スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

ぼちぼち復活

2011.05.22 (日)


バーモントから戻ったあと、長距離運転と慣れない旅行のせいで寝込んだ。

それがきっかけになったのか、大震災から続いていた緊張の糸がプッツリ切れた気がした。

ゴロゴロしていたら少しよくなり、パソコンをつけてみた。ぼやけてよく見えない。メガネを洗ってみたが、まるで薄い膜がかかっているように見える。

メガネが汚れていたのではない。アレルギーで私の目がグシャグシャになっていたのだ。鼻水が止まらず、sinus(副鼻腔)がズキズキして、やたら眠いといういつもの症状。

最低必要限の家事をして、ベッドで寝転がってたまにネットをした。書くことはできないが、読むだけならできた。

でも、集中できない。目は文字を追っても、内容が頭に届かない。

そのうち、右手の親指が痛み始めた。しばらく前に関節炎と診断されたときと同じ感じ。しばらくネットも控えることにした。幸い、ひどくなる前に自然におさまった。

今度は、右ひじがピリッとしてきた。せっかくコルチゾン注射を2回もしたのに、どうも完全治癒とはならなかったらしい。さぼっていた手のエキササイズを再開し、アイスパックで冷やす。どうもすっきりしない。

悪化すると困るので、息子たちを動員する。

「このフタ、開けて。」「あれ、運んで。」「洗濯は自分でやって。」

整形外科医は、もう注射してくれないだろう。かといって、フィジカル・セラピーはごめんだ。テニスひじを直す方法をそーっと検索する。目新しい情報はない。

私は若いときから腰痛があったのだが、なんだか右側だけ急に痛くなった。ベッドに上がったり下りたりするのも難儀するくらい痛い。年のせいか、運動不足か、いろいろ思い当たる節はある。

50歳目前にしてこんなことでは、先が思いやられる。

一念発起して、腰痛を防ぐ体操をネットで探し、印刷した。ついでに、疲れない体を作るという体操も見つけた。さっそくやってみたが、説明にあるような回数はこなせない。勝手に半分に減らす。体力の衰えをヒシヒシと感じる。

多少動いたのがよかったのか、ひどい痛みはまもなく消えた。そして、私の体操も3日坊主で終わった。


                *


ここ半年ほど、生理が重かった。でも、閉経前はこんなもんだろうと思い、なるべく安静にしてイブプロフェンを飲んでやり過ごした。

私は10年以上前に子宮内膜症を患い、右の卵巣を摘出した。そのときの症状に似ている。生理が来るのが恐ろしいくらいの痛みと不快感は、更年期障害であってもどうにかしたい。

そして、かかりつけの産婦人科医に電話をした。

「それでしたら、まず超音波検査をしていただく必要があるかもしれません。ドクターに確認してご連絡します」とナース。

いくらかかるんだろうと一瞬考える。健康保険があるうちにやっておこう。

ナースからはすぐに電話があり、ドクターCは先に診察をして、それから超音波検査に回すという。この際、お医者の言うまま、なんでもやる。

「明日の朝11時においでになれますか」とナース。

「はい。大丈夫です。」 私は何もしていないので、平日の昼間はたいていOK。しかし、そんなに急ぐ必要があるのかとちょっと不安になった。


             *


ドクターCはいつもどおり朗らかに診察室へ入ってきた。

そして、私の症状を聞いて、パンフレットを2枚くれた。出血量が重いときに、どちらかの方法で減らすのだという。一つは、器具を子宮に入れるもの。もう1つは、手術で子宮内部を熱で処理して、生理も完全に止めてしまうもの。もちろん私は2番目のほうがいい。

超音波検査もするが、その前にバイオプシーだという。子宮内膜の生体検査のために組織を採取する。もちろん麻酔はない。

ドクターCは私のお腹に手を当てると、「外からでも子宮が腫れているのがわかりますよ」。

あのー、それは皮下脂肪じゃないでしょうかとジョークを言おうとしたが、ドクターの真剣な顔を見て、思いとどまった。

内診に移っても、私はそれほど心配しなかった。子宮頸がんの検査は毎年やっているし、去年は初めてちょっと痛いなと思ったが、ふつうはぜんぜんたいしたことがないし、一瞬で終わる。

しかし、今回は違った。指で押されても痛い。

それなのに、ドクターCは「リラッークス!Relax for me.」と繰り返す。

できません。深呼吸してみる。肩の力も抜いてみる。「必死でリラックス」という矛盾。

Cervix(頸部)を広げたままで、子宮まで入ります」とドクター。理論的にはそうだろうと納得した。

納得はしたが、痛い。歯を食いしばるほど痛い。子宮は感覚が鈍いという話はどうなった?

