スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

犬も好き

2010.11.16 (火)



私はプーチン首相のファンである。

無能のジョージWがアメリカ大統領だったときは、プーチンと入れ替えたいと何度思ったことか。

プーチン政権を批判していた石油会社ユーコスのミハイル・ホドルコフスキーを何年も牢屋に閉じ込める独裁ぶりだが、ロシアみたいな国はあれくらいのカリスマ性のある指導者が強引にやらないとだめなのだろう(でもユーコス元社長は解放してやってほしい)。有能で、イメージ戦略もうまい。ヘラヘラしない。背は高くないが、鍛えた体と色気がある。

というわけで、私はプーチンのニュースはしっかり読む。

ロシア大統領だったときに、選挙当日に赤い目をして奥さんと投票所にやってきたことがあった。なんでも飼い犬が出産したとかで、奥さんと徹夜したそうだ。プーチンは犬が大好きなのである。

指導者には犬が合うらしい。

ホワイトハウスでも大統領が代わるごとに、新しい犬が紹介される。オバマは就任後に飼い始めた。シェルターにいた雑種でなく、ブリーダーから買ったために非難されたが、娘のアレルギーで犬種が限られたというからしょうがない。

クリントンのときは、チョコレート色のラブラドル・リトリーバーがいた(ソックスという猫もいた)。パパ・ブッシュもジョージWもぞろぞろ犬を連れていた。

そういえば、プーチンが訪米した際に、キャンプ・デービッドでブッシュがバーニー(スコティッシュ・テリア)を紹介したのだが、その後ブッシュがロシアを訪問したときに、プーチンの飼い犬(ブラック・ラブラドル)を見せて、「お宅のバーニーより大きくて、強くて、速いですよ。」と自慢したそうな。バーニーに罪はないが、飼い主が悪すぎる。


          *


今日は「ブルガリアを訪問したプーチンに、ブルガリア大統領が子犬をプレゼントした」というニュースがあった。

どんな「子犬」かと思って写真(Reuterから拝借)を見たら驚いた。

putin_dog1

ブルガリアン・シェパードというくらいだから、きっと大きくなるんだろう。何ヶ月の子犬かはわからないが、それにしても大きい。それに、なんともかわいい。子犬はどれもかわいいが、これは特にかわいい。さすが国家間の贈り物として選ばれただけのことはある。

首相になると、こんな特典があるのか。プーチンが子犬にほおずりしている写真もあったが、メロメロである。無敵プーチンの弱点はこれだ。

【追記】ブルガリアのニュースサイトで詳しい情報を見つけた。この犬の名前はYorgo(元の名前はギリシャの戦争の神Ares。ロシアへの贈り物にそんな名前はつけられない)。ただし、ロシアでまた改名するかもしれない。8月29日生まれ(2ヵ月半でこの大きさ!でも、やっぱり子犬の顔をしている)。モスクワ郊外のプーチン邸で先住犬のコニーと仲良くやっているという。

【追記】子犬が手渡されたときの動画。




          *


私は猫が好きなのだが、実は犬も好き。

それも、小型犬じゃなくて、大きいのがいい。義母はシーズーを飼っているが、あれくらいなら私は猫のほうがいい。

ご近所ではラブラドル・リトリーバーの人気が高い。黒いのから、茶色いのから、いろいろいる。一軒だけ、ボルゾイみたいなのを飼っている。お向かいと斜め向かいには、猫より小さい、ちょこまかしたのがいる。

もし私が飼うなら、ジャーマン・シェパード。ハスキーもいい。プーチンがもらったのと同じのでもいい。

それで頭が良くて、健康で、素直で、私の邪魔をしない程度に愛想がいい犬。猫とちがって、呼んだら来る。私の役に立つのが至上の喜びという犬。

しかし、私みたいなグウタラ人間に犬を買うことはできない。

このへんは家の敷地が広いので、どこの家もinvisible fence というのを張り巡らしている。犬が境界に近づくと、地中に埋めたセンサーが犬の首輪に軽いショックを送る。だから、散歩させなくても、敷地内でうろうろできる。

