スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

立て続けに医者通い

2010.09.29 (水)


昨日もまた3時間外出した。

歯のクリーニングのついでに、子どもたちの服や靴を古着屋に持って行き、大きな店で食料の買出しをした。

私は歯が悪いので、3ヶ月に1回クリーニングをしてもらっている。昨日はレントゲンも撮った。前回の撮影からすでに1年経っていたのだそうだ。

今回からデジタルで、その場で私も見ることができた。ドクターCは、「骨がしっかりしてますよ。」とうれしいことを言ってくれた。もしかしてインプラントでもすることになって、骨が弱かったらできないだろうと心配していたから、ほっとした。ありがたいことに、まだインプラントの必要な歯はない。

前々から指摘されていた奥歯の詰めものについては、別のドクターFに診てもらうようにとのことだった。ドクターCは歯周病の専門医なので、そういうことは近所のドクターFに回す。

あの詰めものは日本で30年も前に入れたものだ。今まで持ちこたえたのが不思議なくらいである。

次のクリーニングは12月末になる計算だったが、1月にしてもらった。ホリデーにどこへ行くという予定もないが、夫の歯科保険は年2回のクリーニングしかカバーしてくれないので、先延ばしした。

夫の会社の健康保険は、毎年1月1日から12月31日までの期間で適用される。

毎年秋に翌年の保険を登録するのだが、今度はどうなるのか。

夫はいまだに休職中で、給料は半分になったが、健康保険はそのまま使えている。でも、長期療養期間はたぶん2年間なので、来年の3月か4月には終わる。そうなると、保険も変わる。

その時点で、夫が復職するのか、あるいは復職するふりで規定の1ヶ月間は会社に行き、やっぱり仕事がないからと退職するのか。これまでアドバイザーとしてちょくちょく手助けしていただけのG氏のスタートアップに本格的に参加するのか。そうすると、夫は単身赴任するのか。

これから半年くらいの間にいろんなことが変わりそうで、私は不安になる。


          *


タグセールの前にほこりで喘息まがいの咳が止まらなくなり、主治医に診てもらった。そのフォローアップが来月ある。それとは別に、健康診断の時期でもある。

もうすぐ婦人科検診もマモグラフィーも眼科医の検診もある。歯の詰め物も見てもらわねばならない。テニスひじについても専門医に行くように主治医から指示された。もしかしたら、リハビリが必要かもしれないと言う。

毎年、10月11月はこうやって医者通いが増える。

特に今年は確実に保険のあるうちに済ませないと、年明けに万が一保険が切れたら大変な出費になるので、先日まとめて年内の予約を入れた。

アメリカの医療保険改革は結局どうなったんだろう。

仮に夫が失職したとして、18ヶ月は Cobra が適用されるはずだが、保険料は全額負担になる。これまでは会社が半分以上出してくれていた。解雇かレイオフが条件ならば、夫はやはりいったん復職して、レイオフの通知を待つしかないのか。

G氏の会社は始まったばかりで人数も少なく、健康保険はない。みんな個人で入っているらしい。

大病をすれば、ちょっとばかりの貯金はすぐなくなる。心身ともに健康であるだけでどれだけ経済的に安心できるか。

夫の躁うつ病治療は止められないが、私の抗うつ剤はどうする? 20ミリグラムの錠剤を半分ずつ服用すれば、2倍長くもつ。しかし、それでうつがひどくなったら元も子もないと迷う。


          *


久しぶりに3時間の外出をしたと書いたら、「まるで囚人」というコメントが届いた。

それが普通の感覚かもしれないが、私は別に夫に外出を禁じられているのではない。買い物だって夫にお伺いを立てることもなく、勝手にしている。

ただ出かけたくないだけである。引きこもりではなくて(状況は似ているかもしれない)、単にめんどくさい。

だから、アメリカに20年以上住んでも行動範囲は非常に狭い。NYに来たばかりの駐在員の奥さんたちのほうがよっぽどあちこち出歩いている。

私は働いてもいないし、友だちもいない。知り合いはいるが、つるんで出かける相手ではない。

出かけるのが好きな人たちから見たら、ありえない生活かもしれない。

でも、私はアメリカに来る前からずっとそうだった。子どものころからそうだったので、こうやって見聞を広めないまま、一生を終えると思う。

それで悲しいとか困るとかいうことはない。


<今日の英語>

We'll see.
そのうちわかるでしょう。


歯科医院でかかっていたラジオ番組で、一帯に竜巻警報が出ているというニュースが流れた。竜巻がほとんど起こらない地域なので、歯科衛生士のお姉さんは「まあ驚いた。でも、どうかしらね。」といぶかった。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  医療  |  コメント(9)

Comment

でかけるのが面倒とか、でもそれでいいのとか、不特定多数の人の人が見ているブログに定期的に書きたくなってしまう心が悲しくないですか?komatta3の心がかわいそうですよ。そんな気持ちが沸いたら、流してあげてください。反復ばかりしてたらそれこそ心がまいってしまいます。

いいんですよ、出かけるのが好きでも、そうでなくても。出かけない生活、決してありえなくないですよ。「ありえない!」って言っている人のほうがありえないですから。家にこもっているのが好きな人、たくさんいますよ。私もです。

出かけないことを肯定する理由を頭でグルグル考えなくてもいいんですよ。
朝のコーヒーが美味しいなぁ~♪今日の夕飯はおいしくできたな~♪リビングの入る太陽の光がうれしいな~♪
って思いましょうよ!ネガティブな思考は追い出ましょ!