つい息を止めてしまい、ナースに「深呼吸して」と言われる。彼女は私の右腕をさすってくれた。

15分にも思えたが、たぶん2分くらいのことだろう。一度こういうことがあると、次回からの婦人科健診が恐怖である。

無事に細胞が取れて、器具も外され、深く息を吐いたところで、かなり出血したらしく、ナースが診察台のパッドを取り替えてくれた。

清潔なクリニックでちゃんと面倒を見てもらえるありがたさ。これがアフガニスタンだったら、とふと考える。

子宮内膜はかなり厚くなっていたらしい。これでは出血量が多いはずだとドクター。バイオプシーの影響で、しばらく出血が続くという。

でも、これで原因がわかった。もっと早く来ればよかったと悔やむ私。


              *


バイオプシーのショックから立ち直り、腰痛も関節炎もおさまり、テニスひじは一進一退ではあったが、それほど生活に支障はなくなった。

ただし、アレルギーはしつこく、ぼーっとしていたせいか、ショッピングカートにバッグを残したまま車に戻ったり、車に財布を忘れてスーパーに入ったりというぼんやりミスは続いた。

バーモント以来、食事もふだん以上に手抜きだった。

しかし、何を思ったか、いつもはただキャセロールに入れてオーブンで焼くだけの野菜料理を、取っ手もステンレス製のフライパンで作ることにした。まずストーブトップで炒めて、あとはオーブンで火を通せばいい。

そして、425度のオーブンにフライパンごと入れて20分。

オーブン・ミトンでつかんで、ストーブトップに取り出した。フォークでジャガイモを刺してみたら、いまいち固い。あと10分くらい焼いたほうがいい。

そう思って、左手でフライパンの取っ手をつかんだ。

次の瞬間、左手は蛇口の下で冷たい水を受けていた。

私はその取っ手がオーブンに20分も入っていたことをうっかり忘れて、素手で持ったのである。しかも、ちょっと触れたのではなく、持ち上げようというつもりでギュッとつかんでしまった。

びっくりして、手が痛いのかどうなのかもよくわからない。でも、やけどをしたらとにかく流水で冷やせと聞いていた。

うちは井戸水なので本当に冷たい水が出る。左手だけが低体温症になりそうな気がしながら、15分も流水で冷やした。そして、冷たい水を深めの容器に入れて、手のひらを浸した。

「氷を入れるといいよ」と夫。

次男に冷凍庫から氷を出させて、感覚がなくなるくらい冷たい水ができた。夫はぬり薬をつけるべきだと言うが、私はそうではないと思い、拒否する。

そして、左手は水の中、右手だけ動かしてやけどの処置について検索し、やはり流水で冷やすのが一番という結論に達した(あまり冷たすぎる水もよくない。氷は使ってはいけない。とくにやけどの箇所に直接当たるのはよくないらしい。あとで夫に苦情を言った)。


          *


これは second-degree burn(第二度熱傷)。全治7日から10日。痛みがあり、水泡ができ、それが破れる、と医学ページに書いてあった。

ここまでひどいやけどは初めてで、「ぼんやりしているときに慣れないことをするな」と今さら肝に銘じる。

その夜は、長男の空手があった。いつも私が送り迎えするが、「ぼくが代わりに行こうか」と夫。そんなおおげさな。

冷やし続けて痛みも感じず、思ったよりたいしたことがない。手にガーゼをゆるくまいて、出かけた。ちょっとやりにくいが、運転できる。

いったん家に帰ることにした。時間がたつにつれて、左手がヒリヒリし始めた。痛くてハンドルが持てない。

冷えて鈍っていた感覚が戻ってきたのだ。夫が心配していたのはこういうことか。

家につくなり、水道の水を出して再び手を冷やす。3分もすると、痛みは治まる。しかし、しばらく冷やさないでいると、また痛くなる。その繰り返し。

夫を起こすのも面倒で、長男のお迎えも結局私がやった。アイスパック持参である。

疲れたので寝ようとするが、左手がいたくて眠れない。敏感な第一関節がひどくやられたせいかもしれない。

イブプロフェンを2錠飲む。そして、10分置きにバスルームで手を冷やす。12時過ぎまで何度も繰り返し、これは徹夜になるかもしれないと覚悟する。

医学サイトによると、二度のやけどは強い痛みがあるのに、三度四度は神経がやられるのか痛みは感じないのだそうだ。

食料油をかぶって焼身自殺をはかるアフガン女性が頭に浮かぶ。片手の指先だけでこんなに痛いのだ。全身にいろんなやけどを負う彼女たちの苦しみはいかばかりかと思う。

夜中まで何度冷やしたか覚えていないが、そのうち寝てしまったらしい。睡魔の勝ちである。

朝になったら、痛みは引いていた。

なるべく刺激を与えないように、コットンのゆるい手袋を左手だけにはめた。それを見た夫が、"Are you Michael Jackson?"

