スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

夫と私の寿命

2010.11.09 (火)



投資会社のサイトで、引退資金のシミュレーションをやってみた。

現在の資産はいくらあって、何歳まで生きるとして、あとどれだけお金を貯めたらいいかという試算である。

最近の株価上昇のおかげでかなり持ち直し、これだけあればなんとかなりそうな気になっていたのだが、老人ホームの費用とアメリカの医療費を考えると楽観的すぎないかと心配になってきた。

ニュースで見聞きするアメリカ人の引退資金の少なさに驚く。ベビーブーマーがいっせいに引退したらどうなるのか、想像すると恐ろしい。昔のように、引退して10年か15年で死ぬ時代ではない。アメリカだって寿命が延びているのである(女性81歳、男性76歳)。

私は世界一の長寿を誇る日本人女性だが、アメリカに住んでいる分だけ寿命は短いと思う。ただし、このシミュレーションでは人種の質問はなかった。

結果を見て、めまいがした。

今の年齢と性別に基づいて算出した一定の年齢までの生存率


 50% の確率 25% の確率 10% の確率
   85    92    97
   88    94    99


結婚している場合は、夫か妻のどちらかがもっと長生きする可能性が高い。


 50% の確率 25% の確率 10% の確率
   89   95   99
   98   103   108


夫が85歳のとき、私は75歳。なんとかまだ運転も家事もできるだろう。そのころには自動操縦の車があるかもしれない。介護する体力と気力には自信がない。

夫が92歳のとき、私は82歳。運転は危ない。関節炎になったら、ボタンもかけられないかもしれない。夫は老人ホームに入れよう。夫婦で入ればいいのか。でも、私は個室がほしい。

夫が97歳のとき、私は87歳。日本語しか話さなくなったらどうする?そのときになって日本に帰ろうと思っても、13時間も飛行機に乗る体力は残っているだろうか。途中で事切れたら、太平洋にボトンと落としてもらってもいい。

夫が97歳まで生きる確率は10%だが、夫の家系で長生きする人は95歳か100歳まで死なない。セロリで減量に励む夫も、その1人になるかもしれない。


           *


既婚者のほうが独身者より長生きするというデータは聞いたことがあるが、いったいどういう根拠なのだろうか。

結婚生活の質にもよると思うが、「夫婦仲はいいですか。」という質問もなかったし、ストレスがたまる結婚生活で長生きするイメージは持ちにくい。

それに、私が結婚していれば、50%の確率で98歳まで生きるというのも妙だ。そのとき夫は108歳になっている。

もしかして、この場合の夫は、今の夫ではないのかもしれない。再婚でも再々婚でもして、いつも"married" の状態でいればということか。私は結婚はもう十分経験したので、2回目をするつもりはない。ただし、2番目の相手が大富豪なら考える。

私が88歳まで生きるとして(確率は50%)、これからまだ40年近く残っている。

日本女性の平均寿命は86.44歳だから、ありえない数字ではない。

ここでパソコンがおかしくなり、結局いくらあればいいのかという段階まで進めなかった。4つ以上の概念がない未開地の住民ではないが、とにかく「たくさん」ということにしておこう。


<今日の英語>

I was blindsided by her decision and I'm totally shocked.
彼女の決断に不意打ちをくらって、すごくびっくりしました。


ドーハのトーナメントで負けたあと、突然引退を表明したディメンティエバについて、ある選手がコメントした。Blindside は見えない側(死角)から当たられること。




クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  わたし  |  コメント(2)

Comment

老人ホームはまだちょっと話でも、日本に住むことを考えてみたらどうですか?住むところを選べばアメリカよりも快適なひきこもり生活ができるような気がする。狭いけど一人だったら十分のハイテクマンション。車なしでいける、公共の図書館、スーパー、病院。スーパーや、デパートのお惣菜や、コンビニの弁当。一人暮らしのお年寄りに毎食届けてくれるサービスだってある。面倒な世間話もアメリカみたいに誰もかれもがする国ではない、でも美容院やレストランのサービスは素晴らしい。アメリカの親族には日本に帰るといい、日本の親族にはアメリカにいることにしておけばいい(笑)そうすれば嫌いな行事に参加しなくていいし。 それでもアメリカで骨をうずめるというのはナゼ?子どもや孫のの近くに住んでいたいからかな。 それに、時期がきたら早めに離婚しないと、老いた旦那様の介護をまずしなければいけないのでは?通院の送り迎え、排泄の世話から、入浴の世話、食事の世話。ボケてしまったら、一人で留守番もさせられないでしょう。強い精神力がなければ、間違えなくまいってしまうでしょう。  
TD |  2010.11.10(水) 04:46 | URL |  【編集】

こんなことを言うのはなんだけど、、、。
わたしもTDさんの意見に賛成です。
男の人は年をとるにつれて、頑固になり、相手の気持ちをおもんばかるということをしなくなります。
私は在米15年ですが、早く一人で日本で暮らしたいと思って計画をしています。うちの人は悪気はないのだろうけど、年とともに文句が多くなってきます。聞いてる身にもなってください。
貧乏でも穏やかな老後をすごしたいものです。
とも |  2010.11.10(水) 12:18 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/663-731b2524

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。