スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

なぜ私を苦しめる?

2010.09.16 (木)



メアリに救世軍の担当者の連絡先を聞いたが、返事がない。彼女はタグセールに参加する12軒とやり取りしているので、忘れられたかもしれない。

せっつくのも悪いと思って自分で調べてみたら、電話番号だけはわかった。

ともかく、あと3日しかないのだから、悠長なことは言っていられない。私が電話をかけ、相手が出たところで受話器を夫に渡した。メアリが話した人と同じかどうかはわからない。

夫は例によって話がくどい。

あちらも忙しいんだから、さっさと本題に入ってあげたらいいのに。傍で聞いていた私はいらいらした。「寄付する寛大な自分」に酔っているとしか思えない。担当者はそういう申し出を毎日受けていることが夫には見えないのか。

夫が一番の目玉と思い込んでいたNordicTrackは「エクササイズ・マシーンは受け付けていません。」の一言であっさり却下された。ほーら、ごらん。

夫はあきらめずに、私が売ろうと思っていた椅子や玩具やお鍋などを次々と挙げ、家電以外のものは寄付することになった。せっかく私がきれいにして、値段もつけたのに。寄付するならするで、なんでもっと前に動かない?

さらに洋服。私はもともと服は寄付しようと思って、これまでも大きな袋にまとめていたが、夫はもちろん知らない。担当者に「何が何袋あるのか。」と聞かれて、私の方を向く。

こういうことは計画的にやらなくてはいけないのに、夫は衝動的に動くから行きづまるのだ。今回に限ったことではない。

いらだつが、これで家の中のモノが少しは減ると思えば我慢できる。


           *


タグセールの残りものは、救世軍が週明けにご近所まとめて引き取りに来てくれることになっている。私は、夫の寄付したいものもついでに持っていってもらうつもりでいた。

ところが、夫は何を思ったか、担当者に勝手にうちだけの引き取りを頼んだ。

私が必死で食い止めようとしたのに、先方の言うまま、土曜日で決めてしまった。タグセールの初日である。うちはもちろん、お隣もお向かいも売るための品物を並べているのに、夫は寄付するものを道路わきに出すというのだ。

夫が電話を切ってから、口論になった。

「せっかくメアリがまとめてくれてるのに、どうしてそういう勝手なことをするのよ!」

「メアリや他の家がどうしようと、関係ないね。売れ残ったものじゃなくて、売る前に寄付したいんだから。それに日にちは向こうが決めたんだ。」

「だから、寄付するのはかまわないと言ったでしょ。取りよけておけばいいだけじゃない。どうしてタグセールの後じゃいけないの?」

なんでこんなややこしいことをしてくれるんだろう。私は涙が出てきた。

夫は私がなぜそんなに怒っているのかわからないと言う。

私は口論で疲れ果てた。10年、20年もモノを手放さなかった夫は、捨てるときも私を困らせるのか。

ともかくメアリに連絡しておかねばならない。ふだんそんなに行き来のないお隣さんに、身内のいざこざみたいな話をしたくはないが、しょうがない。

彼女はすぐに返事をくれた。

「心配しないで大丈夫。あなたとご主人のいいようにやってください。ご近所でも気にする人はいないと思うけど。タグセールが終わってからの引き取りについては、あなたもまだリストに入れてあるけど、それでいいかしら。返事がなければ、そのままにしておきます。私でお役に立てるなら、いつでも電話ください。」

本当はあきれているのもしれないが、優しい言葉をかけられて少しほっとした。


            *


夫にはもう勝手にさせよう。

「メアリが、お好きなようにどうぞ、ですって。寄付するものはもちろんあなたがやってください。」と冷たく言い放っておいた。

夫は「きみにかなりの distress(苦悩、嘆き)を与えてしまったみたいだな。ごめん。」と謝った。

謝るくらいなら、どうして最初から止めないのよ。

長い間泣くようなけんかはしていなかった。でも、こういうことがあると、ずっと以前に苦しめられたことを思い出す。完全に忘れたわけではないのだ。

今朝、夫は携帯を充電していた。台所にあるので、着信を知らせるメロディが何度も聞こえた。合計で6件。たぶんルーマニアからのテキストメッセージだ。見ようと思えばできたが、私が開くと未読でなくなってしまうので、やめた。

午後、カウンセリングに出かけるときに携帯を持って行ったようだ。そして、寄付をめぐる口論の直後に、玄関のドアを開けて外に出て行く気配がした。きっとまた着信があったのだろう。