ポジ子 |  2010.09.30(木) 02:13 | URL |  【編集】

kometto3の生活を「まるで囚人」と思う人がいるのかとびっくり。
私にとってはまったく真逆の「自由な生活」だと思っていたから。
きっとkometto3は心の底の部分をブログに書き込んでいるだけで、
実際には普通の女性なんだと思っています。
ひまわり |  2010.09.30(木) 08:44 | URL |  【編集】

ご主人とのことを除いた他のブログの内容を読むかぎり、あちこち出歩いているナイーブな在米日本人より、Komatta3さんの方がずっと見聞が広いと思います。ネガティブ思考、大いに結構!あなたらしく今後もこのブログを楽しみにしています。
latte |  2010.09.30(木) 08:56 | URL |  【編集】

こんにちは。
今日の英語We'll see.は大好きなフレーズです。

渡米したての頃、いろんなことに心配する私に周りの人がそう言ってくれました。
何も今すぐ心配しなくてもいいんだ、様子を見てゆっくり考えればいいんだと、
言われるたびにとても安心しました。

私にはお守りのような言葉です。
mag |  2010.09.30(木) 09:16 | URL |  【編集】

囚人みたい、やネガティブな思考だ、なんて思う人がいるのに驚きました。
いろいろな感じ方があるんだなぁ
と思いました。
私はあなたの考え方、ものの見方や文章が大好きで癒やされています
批判する人や見方しながらも否定する人にはなれません
ゲスト |  2010.10.01(金) 03:11 | URL |  【編集】

ネガティブ思考は、考え方の癖です。自分の意思で考えるまえに、脳が勝手に多くのことを「嫌なこと」と判断してしまって、それこそ、鬱の悪化を手助けしてしまうと思います。

内向的であることを、家族や親戚に否定されてきたと書いてあるので、ご自身でも、出かけない自分はよくないんだ。と心の底で思っているのではないでしょうか。セルフエスティームが低い、とも書かれていましたし。文面からもそう感じます。

「私は(出かけなくても、友達がいなくても)それでもいい」
と自分を気持ち肯定してあげるのはいいと思います。
肯定したあとは、今度は否定、肯定の評価をやめてあげましょうよ。ご自身のために。kometto3の周りに、外出嫌いであることを責める人はいないのでしょう?ブログに書いて、「囚人みたい」なんてわざわざ言われることないですよ。
せっかくの楽しみであるブログを通じて、ネガティブ思考が連鎖して自分に返ってきてしまっているのだと思います。

そんなお母さんに、子供たちもとても気を遣っていると思いますよ。
ポジ子 |  2010.10.01(金) 05:24 | URL |  【編集】

ポジ子さんの言ってる意味が全くわからない。

悲しくないですか?
の問いかけは何故だか上から目線…


ネガティブ思考は癖だとか決めつける思考も

??

ポジ子さんの癖なのかな?

なんかkometto3の事全然わかってない気がして

イラッとして
思わずコメント残しました。

ゲスト |  2010.10.02(土) 00:26 | URL |  【編集】

わたしも同じです。

(ブログ記事より)
「出かけるのが面倒くさい。友達もいない、知り合いはいるがつるんででかける程の仲でもない。
そしてそれを悲しいとか困ったとも思わない。そしてこの生活を続けるのだろう。」

↑表現するのが下手な気持ちをそのまま代弁してもらったかのようです。

人それぞれライフスタイルがあり、スタンスも違う。なのに自分とスタイルが違っているというだけでやれ囚人だの、変わっているだの可哀想だのと言う人がいる。
社交的で友人も多い知人がいて、家にずっといて友達もすすんで作らない私を彼女は
「えー、そんな生活でおもしろい?信じられなーい!」とたてはやす。
(これは後で彼女の話題のエサになる)

家にいるのが好き。ひとりの時間が何より好き。外に出て人と接するのが大好きな社交家の知人とは対極の存在。

表立ってワクワクとは見えないけれど、それが一番幸せな時間なのです。

自分の気持ちばかり書いてごめんなさい。色々と気持ちをかき乱されることが続いていらっしゃるようですが、心が平たく穏やかになる時も沢山訪れますように・・。

We'll see.
この言葉、私も好きです。なんとかなるっしょ、と言われて肩の重荷が軽くなるというか。
Play by the year.
似たような感じでこのフレーズも好きでよく使います。
キチキチと型にはめてしまわなくて気持ちが楽になります。
m |  2010.10.02(土) 01:03 | URL |  【編集】

ポジ子さんのコメント、私は上から目線だとは思わなかったですよ。


Kometto3を励ましてらっしゃる感じで、悪気はないんじゃないかと…


人によって、感じ方は様々ですね。
マイ |  2010.10.02(土) 12:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/631-1366f716

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。