スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

「壬生義士伝」

2009.04.20 (月)


浅田次郎の「壬生義士伝」を読み終えた。

文庫本のカバーから、新撰組の話で柴田錬三郎賞の受賞作品だということはわかっていたが、それ以外の予備知識は皆無だった。しかも、これは補習校の友人が半ば無理やりに貸してくれた本である。

浅田次郎の本は、「鉄道員」と「天国までの百マイル」を読んだくらい。そのどちらにも泣いた記憶があるが、「壬生義士伝」の特に下巻は、ティッシュが手離せないくらい涙が止まらなかった。

私に何か用があったらしい夫と長男も、私の泣き顔を見て、そっとドアを閉めて出て行った。夫が「お母さんは何の本を読んでるんだ?」と長男にひそひそ尋ねているのが聞こえた。

1階に下りていって、「いい本だったわ~。」と誰にともなく言うと、長男が「どんな話なの?」と聞く。日本史が苦手な私は、実はこの本を読んだ後もわからないことがたくさんある。長男も別に日本の歴史に興味があるわけではない。

「徳川将軍が終わったときの、最後のサムライの話よ。」

という、なんともそっけないまとめになってしまった。

ふと、うちの子たちの日本語能力ではこれは読めない、と思った。もしかして、英語に翻訳されているかもしれない。でも、この作品は英語じゃだめだ。英訳で意味がわかっても、原語である日本語の味わいは伝わらない。

自分はこういう作品が読めてよかったと思う反面、子どもたちと共有できないのはちょっとさびしい。

*     *     *

文庫だから、その前に単行本で出たのだろうと調べてみたら、1998年から週刊文春に1年半連載されていて、2002年にテレビの時代劇ドラマになり、2003年に映画化、日本アカデミー賞を受賞しているのがわかった。ぜんぜん知らなかった。

私は、5~6年前にインターネットで日本語が使えるようになるまでは、日本の情報はあまり入ってこなかった。日本のテレビもなかったし、雑誌も新聞も購読していなかった。

バブルの前にアメリカに移住したので、日本のバブルもその後の「失われた10年」も実感がない。アメリカの新聞やテレビの報道で日本の大きいニュースは見ていたし、毎年あるいは1年おきに帰国していたのに、ピンと来ない。移住してからの最初の15年間
、日本に関してほとんど空白になっているようなものだ。

 「壬生義士伝」は、雑誌での連載開始から10年経って、やっと私の手元に届いた。また一つ、空白が埋まった気がする。



<今日の英語>

You can’t tell a book by its cover.
人を外見で判断することはできません。


イギリスのテレビ番組 Britain's Got Talent に出て、いまセンセーションを巻き起こしている Susan Boyle についてのフェミニストのコメント。私は夫が YouTube を見ろと言って知ったのだが、うわー、垢抜けないイギリスのおばさん、無理なハイヒールなんかはいて、すごい二重あごだし、と思った。自分のことを棚にあげて。彼女の歌声を聴いて驚いた。なるほど、本の表紙を見ただけでは中身はわからないのだ。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  本と映画  |  コメント(3)

Comment

はじめまして。
私もこの本を読んで、泣きました。
最初にこの本が出版された頃、
まだ日本にいたはずなのに、
私もアメリカに着てから、読んだ組です。
その「壬生義士伝」の女版の「輪違屋 糸里」も
早速、日本から送ってもらって、
読みました。
ぜひ機会があれば、読んでみてください。

確かにこの本を日本語で説明するのは、
ちょっと難しいですよね?!
日本の歴史が分かってないと、
言われてる方も ???かも~。
沙羅 |  2009.04.21(火) 05:21 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

> 4月20日付け私信をくださったmさんへ
手に職があるのは強いです。それに、不況でもやっぱり髪は伸びますからね。補習校のお母さんたちの中には、永住・駐在に関わらず、日本人がやってる美容院しか行かないという人がたくさんいましたよ。日本人の多い町には需要があるようです。それとは別に、アメリカ人相手の美容室で働けば、ずいぶん英語が上達するんじゃないでしょうか。ほんとによくしゃべるお客さんが多いです。
komatta3 |  2009.04.21(火) 09:06 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

> 沙羅さん
「壬生義士伝」の女版なんていうのがあるんですか。教えてくださってありがとう。ぜひとも読みたいです。またティッシュを一箱用意したほうがいいかも。
今回こんなに感激したので、子どもたちと共有したいところですが、難しすぎますね。英訳では、方言のよさは伝わらないでしょうし、サムライやちゃんばら劇に興味があったとしても、武士道精神が理解できるかどうか。もしあれば、英語の字幕つきの映画を見せたいと思っています。
komatta3 |  2009.04.21(火) 09:18 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/81-15782bc9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。