スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

協定破り

2010.10.14 (木)



夫が600ドルをルーマニアに送ってから、2週間が過ぎた。

私は毎日クレジットカードのサイトで明細を見るが、夫が週に1回はチャージしていた74.99ドルは現れなかった。それを止めるから600ドルをくれというのが交換条件で、無駄と知りながら、前回と同じくメールで念書らしきものを夫から受け取った。

あの定期的にチャージしていたものはゲームだと夫は言ったが、詳しいことは教えてくれなかった。

600ドルに相当する期間は自粛するという約束もばからしいが、私はもう夫と口論するのもいやになった。夫の言うことはとっくに信用できなくなっていた。

そして、夫は今度もあっさり協定を破った。

10月11日付でこれまで見たことのない会社に149.99ドルを支払っていたのだ。どうせそうなるだろうと思っていたが、それでもどんよりした気持ちになった。

たぶん2回分をまとめて払ったのだろう。ちょうど2倍くらいの金額になっている。そして、別のルートから支払えば私にはばれないと思ったのだろう。

ところが、今回の会社名をサーチしたら、支払い先がわかった。夫が何か隠そうと工作すると、ほとんど裏目に出る。

Secure Credit Card Transaction Processing という支払い代行業者である点は同じだったが、明細に出ていた最初の頭文字から元のサイトが割り出せた。

Adult Web Cam Community

そんなことだろうと思った。

ルーマニア女とはここで知り合ったのだろう。何百人もの「モデル」がきわどいポーズで並んでいる。「836人がログイン中です。」と書いてある。

結婚相手を探すサイトでも、既婚男性が半数以上も登録しているとどこかで読んだ。アダルトサイトもきっと似たようなもんだ。インターネットでポルノが莫大な収益を上げているのは容易に想像がつく。

それはわかっていても、実際に夫がそんなことにお金と時間を費やしていると思うと、げんなりする。セックスレスだからそれで発散するならどうぞご自由にと言いたいところだが、毎月400ドルも払うなんてバカじゃないかと思う。

「あの約束はどうなったの?」とは聞かずに、クレジットカードのサイトから、その行だけコピーして夫にメールした。

返事はない。


             *


このアダルトサイトは、.org という別のサイトを持っていた。

それによると、Google.org に触発されて、ソーシャル・ネットワーキングを通じて、自然災害や飢餓、病気など人類が直面している問題を広く知らしめ、解決・援助するために資金を集めていると言う。豊かな国の1ドルが貧しい国では非常に大きな効果をもたらすとも書いてある。

最近のプロジェクトとして、2009年9月のフィリピンでの洪水がひとつだけ載せてある。10万人が被災し、10億ドル以上の損害が出たので、「メンバーとモデルたちが協力して、この人たちを助けましょう。」という呼びかけ。

これまた胡散臭い。

2009年9月以降は何をしていたのか。そのあとも大災害があちこちで起きたではないか。ハイチやチリで地震があったし、パキスタンの洪水、ロシアの山火事もあった。

「うちはアダルトサイト運営だけじゃなくて、慈善事業もしています」というポーズにしか受け取れない。本当に募金を赤十字に渡しているのか疑わしい。

夫がルーマニア人にお金をあげているのは、たぶんこれとは関係ないと思う。夫は自分のルートで送金している。

どっちにしても、お金を捨てていることは同じだ。そして、私に嘘をついていることも。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |   |  コメント(2)

Comment

げんなり・・・。

ほんと、困っちゃいますね。
ちゃんとkomatta3が知っていることを伝えて、その149.99ドル分も600ドルに上乗せしてきっちり自粛させるべきですよ。
念書に、「次回協定を破ったら、地下室においてあるものすべてkomatta3がいいように処分できる」という一文を付け加えさせるとか!あんなに必死に売られることを拒んでいた"大事な"ものたちでしょうから、ちょっとは歯止めになるんじゃないですか?それでも協定を破るようならほんとに好きに処分しちゃえばいいんですよ。

なんせ今後の先行きがまったくわからないんですから、毎月$400(+送金)もそんなことに使われちゃ~ね~。

komatta3もへそくりしてくださいね。
Bあや |  2010.10.15(金) 02:11 | URL |  【編集】

こんにちは。
今までのコメントだけだとヒドイご主人だ!って思ってまして(スミマセン)、たまに優しい言葉とかが書かれると、勿論いい所だってあるんだって思っています。・・・が、この話題だけは許せなくて、勝手にキィィィ!!ってなる私です。断固拒否したらどうなるんでしょうかね。引きこもりが何ヶ月も続くんでしょうか?コメットさんはどうして最後には渡してあげるんですか?長引く話に疲れて渡すんでしょうが、このお金だけは渡したくないです。
禁治産者にしちゃって、お金が自由にできなくしちゃいたいくらいです。
アメリカだと色々制限する法律がありそうですよね。
この話だけはどうにか対策がないものか、勝手に考えちゃうのです。
りんご |  2010.10.16(土) 01:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/642-ae5d4b2a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。