スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

今年の雪かき費用

2011.02.15 (火)



うちのドライブウェイは、ご近所の業者Bに除雪を頼んでいる。

特に安くしてくれているという感じはしないし、雪といっしょに時おり芝生まで削ってくれるが、どこでも似たり寄ったりなので、もう15年も任せている。

請求書は毎月1回ではなく、適当にまとめて来る。暗黙の了解で、請求書と小切手はお互いの郵便受けに入れる。

先週あたりからやっと積もるほどの雪が降らなくなって、やれやれと思っていたら、郵便受けにBからの封書があった。

まだ裏庭も前庭も凍り付いているし、ドライブウェイはようやくアスファルトが一部姿を見せているくらいで、いいかげん雪には飽き飽きだ。これだけ雪が降ったのに、雪かき費用の件はころっと忘れていた。考えるのを忘れていた、あるいは考えないようにしていたというべきか。

恐る恐る封筒を開くと、12月27日から2月2日までの間に11回の雪かき。1回が40ドルで440ドル。税込みで476ドル85セント也。

まだ冬は1ヶ月以上あるのに、500ドル近くもかかった。これは痛い。今年の降雪量は異常だった(と過去形で言っていいのか)。


           *


ドライブウェイの端から雪をガーッと押して隅っこに積み上げるだけで、40ドルかかる。15年前には確か1回当たり20ドルか25ドルだった。

人件費もガソリン代もかかるし、Snow Ploughと呼ばれる除雪機だってタダじゃない。メンテナンスも必要だ。2インチの雪ならともかく、12インチも立て続けに降られたら、とても人間の力ではどかせない。

40ドルは妥当か。いや、やっぱり高い。

うちの近所はドライブウェイが無意味に長い。田舎なので土地があるし、それだけプライバシーは確保できるが、雪が降れば体力的にも金銭的にもダメージが大きい。

雪かきをしてくれる息子たちが家を出たら、うちはほとんど老人世帯である。

夫はめったに雪かきをしないし、私はたぶん体がついていかない。ドライブウェイはBが大型除雪機でやってくれても、あれは小回りが利かない。玄関周りとかドライブウェイから玄関へ続くウォークウェイとかガレージドアのすぐ外といったところは、どうしても人間がシャベルを手に出て行くしかない。

一軒家は大変過ぎる。冬は雪と氷だし、春夏は芝生の管理。この雪でどれくらいまた芝生が痛めつけられたかと思うと、気が重い。こういうときだけは南カリフォルニアに住む義父母がうらやましくなる。

次はコンドミニアムかアパートメントか、せめてタウンハウスに住みたいものだ。誰かにメンテナンスをしてもらいたいというそれだけの理由である。

集団住宅は騒音がネック(マンハッタンなら、ねずみやベッドバグも問題だろうが、私はあそこには住めない。空気が汚すぎ、人が多すぎる)。

私は小さい頃から音に神経質で、夜は静かでないと寝付けなかった。今でも子どもたちが見るテレビやパソコンから流れる音が非常に耳障りである。まあ、そのうち耳が遠くなって気にならなくなるということにしておこう。


            *


向こう10日間の予報を見ると、来週また雪が降るという。でも気温は35度以上だから、たぶんスノー・シャワーで終わる。

3月の天気はわからないが、長期予報の予想最高気温はいずれも40度以上、50度の日もある。ぜひともこのまま春に突入してもらいたい。

除雪費用500ドルと私の車の修理500ドルで、合わせて1000ドル。

灯油もガソリンも高い。野菜も果物も高い。品質を考えると、デフレ分を差し引いても日本の食べ物のほうがずっと安い気がする。

ところで、ガソリンは私がアメリカに来た当初は1ガロン99セントだった。日本で運転しなかった私は、日本のガソリンがリットル単位で売られていることしか知らず、99セントがどれくらい安いのかも知らなかった。

早く税金を取り戻さねばならない。


<今日の英語>  

In the end, it all evens out.
最終的にはバランスが取れる。


友だちと食事に出かけて割り勘にすると、相手のほうが高いものを食べたり飲んだりするので損した気になるという話で、「あるときには自分が多めに払うが、別の機会には友だちがそうするし、長い間にはだいたい同額を払ってることになるから気にならない」という人のコメント。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  生活  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/733-a53672c0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。