スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

森林保護団体に$10寄付すると、苗木10本が無料

2009.04.23 (木)


毎年4月最後の金曜日は National Arbor Day。今年は4月24日。

森林保護団体 Arbor Day Foundation (直訳すると、樹木の日財団)に$10寄付すると、苗木10本を郵送してくれる。送料無料。詳しくはこちら

(アメリカ国内限定だそうです。その他の国にお住まいの方々、ごめんなさい。)

*     *     *

私は園芸のセンスがまったくない。「すごく丈夫だから、あなたが世話しても枯れないわよ。」ともらった数々の草木や花をことごとく殺してしまった。私の手に掛かると、なぜかサボテンまで枯れてしまうのである。

例外は家の周りに植えてある shrub と称される低木。

このあたりは野生の鹿のコロニーがあり、裏庭にも表にも団体さんでやってくる。1頭いるなと思って見回すと必ず3~4頭いて、最高記録は12頭。そんなわけで、見かけよりも、「鹿が食べなくて、たくましく、手入れが要らない」という観点から植木を選んだ。

Boxwood (つげの木)は強い。よほどまずいのか、何でも食べると悪口を言われる鹿も手を出さない。肥料も水もほとんどやらないし、夏の終わりに電気トリマーでびぃ~~んと刈り取っても、春になるとだんだん元に戻り、夏の終わりには何ヶ月も床屋に行っていないような風情になる。カバーなんかかけなくても、長い冬の雪・霜・氷、なんでも平気である。

名前は忘れたが(興味がないので、草木の名前が覚えられない…)、玄関の階段の両脇に植えた背の高いのは、鹿に食べられる。秋になると、鹿除けの網を張り巡らさなくてはならない。それでも何回かやられて、やせ細ってしまった。

Rhododendron (しゃくなげ)は、少し日陰に植えてしまったせいか、なかなか大きくならない。でも、毎年、濃いピンクの花を咲かせる。

つげの木の並びに2つだけ植えたナントカいうのも、鹿の口には合わないようで、毎年小さい赤い花を付けてくれる。

*     *     *

やめときゃいいのに、あるとき、ふとバラの花を植えようという気になった。つげの木としゃくなげの間に隙間があったからだ。地元の植木屋で苗木1本とバラ専用の肥料を買ってきて、園芸本を熟読した。そしたら、一つだけ付いていたがだんだん大きくなって、花が咲き始めた。

この調子、この調子と思っていたら、ある朝、花だけ忽然と消えていた。せっかく咲いたたった一つの花は、鹿さま御一行のデザートになったのだった。

その後、バラはつぼみも付けず、枝も枯れてしまった。

つげの木以外でうまくいっているのは、台所の窓から見えるところに植えた crab apple (小指の先くらいに小さい赤い実をつける)1本と、道路から少し入った前庭にぐるりと植えた forthysia (れんぎょう)10本。ただし1本は枯れた。その後の調査によると、私が肥料をやりすぎたせいらしい。春一番に残った9本が黄色い花を咲かせる。なぜか鹿は近寄らない。

鹿がどの家の庭にも入り込むこのあたりで、勝算があるのは樹木という結論になった。それも、shrub でなく tree のほうがよい。

家の周りは森なのだが、花の咲く木はない。子どもたちに森林保護団体の話をしたら、「ぼく、やる!野球の二塁にしてるとこがいいな。」「ぼくも!ジャングルジムの下に植える!そしたら、ツリーハウスになるもん。」と非常に乗り気だった。まあ、弟は兄に対抗しているだけなのだが。

1本1ドルだし、私の元では10%の生存率としても1本は育つだろう。全部ダメでも、10 ドル寄付したと思えばいい。

さっそくメンバーになって、10 Flowering Trees を注文した。 あとは、届いてからのお楽しみ。


<今日の英語>

You have a green thumb.
あなたには園芸の才能がある。


私は絶対に言われないセリフ。グリーン・サム、すなわち緑色をした親指を持っている人。きっとその人が触るだけで、どの植物もきれいな緑色になるのかもしれない。反対に、園芸の才能がない人は、brown thumb。私の親指は、さしずめ濃い目のダーク・ブラウンあたりではないでしょうか。触るどころか、ちらっと見ただけで枯れてしまいそうな気がします。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

 |  社会  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/85-e690cfef

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。