査のキャンペーン。もう一つは、Eye Test Report つまり、視力検査報告書。


       *


これまで何度か更新したが、最初に免許を取得して以来、DMVのために目の検査をした覚えはない。

いや、あったような気もする。でも、記憶がないということは、私にとってたいしたことではなかったのだろう。

10年前はまだ老眼ではなかった。

近視と遠視と乱視だったので、めがねがないと生活できなかったのは同じだが、老眼の不便さはもっと複雑。単に、近くが見えない、小さい文字が見えないだけではない。

遠くを見ていてぱっと近くに視線を動かすと、調節に時間がかかる。遠近両用めがねでも、小さい文字などはそれを外したほうが見えることが多い(これは私のめがねの問題か)。缶詰のラベルを読むとき、何度も手を伸ばしたり縮めたりしないと、ちょうどいい位置が定まらない。暗いところでは見にくい。

ともかく、見ること全般が難しくなる


        *


5月に長男がLearner's Permit(路上運転の練習許可)を取った。筆記試験のあとで、壁に貼った視力検査表を読めと言われた。少し目が悪かったが、まだめがねをかけるほどではなかった長男は、非常に難儀した。

かろうじて合格し、係りの人に「彼、見えてないわよ。めがねをかけないと」と言われたほどだ。

しかし、長男が読めと言われたのは、視力検査表の下から4番目か3番目の極小文字である。しかも、DMVオフィスの照明はよくない。私は横から首を伸ばして読んでみたが、まるっきり米粒にしか見えなかった。

私だったら、絶対受からない。でも、相当年を取るまで視力検査はないだろうと、そのときは思った。

そこへ、今回の免許更新である。私は軽いパニック状態に陥った。

「視力検査があるんですって!50歳になるからかしら。あんな小さい文字、ぜったいに見えないわよ。でも合格しないと、免許が更新できないし、そうなったら足がないのも同じだわ」と夫にまくしたてた。

「フロリダなんか、よぼよぼのおじいさんたちが運転してるらしいけどね。見えてるんだろうか」とどうでもいいことを言う。夫だって、あと2ヶ月で免許が切れるのだ。


        *


更新手続きには、オンライン、郵送、窓口のいずれかを選ぶ。

窓口以外では、目医者に視力検査証明書に記入してもらって提出しろと書いてある。DMVであの表を読むことだけは避けたい。

しかし、私のめがねは2、3年前に日本でつくったもので、合わなくなってきた。いま検査したら、合格しないかもしれないが、もうアメリカでめがねは作りたくない。

視力テストは12ヶ月(場合によっては6ヶ月)有効とも書いてある。でも、最後に検眼したのはいつだったか覚えていない。もはや目も脳みそも衰退の一途である。しかも、パニック状態ではまともに考えられない。

翌日は木曜日。

朝一番で目医者に電話したが、休診日だった。もし去年の9月後半に検眼したとなると、間に合わないかもしれない。悶々と1日を過ごす。

金曜日。再び、目医者に電話。

「DMVに証明書を出さなくちゃいけないんですけど、最後に検眼をしたのはいつだったか教えてください」と必死な私。

しばらく待たされた後、「去年の10月6日です」と受付のおばさん。

間に合う! 

しかし、郵送ではぎりぎりになるかもしれない。目医者とDMVのどちらかが紛失したらどうなる? また検眼、新しいめがねができるまで2週間、再検査。そんな悠長なことはしていられない。期限切れの免許証で運転して捕まったらどうする?

「いまからDMVの書類を持っていったら記入してもらえますか」とたずねると、「もちろん、すぐできますから、どうぞ~」とお気楽な返事だった。

果たして私の視力はDMVの基準に達しているのか。電話を切ってから、おばさんに確かめなかったことに気づいた。でも、もしだめならそう言ってくれるだろう。

私はDMVの書類一式を手に、雨の中、20分も運転して目医者まで行った。

受付のおばさんは慣れたふうで、判読しがたい手書きで証明書に記入してくれた(なぜか有効期限を選ぶところは忘れていたらしく、車の中で私は勝手に12ヶ月に印をつけた)。

第一関門突破である。

後編へ続く)


<今日の英語> 
 
I'm just giving you the truth.
事実を述べているだけですよ。


製薬業界の研究部門の衰退についてインタビューに答えていた製薬会社の元社長。だんだん声高になり、明らかに政府の方針に不満を持っているのが伝わってきた。「ご立腹のようですね」とジャーナリストに問われたときの返事。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  わたし  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/850-d6f29837

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。