昨日は昨日で、クレジットカードの会社から「リスキーなチャージ」の疑いがあるという電話がかかってきた。74ドルくらいのチャージが3日おきくらいに出ていた。支払い先はどうもアダルトサイトらしい。

夫はいったい何をしているんだろう。

アレルギー反応で咳がなかなか止まらず、体力を消耗したような気がする。睡眠不足にもなっている。道路に出した看板が思ったより目立たなくて、がっかりした。1枚だけ作り直したので、明日もう一度出かけなくてはならない。

初めてのタグセールでわからないことだらけ。緊張しているところへ、夫の横槍が最大のストレスになっている。

夫は子どもたちを動員して、仕分け作業をしている。私は何も言わないし、手伝わない。




クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |   |  コメント(5)

Comment

体休めて下さい。寝不足は辛いでしょう。ご主人が毎日家にいるのもストレスですね
ゲスト |  2010.09.16(木) 11:39 | URL |  【編集】

タグセールの準備大変そうですね。kometto3のお気持ちとても良く分かります。そんなに無駄なものを買っている訳でもないのに、ものってどんどんたまりますよね。

私もなかなか重い腰をあげられないタイプですが、思い立ったら結構思い切りよく処分できるタイプ。アメリカに住んでいた頃は、たまにお友達とガレージセールをしたり、慈善団体に寄付したりして何とかスペースに収まりきる量にしていました。ずっとアパート暮らしだったので、スペースはkometto3のお宅よりかなり小さかったと思うのですが。

我が家もどちらかと言うと夫はものを捨てないタイプ。
よく考えて買って、大事に長く使うタイプですが、それでもこれはもういいんじゃない?って言うものまでとっておきたがるので、たまに衝突していました。

ご主人様はなぜセールの前に寄付をされたいのでしょうね。セールで売ると言っても、びっくりする程お安いお値段で売るのだから、決して後ろめたい事ではないのに。それで残ったものを寄付するするんだって、誰かが自分に必要のないものを必要としてくれて、慈善団体にわずかでも貢献できるのなら、決して順序として間違っているとは思えないです。

ご近所と協力してセールや寄付を一緒にしようとしているときに,このタイミングでなぜ?と思ってしまうkometto3さんのお気持ちお察しします。

気にしないと言って下さっているアメリカンのご近所さんは多分本当に気にされていないかもしれないけど、それでも気に病んでしまうのが我々日本人なのかもしれない。もし同じ事が日本の町内会で起きていたら、絶対後ろ指指されそうな事ですものね。

でも、あまり気に病まないで下さいね。セールの準備や片付けだけでも相当の重労働でしょうから。
M |  2010.09.16(木) 18:52 | URL |  【編集】

心中お察しします・・・

もうすぐ終わりますから週末だけ何とか乗り切ってください!!

うちの旦那もすごくくどくて相手のことを気にしない話し方をするのでBあや自身もいらいらしますが、他人との会話にまでヤキモキしてしまいます。
先日もちょっとしたクレームの電話をかけなくちゃいけないことがあって、ちょっとややこしい内容になりそうだったので旦那に電話をかけてもらったんですが・・・英語が出来さえすれば自分でかけてさっさと片付けられるのに・・・とまたちょっと落ち込んでしまいました←じゃあ勉強しろよ!って話なんですが。あははははは!

それにしてもタグセールの初日に引き取らせるって、ほんとにkomatta3に意地悪しようとしているとしか思えないですね・・・。うちもよく同じ様なことしたり言ったりする人なので、気持ちよくわかります。

とにかくもうちょっと!!
埃アレルギーもお大事に。アレルギーや喘息は夜にひどくなるのが一般的です。タグセールが終わったら昼間ゆっくりして体力を戻してくださいね~!応援(?)しています!
Bあや |  2010.09.16(木) 19:43 | URL |  【編集】

男の人は、自分史主導で事をはこびたいだけ。お宅の旦那のことはよくわかる。

はじめの一歩は自分で踏み出さないが、その後自分が引き継いで、あたかもすべて自分がしたことにしたい。

意地悪したいと思っているわけではなく、ただ単に、情けない人。
Piko |  2010.09.17(金) 04:07 | URL |  【編集】

Pikoさんて何様?

>お宅の旦那のことはよくわかる。

どうしてこういう風に言い切れるのでしょうか?

>ただ単に、情けない人。

Kometto3がダンナさまのことを愚痴っても、他人にこんな言い方されてれば不愉快になるはず。
あ、それが狙いですか? 

意地悪なコメントは止めましょう!
ブログ・パトローラー |  2010.09.20(月) 01:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/623-f3001b0d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。