スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

ありがた迷惑なお誘い

2010.10.24 (日)



郵便受けにブレスレットの写真がついた葉書きが入っていた。

lia sophia
Share the Love of Jewelry

と印刷してある。聞いたことがない会社だが、ただのダイレクトメールに見えた。もうクリスマスのセールスかと思って裏返すと、隣のメアリの名前と住所が書いてあった。

そして、「あなたのスタイルに合ったパーソナルなジュエリー・ショッピングに
いらっしゃいませんか。」

時間は11月7日(日)正午。場所はメアリの自宅。

私は彼女のメーリング・リストに入っているらしく、私の名前と住所を印刷したラベルが張ってある。

これまでにもメアリからは福祉団体への寄付依頼葉書きが何度か送られてきた(お互いの郵便受けは20メートルしか離れていないのに、切手を貼って郵便屋に配達させている。他人の郵便受けを開くのは違法ということになっている)。

「あなたのご近所のメアリさんからの個人的アピールです。」みたいな文章が印刷してあり、そういう作戦なのだとわかった。

私はそういうのは全部ゴミ箱へ入れる。誰にも何の返事もしない。最初は気が引けたが、今は平気になった。

いったん寄付すると、あらゆる非営利団体に私のデータが流れるらしく、しばらくは郵便や電話に悩まされるからだ。それに、ご近所さんに頼まれたら断りづらいだろうという魂胆が気に入らない。

私が近所付き合いで買うのは、ボーイスカウトが売るクリスマスのリース(自宅に届けてくれるのはありがたい)とガールスカウトが売るクッキー(食べられた代物ではないが、夫は好きらしい)だけである。

昔、日本人の集まりに呼ばれたら、実は化粧品販売のデモンストレーションが主目的だったということがあった。事前に「何も買わなくていいのよ。」と言われ、けちな私は何も買わなかったけれど、なんとも居心地が悪かった。

そういうものには出席しないに限る。


          *


子どもたちが小さい頃は、スクールバスの見送りとお迎えで近所のお母さんたちと毎日会った。

7人もいれば、その中で1人くらいはパーティ形式のセールスをする人がいた。

口頭で誘われたり(すっごく楽しいわよ~。ぜひ来てちょうだい。何も買わなくていいの)、葉書きを受け取ったりしたが、私はなんだかんだと理由をつけて一度も行かなかった。どっちみちアジア人は私1人だ。付き合いが悪い人ねと思われても平気だった。最初から深い付き合いをするつもりはなかった。

一番多かったのが、Pampered Chef. 自分の台所で料理の実演や試食会をしながら、その場で料理道具を売る。品質は悪くないが、かなり割高だと聞いた。会員になれば品物は安く買えて、もし売れたらコミッションが入るのだろう。偏食でアメリカの食事をおいしいと思えない私は、遠慮して正解である。

何よりも、ご近所や友だちを利用して儲けようという考えが気に入らない。

「この道具、すごくいいから、あなたにもぜひ紹介したいわ。」というのが決まり文句だが、聞いているほうは白ける。

こういうセールスは Tupperware Party が元祖で、台所用品に限らず、いろんな製品がこの方式を採用しているらしい。パーティが盛んなアメリカならではの商法かもしれない。大人の玩具パーティ体験記を新聞で読んだことがある。保守的な南部での話だったので、とても驚いた。

日本人の駐在家庭では Longaberger というバスケットの自宅販売デモが人気だったようだが、私は実物を見たことすらない。一時的なブームだったのか、今も根強いのか知らない。そんなにかごを集めてどうする?

アムウェイには誘われたことがない。この地方では流行ってないのかもしれない。実は、私はアムウェイは日本の会社だと長い間思いこんでいた。パーティにも買い物にも縁が薄いと、アメリカに住んでもこんなもんである。

調べたら、アメリカのアムウェイは1959年創業、日本アムウェイは1979年開業だった。私はその後10年は日本に住んでいたのに、やはり関わりはなかった。


           *


さて、メアリのジュエリー・パーティ。

私は貴金属や宝石には興味がない。タダであげますと言われたら、もらってもいいが(これこそ一番高くつくのか)、たぶん現金にして投資したくなる。金(ゴールド)なら銀行の金庫に預ける。それで自分を装飾しようとは思わない。指輪より金塊がほしい。

婚約指輪も結婚指輪もしない。持っていないのだから、つけようがない。

そういえば、むかし補習校で「kometto3は指輪しないんですね。」と聞かれたことがある。よく他人の指なんか観察する余裕があるなあと思いつつ、「持ってないから。」と答えた。結婚指輪も買えないほど貧しい国際結婚なのね、お気の毒にと思われたかもしれない。

