スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

被災者向け情報 (健康管理)

2011.03.16 (水)


Google Crisis Response 東日本大震災
消息・避難所・交通・電気・ガス・水道・気象その他の情報をリアルタイム更新

現地ライフライン情報
より一部抜粋

【水分補給】
下痢の時、体調が悪い時、その他災害の時に役立つ「経口補水塩」の作り方:
水1リットル当たりに砂糖40グラム、塩3グラムを混ぜる。普通の水の25倍、スポーツドリンクの10倍、体に吸収されやすいそうです。これで助かった人も大勢います。
  (追記:砂糖40グラムは上白糖なら大さじ4杯、グラニュー糖なら大さじ3杯程度。塩3グラムは小さじ半分よりやや多め)

【便秘解消法】
便秘に悩む人が増えているそうです。水分や運動が不足すること、ストレス、野菜や果物が不足しがちなことなどが原因。3日以上出ないと、腹痛などの症状のほか、便が固く栓のようになって出にくくなるので早めの手当てが必要です。

便秘ケアに詳しい看護師の斉藤早苗さんに簡単腸マッサージの方法を聞きました。(1)おへその上に手を重ね時計回りにグルグル回す。20~30回(2)両手を拳にして左右のウエストにそれぞれ置き体を挟むようにぐーっと押す。10秒キープして3回くらい。(3)両手を拳にして左右の下腹部に当てておへその方向に向けてぐーっと押す。10秒キープして3回くらい。強めにやるのがコツです。おへその上あたりをカイロなどで温めたり、体を動かしたりすることも大切です。

足の血流をよくする
狭い場所で長時間座っていると、足の血流が悪くなり、血が 固まって肺の血管に詰まってしまうことがあります。トイレを我慢して水分を控えてしまうと、血が固まりやすくなってしまいます。定期的に水分をとり、足の 指やかかとを動かしたり歩いたりしてください。

全身の血行をよくする
避難所生活で寝付けないのは、血行が悪いことも一因かもしれません。湯浅景元・中京大教授は「全身の血行をよくするにはふくらはぎを動かすのが効果的」。寝たままで20回、足首を曲げたり伸ばしたりしてみて下さい。特に緊張しやすい背中から下半身にかけての筋肉をほぐすと、体を休ませる副交感神経の働きが促されます。軽い運動で少し体温を上げてから床につくと、自然に体温がさがり、眠気が起こりやすくなるそうです。

【地震酔い】
地震の揺れからくる不快感に苦しんでいる方も多いと思います。
目をつむり、10秒程度深呼吸を繰り返してください。口内が乾いている方は、つらくとも水等を含んでください。

日本赤十字九州国際看護大学長の喜多悦子さんは「温かいお茶を少しずつ飲んだり、ゆっくりと深い呼吸をしたりしてみてください。避難所では手足を伸ばす、隣の人と手をさすりあう、なども効果的です」と話しています。

【不安や心配を和らげる呼吸法】 
心のケアについて、厚生労働省のサイトに呼吸法が紹介されています。「6秒で大きく吐き、6秒で軽く吸う。朝と夕、5分ずつ行う」というものです。

【メールで医療相談】
被災者からの医療相談にボランティア医師たちがメールで答えてくれる「被災者向けメール医療相談」が始まりました。最初は info@311er.jp 宛に空メールを送ると、相談票が返信されてきます。

-------------------------------------------------

【避難している子どもの健康管理
(ナビタス立川クリニック・小児科細田和孝医師)

1:避難所では難しいかも知れませんが、大人と比べて小児は体温調節が機能しないので、着る物や室温での調節が必要です。汗をあまりかく季節ではありませんが、こまめな水分補給も必要です。

2:感染症に注意。手洗いが重要。うがいはおまけだが、うがい薬は使わない方が良い。避難所でではトイレの整備が問題だと思うが、排便、排尿は我慢せずできるように気をつかってあげて。

3:喘息、アレルギーの子はほこりや環境変化のストレスで症状が悪化することも。普段の飲み薬、吸入薬、塗り薬を続けることが必要。喘息には加湿。アトピーの子には入浴で皮膚を清潔にすることが望ましいが、避難所生活でどこまでできるか心配。

4:熱が出たら水分補給と安静。熱が上がりきるまでの手足がひんやりしている間はしっかり保温。熱が上がりきってまっ赤になってきたらむしろ薄着で熱を外に逃がす。40℃の熱があっても、水分がとれて、おしっこがでていればあまり心配はいりません。

5:嘔吐、下痢などの胃腸炎の症状。嘔吐している時には基本、絶食が良い。少量の水分のみをこまめに摂取させます。

6:(胃腸炎続き)食べたり飲んだりした後、また吐く、というのを繰り返すとぐったりします。吐き気がある間は子どもがほしがってもセーブしてやる必要があります。吐き気が治まって下痢になってきたら、食事は制限不要です。おかゆから始める必要はありません。

【子どもの急性ストレス障害】 
震災の影響による子どもの「急性ストレス障害」の症状です。表情が少なくボーっとしている▽とても怖がる▽いらいらして興奮状態になる▽落ち着きがない▽腹痛、めまい、頭痛、息苦しさ、不眠、頻尿などを訴える▽突然反抗的になったり逆に素直になったりする。

