スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

素人の目から見た疑問

2011.03.16 (水)



地震から4日以上経った。

時間の感覚がわからなくなってきた。

私はずっとニュースを追っている。昨夜は初めてNHKをつけっぱなしで寝た。音を小さくして、ベッドのすぐ横にラップトップを置いた。

日本ならすぐ復興に取り掛かると思っていた。日本人ならできる。今もそう信じている。立ち直る以外に道はない。

実際、海外のメディアは日本人の冷静な行動、忍耐、モラルの高さを絶賛していた。暴動も起きず、きちんと列を作り、譲り合い、何度も頭を下げて支給物資を受け取る。NHKにインタビューされても、鬱憤をぶちまけるような人はいない。そういう人は出演させないのかもしれないが。

長いアメリカ生活で根拠のない自己主張に慣れた私からすると、歯がゆいくらいストイックに見える。

これまで「日本人は何を考えているのかわからない」「金を出すだけで人を出さない」と悪く言われたこともあり、それにも理由はあろうが、いまは日本人の美徳が世界にわかってもらえるのがうれしい。


          *


しかし、昨日の夜あたりから危機感がつのってきた。

これだけお金と人材をつぎ込んでも、支援が進まないのだ。静かに話す人たちの声にはっきりと苛立ちが感じられるようになった。

今朝は窮状を訴えたファックスがNHKで紹介された。ていねいに書かれた3ページだった。暴言などもなく、淡々と訴えていた。

しかし、文面から焦燥が伝わる。ともかく何もない。

4日目にしてやっとファクスが送信できるところまでたどり着いたらしい。寒くて毛布を奪い合っているとあった。現地は氷点下である。私だってきっと自分の毛布を確保しようと人を押しのける。サバイバル本能を責められない。

昨夜は原発避難地域の市長が電話に出た。

政府がテレビで命令を出した頃には、自分たちの判断でとっくに避難していたという。国からは何の指示もなかったと聞いて、耳を疑った。しかも、この市だけではなさそうだった。

どこの町でも会社でも避難訓練をやっていただろうに、肝心の国の指令系統が機能していない。

私はアメリカに来てから20年以上、ただの一度も避難訓練に参加したことはない(子どもたちは学校でFire Drillを定期的にやる)。

参加したくても、住民向けの訓練などない。「何かがあったら小学校に避難してください」という指示もない。もっとも、ここは車がないと生活できないから、住民がいっせいに小学校へ向けて車を走らせたら、大渋滞になってしまう。

日本とは状況が違うが、一般的な日本人のような心構えを持った人はこの町にはまずいない(地震の多いカリフォルニアでは事情が違うかもしれない)。

防災意識が強く、訓練された住民だからこそ、国の曖昧な指示の下で45万人も避難できたのだと思う。これがアメリカだったら、どれほどの混乱になることか。


             *


原発に残って決死の作業を続ける50人には本当に頭が下がる。

政府はこれでも全力でやっているのだろう。地球の反対側で安穏にしている私に批判する資格はない。

しかし、素人の目で見ていても、次々と疑問が浮かぶ。

政府は昨日になってやっと東電と共同対策本部らしきものを設置したという。こんな原発事故が1つの会社の手に負えるわけがない。なぜすぐに協力体制を取り、国が陣頭指揮をしなかったのだろう。

HMOはまだ日本政府から要請を受けていないという。衛生状態が悪くなるのは予期できたのに、なぜ頼まない?

IAEAも昨日やっと技術協力の要請を受けたらしい。すでに技術者は来日していたのが幸いだったが、なぜ最初から手伝ってもらわないのだ。

アメリカも日本の要請を受けて原子力の専門家を送るという。冷却材の話は前から出ていたが(結局それは使えなかった?)、原発に近づけなくなるまでなぜ待っていたのだ。

東電にももちろん専門家はいる。しかし、最初にトラブルが起きた時点であらゆる知恵を動員すべきだったのではないだろうか。外国の専門家を呼んでみて、結局必要なかったならそれでよかったではないか。

ハリケーン・カトリーナの被害調査をした政府関係者は、「無駄になってもいい。思いつく限りのありとあらゆる支援をしろ」という教訓を得たと言っている。これは被災者に対する支援だが、原発でも同じだと思う。

原発には非常時のためのバックアップがあったというが、3つ程度なんて甘い。なぜ6つか7つのバックアップ・プランを用意しなかったのか。

電気系統が海水で傷むなんて予想できそうなことなのに、なぜもっと何重にも保護壁を作らなかったのだろうと素人は考える。格納容器をマトリョーシカ人形のような入れ子式にできないのか。