首飾りも腕輪もうっとうしい。耳たぶに穴が開いてないので、ピアスもできない。ねじで留めるイヤリングは痛いし、すぐ落ちる。

仮に私がジュエリー大好きだとしても、誰かの個人宅に集まって売り買いする方法はいやだ。

アメリカのとあるサイトでは、上司にこれをやられて出席せざるを得なかった人や、これで友だちをなくした人の話が出ていた。どこの国でも同じだ。

"Please RSVP."とメアリの電話番号が書いてある。

彼女はいい人だが、中年になった私はいやなことはいやだと断るくらいずうずうしくなった。義理でいやいや出席して、お愛想笑いをしつつ、一生懸命断るか、あるいはどうしてもと押されて一つ買わされるよりはましだ。

ネットで調べたら、ジュエリー・パーティでは19ドルから250ドルくらいの品物が販売されるとわかった。コンサルタントと呼ばれるホステスは$100相当の品物を4つまで$15で購入できる。そして、売り上げの20%相当のジュエリー1つが無料で、さらに2品が半額で買える。パーティを主催するだけで特別なギフト(プラスチックだったわよ!という怒りの投稿があった)がもらえる。自分の紹介で他の人がパーティを開くと、もう1品が半額。お客10人とホステス2人を確保すれば、また割引がある。

現金の儲けではなくて、ジュエリーが報酬か。そんなにたくさん集めてどうするんだろう。しかも20ドルのジュエリーに価値があるとは思えない。ただのジャンクというコメントがたくさんある。

メアリはなぜこんなものに手を出すのだろう。

私たちは友だちというより単なるご近所同士だが、一切関わらないにかぎる。

タグセールが終わってから、私はご近所の誰ともまともに話していない。メールも電話もしない。ごみの日にも会わない。そういう孤立した生活に戻った。私はちっともかまわない。こんなお誘いの葉書きを受け取ると、ますます人付き合いが億劫になる。

メアリから「葉書き、受け取った? 来てくれる?」という電話がかかってこないことを願う。


<今日の英語>

It's not for me.
それは私の趣味じゃないの。


パーティを装ったセールスに誘われたときに、どうやって断るべきかと言う投稿より。"No, thank you."とはっきり言えば早いのだが、ちょっと言いにくい相手のときは、「それは好きじゃないから。」で押し通す。「xx日には何か用事がある?」と誘導尋問されたら、"Yes, why do you ask?"と予防線を張っておく。もしセールスとは無関係の集まりで参加したいと思えば、先の予定を変更すると言えばよい。セールスだったら、もちろん「予定があるから行けない。」と断る。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  生活  |  コメント(5)

Comment

ジュエリーパーティーには本当に困りました。買わなくていいといわれても、その場に行ってしまったら、やっぱりね・・。しかも、日本人が二人しかいないこの土地でやってくれるよ~と。

初めが肝心だと思って、意地でもいきませんと言いました。これで付き合いがなくなったらそれでいいや。と開き直りましたよ。
こんなことやめてほしいです。こんな制度がアメリカにあるのもちょっと意外だったんですけど。

アメリカ人でも友達なくすんですね~。アメリカ人はこういうパーティー、喜んで行っているのか不思議だったんです。
よっぴい |  2010.10.25(月) 13:14 | URL |  【編集】

こんにちは。はじめまして。

以前、アムウェイをしている友人から自宅に招かれたことがあります。
「食事をご馳走するから、是非来て」とのお誘いを受け、何も知らずに喜んで行きましたが…。

アムウェイの商品が出てきた時の驚き!
無邪気に商品を勧めてくる友人に、戸惑いと怒りがフツフツとこみ上げてきたのを思い出します。

私も人から強制されるのは、激しく拒絶反応が出る性質です。
ですので、いくらいい商品であろうと余計なお世話、ほっといて!となります。
ましてやアムウェイ。
それ以来、その友人とは距離を取り疎遠になっていきましたが。

こういった類の商法はなくなりませんね。
あの手この手で世に出てくる。
一定の人の性にドンピシャ合っているのでしょうね。
マキ |  2010.10.25(月) 17:19 | URL |  【編集】

メアリから電話がかかってこないといい・・ということは、RSVPに返事はしないのですか?確かRSVPって行かない場合も返事をするものだったと思います。

 Kometto3の方から「行かない」って言っちゃうのが一番ラクじゃないですか?
麦 |  2010.10.25(月) 23:45 | URL |  【編集】

笑いました。

Longebergerのカゴのことで、カゴを集めてどうする?と、この辺りの一部の駐在奥様たちにも聞いてみたいです。この人たちは、次から次へとコレクションする物が変わって、周りで見ていると滑稽です。何で貴方は集めないの?と勧めてくるのは、やめて欲しいです。
Ponta |  2010.10.26(火) 09:54 | URL |  【編集】

宗教、ジュエリー、タッパウエア、売るものは違っても押し売りする輩の人格が全て同じに見えますね。出来れば関わりたくない人達です。
sungoesup |  2010.10.26(火) 18:16 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/650-02db2d75

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。