スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

直接、日本赤十字へ

2011.04.09 (土)



アメリカ赤十字が集めた義援金の行方について、アメリカ在住の方から非公開コメントをいただきました。

ブログに書いてもいいとのことですので、コメントを一部引用します。

--------------------------------
アメリカの赤十字に寄付をしましたが、数日前日本の地震への寄付がアメリカ人の日本からの退避のために使われている、ということを聞き、真偽のほどを赤十字に問い合わせました。返事はコメントの後にペーストしますが、本当でした。

わたしたちは日本で地震、津波、原発で被災した人々のために寄付しているのであってアメリカ人の退避のために寄付しているのではありません。アメリカの赤十字で集まった寄付は日本の赤十字に送られるとおもっている人がいれば(わたしがそうでした)それは大きな間違いです。

日本を直接助けたいのならアメリカの赤十字はベストではないです。
--------------------------------

アメリカ赤十字からの返事

Thank you for contacting the American Red Cross. The American Red Cross is helping U.S. military families who are voluntarily departing Japan by providing food and beverages, registering passengers, and helping people in boarding the planes.

The American Red Cross has committed an initial $60 million to Japanese Red Cross. We are also funding about half of the UN World Food Programme’s logistical operation in Japan. As longer-term plans are formed and pledges are fulfilled, the American Red Cross will make additional financial contributions to its partners to assist people coping with this disaster in Japan.



                  *


私が調べたところ、アメリカ赤十字のホームページにも、同じ趣旨の説明がありました。

American Red Cross Service to Armed Forces staff also provided a range of support including: canteen services; registering passengers; helping people find out where to secure all the required military clearances; and assisting people to the aircraft. Once the families reached the U.S., Red Cross staff was also on hand to provide families food, snacks and comfort items.

寄付金を100パーセント被災者のために使ってもらいたいという方は、各国の赤十字ではなく、日本赤十字へ直接送金することをお勧めします。


これを受けて、左コラム Help Japan の「●東日本大震災 支援のお願い」を加筆修正しました。

【追記 4/11】 上記情報をくださった方から、追加コメント(非公開)をいただきました。以下、関係箇所を引用します。
-----------------------------
わたしがアメリカの赤十字に聞いたのはもちろんJapan Earthquake & Pacific Tsunami Relief Fundによせられた寄付のことです。他の財源がアメリカ市民の退避に使われたのならば怒る理由は全くありません。
-----------------------------




クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  社会  |  コメント(9)

Comment

kometto3 & このコメントを下さった方へ

私も知り合いに、アメリカの赤十字へ寄付すると、
すべてが日本人の被災者へ届くとは限らない
という話をされ、本当のところどうなのだろう?
と、ずっと気になっていました。
おかげさまでその不審点がはっきりしました。
こういうことは少しでも多くの人に知ってもらいたいので
私のブログでも是非紹介させてください。
よろしくお願いします。
Fried Egg |  2011.04.09(土) 07:44 | URL |  【編集】

重大な情報をありがとうございます!

kometto3やこのブログのコメントで多岐にわたる情報を下さる皆様に感謝します。
ひまわり |  2011.04.09(土) 11:22 | URL |  【編集】

いつも情報ありがとうございます。
息子の学校でも募金集めが始まりました。
この事を先生方によく説明したいと思います。
それから、この記事を私のブログにもリンクさせてください。
よろしくお願いします。
カフェタクバ |  2011.04.09(土) 13:05 | URL |  【編集】

リンクはご自由にどうぞ

左コラムの「お知らせ」に書いてあるとおり、当ブログへのリンクを張る際に連絡していただく必要はありません。

情報が独り歩きしないように、リンク元(このブログのURL)は明記してください。よろしくお願いします。
kometto3 |  2011.04.09(土) 19:25 | URL |  【編集】

はじめまして


アメリカ在住の えいと@と申します。

リンクと記事の一部の転載をさせていただきました。
報告は不要とのことですが、としあえずご報告をさせていただきます。


被災地の方からコメントを拙ブログにいただきました。
義捐金や寄付金は 自治体に直接送っていただく方が被災地の方にとってはありがたいとのことです。

今回の震災は広範囲で被災された方の人数も多いため、
日赤に集まった義捐金がまだ分配されずにとどまっています。
この調子では被災地、被災者の方の元に皆さまの善意の義捐金が届くのはもっと先になると思われます。
自治体に直接送っていただいた場合、すぐに物に変えられ、被災者の元に届きます。