東電が海水を注入し始めた時点で「どれだけ追い詰められているか、捨て身な状況に置かれているか伺える」という、原発専門家のコメントがBBCのライブブログに出ていた。


           *


緊急時とはいえ、日本政府の広報はひどい。

政府だけでなく、東電も保安局も情報の伝達が下手すぎる。まともな質疑応答ができない。言葉を選んでいるのだろうが、記者会見で何が言いたいのかわからない。官房長官が出て、NHKの解説委員が出て、やっと事情がわかるくらいだ。

アメリカの大統領みたいに、メモなしでやれとは言わない。立て板に水でなくてもいい。

しかし、この調子では政府の言うことが何も信じられなくなる。人体に影響はありませんと言われても、何か隠しているんじゃないかと疑いたくなる。

原発からどういうルートでどこに電気が届いているかを東電がすべて把握していたのか、計画停電の不手際を見ると疑わしい。

たとえば1時間おきになんらかの報告をしようという気配はない。そして、情報を小出しにする。パニックを恐れてのことだろうが、逆効果である。

福島原発の格納容器はスリーマイル島のよりも弱いという見解を読んだ。それなのに、フランスの専門家は福島原発事故はスリーマイル島事故よりも重症だと言う。

本当はどれくらい深刻なのかの情報がない。

被災者の多くが「いま一番何がほしいですか」と聞かれて、情報と答える。食べ物よりもほしい情報。


             *


それにしても、経済大国日本はこれほど不安定な土台の上に成り立っていたのかと愕然とする。

地盤だけではない。

どれだけデータを駆使できても、肝心の計器が壊れて正しいデータが集められないのでは始まらない。原発でも水位や圧力、温度のデータがどこまで正しいのかわからないと思う。

帰国するたびに日本の携帯はすごいと感服したが、それも電気があってのことで、たどれば放射性物質を使った原発があってのことなのだ。

しかし、これはうちでも同じである。電気が止まればすべてが止まる生活をしている。

まだ物資が何も届いていない孤立集団がいくつもあるらしい。なぜヘリコプターで物資を落とすことができないのかわからない。

原発周辺は飛行禁止区域になっている。宮城沖に停泊した米軍は動けないのだろうか。迂回して反対側から向かえないのだろうか。自衛隊の戦車でも進めないのだろうか。米軍の輸送機で避難した人たちを運べないだろうか。

軍隊はロジスティックスの専門家だ。これだけの応援があって、いまだに百人単位で何の支援も得ていない人たちがいるという事実にいらだつ。

港を修理していると聞いた。港から何とか避難所へ届けてあげないと、もう5日目になる。

国の支援が届かない市長が、市民は極限状態だと訴えていた。国に見捨てられた気分だ、どうすればいいんだと嘆いていた。

早く早く!と焦る。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  社会  |  コメント(12)

Comment

「原発がどんなものかを知って欲しい」
参考までに

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html#page5
ゲスト |  2011.03.16(水) 00:39 | URL |  【編集】

そのとおりだと思います。

私もなぜ他国に支援を頼まないのか不思議でした。昨日誰も見ないかもしれないけれど原発についても他国の支援をもっとどんどん受け入れてとTwitter書いた所,その数時間後に原発支援をアメリカなどに頼んだという記事が出ました。遅すぎです。日本人の様子が他の国々で絶賛されているようですが、実は他国に迷惑をかけない姿勢は自己主張や英語が出来ない所から来ているのでは、日本人の集団でいると皆と歩調を合わせなければ叩かれる風潮を思い出し、それがこんな時の空気読みすぎでなかなか行動できない=支援が進まない状況を生み出しているような気がします。先頭切って県や地区ごとの救助などの人を割り当て、支援体制を作り、どんどん支援物資を配るなどの指導力があまりにも不足しています。今は皆で足を引っ張り合ったり空気を読んでいる時ではなく、皆で何ができるか、できることをどんどん行動に移していく時です。国のトップはうだうだしてないでどんどん被災者を守る、被害を最小限にへらすための行動を一番に考え、動いてほしいです。そして他国に頼れる所はどんどん頼り、要請があれば動くと言われているのだからどんどん他の国にも要請を出し、出来る限り早く人々を救済し、原発被害も最小限に食い止めてほしいです。
Onion |  2011.03.16(水) 01:46 | URL |  【編集】

ちょっと違うと思う

津波による原発事故は世界で初めてのケースです。人災とは違う。機材だけの問題ではなく電気、水からしてないんです。
また、東電という民間と政府(阪神大震災未経験の)の連携・経験のなさも影響していると思います。
自己主張、英語は、逆にアメリカにいるとそこに絶対の価値を持つことに疑問を感じます。
山婆 |  2011.03.16(水) 03:20 | URL |  【編集】

