スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

ベラルーシで爆破テロ

2011.04.14 (木)



ベラルーシの首都ミンスクの地下鉄駅に爆弾が仕掛けられた。これまでに死者12名、負傷者は200名以上。

ヨーロッパ最後の独裁者と呼ばれるルカシェンコ大統領が長年牛耳ってきた国で(ついこの間、法律を変えて自分を連続4回当選とした。任期は5年)、いろいろ問題はあっても、清潔で安全だと思われてきた。

ロシアとちがって、チェチェンのイスラム過激派が活動することもなかった。ほとんどがスラブ系なのである。

このテロのショックは大きい。

2008年にもミンスクの屋外コンサート会場で爆発があり、50人がケガをした。あのときも、「ベラルーシでテロが?」と意外に思われた。例外中の例外の出来事だった。

ルカシェンコも会場にいたので、彼を狙ったのだろうが、まったく独裁者の悪運の強いこと。

大統領は無傷で、その後は反体制派の取締りがますます厳しくなった。

オレンジ革命、バラ革命、ジャスミン革命などがあちこちでおきても、ベラルーシでは革命は起きそうにない。

警察はすでに容疑者2名(ベラルーシ人男女)を拘束し、彼らはすぐに自白したことになっている。今回と3年前の野外コンサートの両方の犯行を認めたという。セキュリティ・カメラに犯行の一部始終が映っていたらしい。

この駅は、大統領府から100メートルも離れていない。

ルカシェンコ政権に打撃を与えるのが目的だとしても、なぜ一般人を巻き添えにするのだ? 抑圧されて追い詰められたとしても、こんなことをしたら今以上に政府の締め付けが強くなるだけではないか。

テロは中近東でもヨーロッパでもアメリカでも、やることは同じだ。関係ない人が苦しむ。


            *


ニュースを聞いて、すぐにパヴェルにメールした。

彼はドイツにいた。ベラルーシの家族も友人も無事だった。しかし、あの駅はパヴェルが学生だったころに毎日のように通った場所だと言い、かなりショックを受けているようだった。

私にベラルーシ人が撮影した YouTube ビデオのリンクを送ってきた。あまりの悲惨さに最後まで見られなかった。

パヴェルは日本にいる私の家族はその後だいじょうぶかと聞いてきた。私はみんな原発からかなり離れたところに住んでいるから、今のところ普通に生活していると答えた。

彼は福島がチェルノブイリと同じレベル7になったことを知っている。そして、当局はなにか隠していると思うかと私に尋ねた。

その点については、私は返事をしなかった。


            *


そういえば、福島原発事故の数日後、ベラルーシ国内に原発を建設することをルカシェンコとプーチンが合意したのだった(関連記事)。

プーチンが強く押したのだろうが、あれだけの放射能被害を受けたベラルーシでこれか。

チェルノブイリ事故が起きてから、今年の4月26日で25年目になる。たった25年で忘れていいのか。セシウムの半減期である30年(実際はもっと時間がかかるらしい)にもなっていない。

あの石棺は応急処置だった。

老朽化した石棺を巨大なシェルターで覆う計画があるが、8億ドル近くかかるらしい。建設に何千人(何万人?)が必要なのかは知らない。周辺はもうずっと立ち入り禁止になっている。そんなところで作業しなくてはならない人たち。

もちろんウクライナだけでは払えないから、EUが費用を捻出しなくてはならない。どこにそんな余裕があるのだ。しかし、このまま知らん顔することもできない。

「事故後、放射能汚染により人が立ち入ることができなかったことから原発事故の直撃を受けた職員の遺体が搬出されることがなかった。事故直後無防備のまま炉の中に入った数名の作業者の行方がわからず、現在も、石棺の中に数名の職員の遺体があるとみられるが、搬出できるまでには数世紀かかるとみられている。」(ウィキペディアより)


<今日の英語>  

We all need to use less.
皆がエネルギー消費量を減らさなくてはならない。


NYタイムズに寄せられたコメント。「もはや原子力発電はオプションではない。事故や天災や人為的なミスが起きたら、コントロールできないのだから。」



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  わたし  |  コメント(2)

Comment

ベラルーシ、国の名前だってことも知らなかったです。
kommetto3のお話しですこし今回のテロを考えてみれました・・。
遠い異国の話しではなかったんだ!!と感じ焦りました。
kommetto3のお喋りを聞くと世界が小さくなってきます。
It's a smoll Warld!

・・あってるかな~??
h-r-m |  2011.04.14(木) 23:35 | URL |  【編集】

このテロのニュースを新聞で見た時、パヴェルさんの事を想いましたので、
ご本人とご家族が無事で安心しました!

原発、本当に心配です;
人間は、どれほどの事故と犠牲を経験しなければ理解しないのでしょうか。
チェルノブイリと福島、これだけの被害を目の当たりにしているのに、
まだ原発を推し進めようとしているのには絶望します・・・。
やはり、地球を終わりにするのは人間なのでしょうか・・・。

次、生まれ変われる事があるとしたら、沢山勉強して、
原発の代替案を出せるような学者か技術者になりたいなぁーと空想しています(笑)
とりあえず、今できる節電を頑張ります!

シロケン |  2011.04.15(金) 09:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/801-739c8881

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。