「こんな時は、『もう大丈夫よ』『心配なことは我慢しないで教えてね』『あなたのせいじゃない、誰も悪くないよ』などの言葉をかけて、安心させることが大切です。さらに、痛いところをさすってあげたりするなどのスキンシップがとても重要です」(峯真人・峯小児科院長)

【被災地以外の子どもの心理】
子どもの不安定な言動について、筑波大大学院の徳田克己教授(子供支援 学)の話 「子どもは特にテレビ映像で震災を間接体験し、親が死を映像に結びつけて話すので不安定になる。余震や買いだめも続き、非日常を感じ、幼い心は 不安や恐怖でいっぱいです。

幼い子に震災を通して命の大切さを教えようと するのは間違いで、激しい恐怖だけを抱かせることになる。命の貴さを学べるのは小学3、4年生から。「パパとママがいるから絶対大丈夫」 と伝えると、安心感を与えます。」

チャイルドライン
18歳までの子が何でも話せる電話「チャイルドライン」(0120・99・7777)は、周りに言えない被災の不安や悩みを受けています。月~土曜日の午後4~9時、携帯からも通話料無料。「今後学校に通えるかな」「避難所のけんかが嫌」などが多いそうです。

-------------------------------------------------

【放射性物質が 漏れた場合の注意①】原発から放出される放射性物質はヨウ素や希ガスといった気体の状態で出ます。そのため▼室内ではドアや窓をしめて 換気扇やエアコンを止める▼屋外ではマスクをしたりハンカチを水で濡らして口や鼻を覆う▼服装は皮膚の露出を抑えることが大切

【放 射性物質が漏れた場合の注意②】▼ 屋外から自宅に戻った場合は、衣服を着替えた上で顔や手を洗うことが必要です▼水道の水や井戸水、それに屋外にある野菜などの食べ物は、自治体の調査や指 示があるまで念のため食べないよう気をつけることも必要です。

-------------------------------------------------

震災医療情報リンク集

国立精神・神経医療研究センター(メンタルヘルス)

PTSD(心的外傷後ストレス症候群)を防ぐには

日本医学登山会 低体温対策情報

千葉大学教育学部 大震災後の子どもたちへの対応についての情報・知識




クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  社会  |  コメント(5)

Comment

いつもkometto3のクールさが気持ちよくて
読んでいたけど、、

余計な感情など書かずに
肝心なことだけを書いてくれるのは
kometto3らしい気もするけど、、

こういうのが、本当のやさしさだなぁ。
すごく優しい人だったんですね。失礼

ありがとう!!
ゲスト |  2011.03.16(水) 09:33 | URL |  【編集】

昨日の記事も含めて…

第二次大戦以後の未曾有の大災害と報道されています。情報は錯綜し、混乱しています。その中で、出来得る限りの必死の努力を昼夜を問わず続けています。

例えば、道路整備について。刻々と被災道路を被災地へと再整備し、通り始めています。岸壁の整備も同じです。
http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/tohoku/h23/0316/

原発について。関係研究所、研究者、関係者総出で必死の努力をしています。(14日の情報です)
http://www.jaea.go.jp/jishin/0314-19.pdf

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110315-00000701-yom-soci

刻々と報道されるニュースを見ていると、確かに焦燥感に駆られ、時にさまざまな対応に疑問を抱く事も事実ではありますが、世界に誇れる日本人の団結力で一人一人が今できる事をするしかありません…。

ニュースを見ていると涙が止まりませんが、明日を信じて力を合わせましょう。節電・節買いだめ(?)ももちろん、みなで出来る事を出来る範囲でしましょう。わたしは、通訳ボランティアに志願しました。komatta3の今日の情報も素晴らしいです。役立つ人がたくさんいるはず。

このリンクも是非読んでみてください。「大惨事とミラクル」
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20110313

がんばろう日本、がんばろう東北!
tomato |  2011.03.16(水) 09:57 | URL |  【編集】

いつもありがとうございます。

こちらへ来ると、何故かホッ。とします!
遠くから応援嬉しいです!
いのり |  2011.03.16(水) 11:54 | URL |  【編集】

http://news4vip.livedoor.biz/archives/51761413.html

アメリカさまさまです。本当にありがとう。
アメリカ、ありがとう。 |  2011.03.16(水) 17:12 | URL |  【編集】

先ほど、ある避難所に突然米海軍のヘリが上陸し、突然たくさんの物資や食料を届けている映像を見ました。
この避難所は政府にまだ確認されておらず、国からの情報も支援も一切届かないと困っていて、それをテレビ局が取材していたところ、ヘリが突然降立ったようです。
誰も助けに来てくれない中、突如現れた金髪に青い目の兵士。英語表記の食品、紙おむつ・・・地獄に仏とはまさにこのことだったのではないでしょうか。
涙を浮かべながら、被災者の皆さんは飛び立つヘリに手を振って見送っていました。
この場所は現在、おそらく福島原発から30キロ圏内のはずです。アメリカ軍が、日本の為に被爆しかねない状況・・・65年前には考えられなかったであろうこの光景。
私は関西在住です。日本人の多くが、同じ国にいながら何も出来ません。
アメリカの皆さん、本当に有難うございます。本当に頼りになる国です。さすが大国、アメリカ。
komettoさんのご主人、ご家族、アメリカ国民の皆さんにお伝えください。アメリカが同盟国であることに深く感謝します。
ゲスト |  2011.03.16(水) 23:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/755-6e12f7e9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。