そう!その通り

私もNHKニュースをつけっぱなしにしてテレビにかじりついている4日間を過ごしていますが、Komatta3にまさに同感です。
「なぜ支援がスムーズに進まないの?」「なにかしら水素リークをとめる手段はないの?」「なぜ???」と長引く支援・救助の遅れと悪化する原発問題に腹立たしい思いがしてなりません。経済大国日本の底力を信じていますが、それにしてもいてもたってもいられない気持ちで一杯です。
Yukstar |  2011.03.16(水) 03:56 | URL |  【編集】

非公開メールをくださった方へ

どうぞご自由にお使いください。引用元を書く必要はありません。
 kometto3 |  2011.03.16(水) 05:00 | URL |  【編集】

民放のTVでは一部コマーシャル入りの放送も始まった東京です。でも、政府広報的な「思いやり・助け合い・絆」といった傾向の強い物です。 

マインド・コントロールなどではなく、今必要なものは確かにその心だと思う。毛布を取り合うのではなく、二人で包まる方が暖かいですから。

無関係だとされていますが、先日の長野に続き、昨夜は静岡の富士宮を震源とする強い地震がありました。 首都機能が麻痺する事を恐れるばかりです。
りゅうこ |  2011.03.16(水) 09:14 | URL |  【編集】

だって売国民主政権ですから

平常時ですら売国しか考えてない政権ですから、本気で日本のことを考えてるわけがないのです。むしろ、このどさくさで日本の国力を下げることを企んでいてもおかしくありません。

民主党のことを調べてみてください。驚きの事実がたくさんでてきますよ。前回の選挙で、テレビ・マスコミの情報を鵜呑みにして民主に入れたような人たちは「情報弱者」と呼ばれています。
よしこ |  2011.03.16(水) 09:41 | URL |  【編集】

原子力安全保安院の職員、原発から50km離れた地帯へ全員逃亡

政府は、原子力安全・保安院の職員らを福島第1原発から
およそ5キロのところにある「オフサイトセンター」で待機させていましたが、
15日午前、第1原発からおよそ50キロ離れた郡山市まで退避させました。
elsa |  2011.03.16(水) 10:34 | URL |  【編集】

北米ブログランキングで見つけた記事に
知り合いがヘリのパイロットで
すぐさま日本に帰った、というのを読みました。

でも、日本ではヘリで物資を届けるにはいたって居ない・・
航空規制(?だったか)が厳しすぎるのだそう。まだ瓦礫の下に居るかもしれない人のうめき声がヘリの音で聞こえなくなると救助できないなどの理由があるようです。
らみ |  2011.03.16(水) 15:50 | URL |  【編集】

気をつけて下さい

ニュースを一日中見ていたい気持ちはよくわかります。
祖国日本のことですから。
でも、繰り返し悲惨な映像を見続けることは、かなり精神に障害をきたしますよ。9/11の時はそのような映像を繰り返すニュースを見続けた多くの人々が、精神的トラウマを受けて鬱をわずらったということです。

日本人が復興することに遠くからでも何が出来るかに視点を変えてみませんか?(もうされてますね!素晴らしいです)

私も自分が落ち込むことで家族に影響がある、と考え、ニュースはオンラインのみにすることにしました。
テレビだと一番悲惨な映像を繰り返し流しますから。特にCNNなど。繰り返し、がよくないそうです。

どうぞご自愛を。
pray for Japan |  2011.03.16(水) 17:20 | URL |  【編集】

アメリカの大統領みたいに、メモなしでやれとは言わない。立て板に水でなくてもいい。

とありますが、パブリックスピーキングの訓練の違いもありますが、アメリカの大統領もメモなしではやっていません。彼らは紙ではなく、テレプロンプターを常に見ています。透明な鏡みたいな板が両側にあり、それにスピーチが映し出されています。ですから画面では聴衆をみながらとうとうとスピーチをしているように見えますが、実は目の前のメモをずーと見ている状態です。

現大統領はテレプロンプターオバマと呼ばれるほどで、彼のプロンプターに不具合のあったときのスピーチはヘロヘロですよ。

今の日本の政権は全然支持していませんが、比べちゃあまりにもかわいそうかと。
McKenna |  2011.03.17(木) 09:00 | URL |  【編集】

McKennaさん、くだらんこと言わないで

McKennaさん、こんな時にそんな小さいこと、くだらないこと書く前にもっとやることがあるはずです。

メモ見てようと見てまいと、現状ではそんなこと、どうでもいいではないですか?

じゅん |  2011.03.17(木) 21:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/754-d0e9a599

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。