------------------------------

そんなこんなで、休んでいました。更新がなかったときもクリック募金してくださった皆さま、ありがとうございました。

まだ本調子ではありませんが、再開します。しばらくは助走のつもりで、ゆるゆる書くつもりです。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  わたし  |  コメント(14)

Comment

痛みが引いて良かったですね。読んでてとても痛そうです。復帰をお待ちしておりました^^
お大事になさってください。
ひぃ |  2011.05.23(月) 00:19 | URL |  【編集】

毎日何度となく、こちらに来ては更新されているか確かめていました。
色々あったのですね。ごゆっくりして下さいというのも変ですが。。。
コメットサンのブログがない日々は、なんだか指標がなく、世間での情報錯綜にイライラしていました。
取りあえず、今日のブログが読めてなんだか又、生活に張りが出てきました。
ボチボチ更新お願いします。そしてゆっくり体も休めて下さいね。
まりこ |  2011.05.23(月) 00:25 | URL |  【編集】

いろいろあったのですね。
おからだ大事にしてゆっくりしてください。
好きな音楽をきいたり。
好きな本を呼んだり。
好きなお茶を飲んだり。
自分にたくさん優しくして下さい。
おやすみなさい。
sachi
sachi |  2011.05.23(月) 01:37 | URL |  【編集】

私も復帰をお待ちしておりました。

実は昨日、夕食準備中にコメットサンと同じ事をやらかしました。
ステーキを焼こうとフライパンで焼き色をつけ、オーブンへ。
しばらくして、火の通り具合を確かめようとミトンを使ってフライパンを取り出し、
もうちょっとだなとフライパンをオーブンに戻そうと素手で取っ手を掴んでしまいました。

ぎゃーお!!

流水は勿論知っていましたが、私は冷凍庫を開け火傷した左手で冷凍野菜をつかみ、
右手でZiplockに氷を入れてそのまま左手に持っていました。

でも、やっぱり流水なんですね。
なんだか流水では間に合わないような気がして、直接氷に飛びついてしまいました。
私の場合は氷が溶ける頃には痛みも無くなり、一安心。
お互いひどい火傷でなくて良かったですね。

Mio |  2011.05.23(月) 05:41 | URL |  【編集】

ブログ再開ばんざーい。
でも無理なさらないで下さいね。
お大事に・・・
Hanna |  2011.05.23(月) 07:33 | URL |  【編集】

ご無事ではなかったのですね…上手く言えませんが、年齢も環境もきっと性格も違う私たちですが、いつも気になります。なぐさめられたり、考えさせられたり…
ありがとうございます。
ブログの更新嬉しいです。

案外、足の付け根やおしりに疲労がたまりやすいのでストレッチされたら全身が楽になると思います。
lumama |  2011.05.23(月) 10:20 | URL |  【編集】

更新されていて一瞬良かった!と思ったのですが・・・。

不快な症状、痛み、けが・・・。嫌なことが続いていたんですね。

治るまでしっかり自分を甘やかしてくださいね。おいしいものを食べて(といっても手作り以外でkomettoさんの口に合うものがあまりなさそうですね)、ゴロゴロしてしっかりお昼寝してください。

komettoさんの友達だったらベッドのお供に日本語の本をたくさん送ってあげたいです。

お大事になさってください。
ふたまご |  2011.05.23(月) 13:17 | URL |  【編集】

毎日覗いておりました。
お体の調子がまだ本調子ではないということで心配しております。

私は今年42歳。
年齢の線路の先に勝手にコメット3がいらっしゃることを考えながら体調の予備知識もこちらのブログから頂いています。

お大事になさってください。
vegas |  2011.05.23(月) 20:11 | URL |  【編集】

いつ再開されるかな。と心待ちにしておりました。
火傷、我が家はアロエを常備しています。火傷してすぐに塗ると随分良くなりますよ。時間が経ってるので遅いかもしれませんが、一度お試しあれ。
お大事になさってくださいね。
M |  2011.05.23(月) 21:34 | URL |  【編集】

大病、入院ではなくてほっとしましたが・・・大変でしたね。どうぞお大事に。
無理の無い範囲で、ぼちぼち更新を楽しみにしております。
345 |  2011.05.24(火) 01:01 | URL |  【編集】

心配してました

こちらのブログを読み始めてまだそんなにたっていないのですが、ずっと更新されていなかったので心配しておりました。更新を知ってほっとしたものの、また心配になりましたが・・・お大事になさってっください。
リリー |  2011.05.24(火) 21:56 | URL |  【編集】

アレルギーと言う事で楽観していましたが、大変な目にあっていらっしゃったのですね。又書き始められたので読者としては嬉しい限りですが、くれぐれもご自愛なさってください。今回も早速ご自分の状態を詳しく書いてくださっていますが(このブログの目的が自分自身の記録という信念から書いていらっしゃる)更年期に入りかけの方、アレルギーの方などとても参考になると思います。また鋭い観察力を持ったご意見楽しみにしています。
楓 |  2011.05.25(水) 07:02 | URL |  【編集】

悪いことはけっこう続くものですよね。
でも、山あり谷ありです!
早く良くなるといいですね^^
私も以前、親指にやけどを負いました。すごく痛くて痛くて、でも冷やしている時だけは大丈夫なんですよね。たしか数日で痛みがひいて、数カ月で跡もなくなりました。
どうぞお大事に☆
mei |  2011.05.25(水) 16:10 | URL |  【編集】

その後

その後いかがでしょうか? 日々案じております。
リリー |  2011.07.27(水) 07:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/817-20a6aff7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。