でも、それでは散歩の代わりにならない。

たまに散歩させてもらっている犬がいると、敷地から出られない犬はうらやましそうにじーっと見ている。


              *


毎日の散歩もそうだが、犬は猫の何倍も手間がかかる。自分で舐めてきれいにしないらしいので、シャンプーをしてやらねばならない。それに、ドッグフードの袋の大きくて重いこと。テニスひじになる前にスーパーで持ち上げてみようとしたら、できなかった。

子犬のうちのしつけも大変らしい。"Marley and Me"という本を読んでたまげた。あれは特別にできの悪い(だからこそ可愛い?)犬だったようだが、1回でトイレを覚える猫に比べたら相当な忍耐がいる。

それだけの手間をかけても飼いたい人だけが飼うべきだ。

だから、私はよその犬で我慢する。運転していて、前を走っている車の窓から犬が耳をひらひらさせているのを見ると、つい手をふってしまう。

盲導犬や警察犬、救助犬など、働く犬も好きだが、仕事中だから話しかけられない。えらいねえと心の中でほめる。

でも、しつけのできていない犬はだめ。汚い足で飛びついてきたり、よだれだらけの舌で舐めたりするのも困る。だれかがしつけも世話も全部してくれるなら、私でも犬が飼えると思うが、そんな自分勝手な飼い主になつくだろうか。

私には犬は無理だと悟りつつ、抱っこもきらいなうちの猫たちを見ると(それでも寝るときは私の横にひっつく)、大きい犬といっしょに寝たら楽しいだろうなあと想像する。

【関連記事】
命名 バフィ 2010.12.13




クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  わたし  |  コメント(4)

Comment

我が家には犬も猫もいます。どちらも可愛いですよ~。確かに犬は散歩等、手がかかりますが、シェルターには躾のいい犬もいるはずです。ちなみに初めて飼うなら中型犬がお薦めですよ。

プーチンさん、冷たい印象を持っていましたが、犬好きでしたか。Kometto3さんも猫派だと思い込んでいたのでなんだか嬉しいです(笑)。
Cafe Latte |  2010.11.16(火) 12:59 | URL |  【編集】

先日、朝玄関を開けたら、中型犬が飛びついてきた事件がありました。
あんなにビックリしたのは久々の出来事でした。突進してきたので、頭は真っ白になりましたね。すぐに飼い主さんが探しに来たから良かったですが、会社に行く洋服に飛びつかれたのがショックでした。プチ潔癖症の私にとって好きなワンちゃんでもいきなりは最悪でした。
今はあまり触りたくないワンちゃんですが、昔はポメちゃんを飼っていました。

あとプーチンさんも私も好きです。
先日F1の車に乗っていたけど、本物のレーサーに見えました。やっぱ外国人って何をやってもさまになるですよね~。
りんご |  2010.11.16(火) 21:40 | URL |  【編集】

わっ、わっ、私もプーチンさんのファンです。主要国の大統領や首相の中で知性を漂わせつつ上半身裸でカーゴパンツ姿を披露できる人はあの方を除いていないと思います。
戦闘機(最近はF1カー)を操縦できるのも高得点です。

私も今はすっかり猫派ですが、犬では熊のようなアラスカンマラミュートが好きです。
山婆 |  2010.11.17(水) 05:10 | URL |  【編集】

プーチンの子犬かわい過ぎます!プーチンて名前も実はちょっとかわいらしいですよね。プッチンプリン的な。。

私も大型犬が大好きです!しかも好きな犬種はジャーマンシェパード、ハスキーです。奇遇ですね。でも一番好きなのはロットワイラー。目がつぶらで垂れ耳で黒くて大きくて柔らかくて、毎日一緒にごろごろもふもふしてます。最高に幸せな瞬間です。ちなみに家は普段は庭で遊ばせて週末に山に連れてってトレイルを歩かせます。ブラッシングは週1くらいだし、シャンプーも山の中の泉とかにどっぼーんと自分で入ってばしゃばしゃやってくれるので、あんまり必要ないです。本当はただのシャンプー嫌いなんですけどね。
ubu |  2010.11.17(水) 08:10 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/669-41de8491

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。