アメリカや海外からは難しいかもしれませんが、
義捐金や寄付金は 自治体に直接送っていただくのが、一番いいように思います。

     えいと@
えいと@ |  2011.04.10(日) 03:04 | URL |  【編集】

手数料が9%~20%搾取されるときいてます。もちろんスタッフもいれば活動資金が必要ですので。きちんと日本赤十字もアメリカの赤十字もこの%をはっきりとしてもらいたい。
zak |  2011.04.10(日) 03:20 | URL |  【編集】

確認です

はじめまして アメリカネコママです

1点確認させてください

アメリカ人を救済しているのはわかりました
でもそのお金は 日本の津波支援から払われたものなのでしょうか?
赤十字の仕事として自国民を助けるための活動は昔から行われていますよね それは今までの蓄積された寄付の中から払われていると思います

アメリカ人を助ける活動が 津波募金から払われたのと 赤十字自身が持っているお金から払われたのでは ものすごい誤解が生じます

ご存知でしたらお返事ください
よろしくお願いします
ネコママ |  2011.04.11(月) 03:42 | URL |  【編集】

ご自分でアメリカ赤十字にお問い合わせください


申し訳ありませんが、ご自身で直接アメリカ赤十字にお問い合わせください。

私は慈善事業の専門家ではありませんし、これ以上、赤十字に関して読者の疑問にお答えするために調査するつもりもありません。

私は、私のブログに寄せられた情報(アメリカ赤十字に直接問い合わせた方からのメール)とアメリカ赤十字のサイトにあった文面を記事にしただけです。

日本赤十字は日本が本拠地です。従来から日本国外への援助もしているようですが、現在は東日本大震災被災者の救済に集中しているものと考えます。

日本赤十字のサイトでは、「東日本大震災義援金」を特定して寄付をすることができます。「この義援金は、今後、被災県で設置される義援金配分委員会に全額が送金され、同委員会で定める配分基準により、被災された方々に届けられます。」と書いてあります。

ここには、在日アメリカ軍人家族の国外避難のために使われる可能性はありません。

確実に全額を日本人のために使ってほしいという方のために、情報を載せました。そして、「直接日本赤十字への送金をお勧めします」と書きました。

アメリカ赤十字に寄付するなとは書いていません。私の記事を読んで、それでもアメリカ赤十字に寄付したい方はそうすればいいのです。私はアンチ・アメリカ赤十字でもなんでもありません。在日アメリカ軍人家族に反感もありません。

アメリカ赤十字のサイトでも、使途を特定することはできます。その中には、「軍人とその家族」や「日本の地震と太平洋の津波」もあります。また、後者については、

Your gift to the American Red Cross will support our disaster relief efforts to help those affected by the earthquake in Japan and tsunami throughout the Pacific.
On those rare occasions when donations exceed American Red Cross expenses for a specific disaster, contributions are used to prepare for and serve victims of other disasters.

という注意書きがあります。

「日本での地震と太平洋の津波の影響を受けた人たち」の中に、在日アメリカ軍人家族が含まれるのか否か。大震災のときに日本にいて、地震と津波のために原発事故が起き、国外退避をする必要があるとされた場合、どちらの資金を融通するのか。アメリカ赤十字のサイトにある情報だけで、どうやって判断できるのでしょうか。私はそこまで追及するつもりはまったくありません。

「確認させてください」と言われましても、「ご自分でどうぞ」としか申し上げられません。

「今までの蓄積された寄付の中から払われている」とおっしゃる根拠がどこにあるのか、私にはわかりません。

アメリカ赤十字では、「余剰金が出た場合は、大震災以外にも使われる」と明記しています。何ドルをもって余剰金とするのか、その基準もわかりません。

私が「ものすごい誤解」を招いたとお考えのようですが、私は入手できるだけの情報に基づいて個人的な判断をしたまでです。同意するもしないも、読者の自由です。

仮に、アメリカ赤十字が「大震災のためと特定された寄付金からは、1セントたりとも、在日アメリカ軍人家族のために使うことはありません」と確約したとしても、私は日本赤十字に寄付したいと思っています。

kometto3 |  2011.04.11(月) 05:13 | URL |  【編集】

質問くださった方へ

「名前の欄にニックネームだけで宜しいのでしょうか?」 

はい。匿名でかまいません。

「またe-mail addressは表示されるのでしょうか?」

コメント欄に出る名前が青字になります。メールアドレスはそこには表示されません。ただし、その名前をクリックすると、メールソフトが開いて、To (宛名)にメールアドレスが出ます。
kometto3 |  2011.06.03(金) 23:10 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/792-8755bacb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。