スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

無駄な抵抗をする夫

2010.09.09 (木)



タグセールまであと10日足らず。

私を誘ってくれたメアリからその後音沙汰がないので、メールしてみた。

でも、問い合わせだけでは気が引ける。屋根修理業者が置いていった広告のサイン(芝生に立てられる看板)がガレージにあったので、それでタグセール用の看板を1つ作ることを申し出た。私にもメリットのあるイベントだから、何らかの貢献をしないと居心地が悪い。

私はこの近所で唯一の外国人だけれど、それは言い訳にならない。

仕切り屋揃いのご近所さんたちはたぶん見逃してくれるだろうが、少なくともあと5年はこの家に住むのである。「みんなのためには何もしなくて、おいしいところだけ取っていく利己的な日本人」と思われたら暮らしにくい。

うちの前のYレーンでは7軒、交差するXロードでは4軒が参加する。

ここは Subdivision と呼ばれる新興住宅地で、その中の道路はXとYの2本しかない。しかも、Yレーンは行き止まり。こういう催しには最適だ。でも、各戸の敷地が広いので、公道からまずXロードに入って、そっちのタグセールを見て、それからYレーンに来るころには疲れてしまうかもしれない(私はものぐさな自分を基準に考える)。

たぶん車を何度か移動させながら、見て回るのだろう。車を道路わきに止めても支障がないくらい、道路の幅は十分に広く、住民の交通量も少ないからできることだ。一般道路沿いに住んでいたら、こうはいかない。

田舎なので、新興住宅地は限られる。Yロードの名前を出すと、たいてい「ああ、あそこね。」とわかってもらえるくらい知られている。

地元の情報誌や Craig's List にも広告を出すし、ご近所さんはみんな交友関係が広そうだ。人出は期待できる。

あとは当日の天気しだい。


         *


開催時間は、朝9時から夕方4時までと決めたらしい。

お任せしたのだから文句は言えないが、9時は早い。たぶん5時起きしないと間に合わない。

メアリは彼女が作ったフライヤー(ちらし広告)のPDFファイルを添付してくれた。さすがに発起人だけあって、なかなかいい。これをスーパーの掲示板に張ってもらったり、知り合いに配ったりして、PRするのだ。

お礼のメールとともに、私の看板アイディアをワードで作って添付した。

情報誌への掲載は38ドルだったそうだ。

毎週各戸へ無料で郵送される冊子で、ウェブサイトにも載せてくれるし、地元のイベントを広く知らせるにはこれが一番だが、それにしても高い。どうりで大勢でやって費用を分割したいわけだ。

だんだんめんどくさくなってきたが、台所や地下室では明らかに空きスペースが増えている。そのぶん、リビングやダイニング、玄関ホールまでモノがあふれ始めた。これでもまだ全部ではない。

いったい家の中にはどれくらいモノがあるのか、考えると恐ろしくなる。


           *


「きみがやりたいなら。」とタグセールに賛成した夫。

台所のキャビネに山ほどあるマグカップを示して、これを売ったらいいと提案しながら、いざ次男がマグカップを取り出してカウンターに並べ始めると、口も手も出し始めた。

ちょっと待て。これはだめだ。これはすごくいい色じゃないか。このデザインも気に入ってるんだ。これも捨てられない。」と横から取りよけようとする。

ここで引き下がっては、また5年も10年もしまいっぱなしになる。これはあれと同じだとか、これはヒビが入っているとか、私は適当に理由を見つけ、

「この家に何人が住んでると思うのよ。何十個もマグカップを持っててどうするの。お墓には持っていけないじゃない。」と反論した。

ええっ、どうしてぼくがマグカップをお墓に持っていくつもりなのを知ってたんだ?!」とふざけて、私の神経を逆撫でする。

夫は次男に向かって、「ぼくが死んだら、マグカップと一緒に焼いてくれ。特にこのいい色のは忘れずに棺おけに入れるんだぞ。」と続けた。

火葬場の温度は何度だろう。マグカップは溶けるのか、粉々になるのか、そのまま残るのか。だいたい普通サイズの棺おけじゃ、こんなにたくさんのマグカップは収まりきらない。

15年以上動かさなかったマグカップである。私は夫がいない間に、少しずつダンボールに入れて、夫のがらくたコレクションには10個くらい残してやった。

どうせこの家を売るまで二度と見やしないのだ。


           *


タグセールのコツをまとめたサイトで、値段付けの研究をした。

無料!ご自由にお持ち帰りください。」という箱を用意するのもいいと書いてあった。どこの人間も「タダ」という言葉には弱い。

儲けようと思って高めに設定し、結局ほとんど売れずにまた家の中に運び込まねばならなかった失敗例が少なくないらしい。

うちは近所との競合もあるのだから、格安にしよう。ほとんど1ドル以下。

計算が簡単なように25セント単位にする。「この箱にあるものは1つ50セント」という表示を張るよりも、1つずつに値段をつけたほうが売れるらしい。

これは大変な作業だ。マスキングテープを切ってみたが、時間がかかりすぎる。色つきのステッカーを1ドルショップで買うことにする。

子どもの自転車は、ほとんど乗らないまま、体が大きくなってしまった。3ドル? きれいに磨くのもめんどくさいから、2ドルでいいか。


       *


夫の NordickTrack cross-country ski machine.

「5ドルにしようと思うんだけど。」と夫に言ったら、即座に "No!" が返ってきた。

「だって、あれはもうすごく古いモデルなのよ。折りたためないし、電子パネルもついてないし。第一だれも使ってないじゃない。もう20年も置いてあるだけでしょ。」と説得してみた。

「いや、折りたためる。それに、ぼくは何度か使ったし、20年っていうことはないだろう。だいいち800ドルもしたんだよ。」と引き下がらない夫。

何度かって、3回くらいでしょ。800ドルも出したのは誰よ。

「じゃあ、17年。この家に引っ越す前に買ったじゃない。それに、地元の新聞では10ドルで売りますの広告が出てたけど、誰も買わないから何度も載ってたし、うちには elliptical trainer があるじゃない。この間、子どもたちが組み立てて、毎日誰か使ってるんだから、あれがあればいいでしょ。」

「でも、10ドルっていうことはないだろう。eBay ではいくらなんだ。」

私のパソコンで見たら、山ほど出てきた。なるほど300ドルや200ドルのものもあるが、ほら、うちとそっくりの古いのは19ドルじゃないの。あんなに大きいもの、捨てるに捨てられないし、業者に引き取ってもらうのに10ドルはかかる。

夫はちょっと考えさせてくれと言う。私は10ドルの値札をつけて、だめなら5ドルに下げようと決めた。

だいたい初日に売れ残ったものは、翌日すべて25セントで売るつもりなのだ。

元値800ドルのほとんど未使用の運動器具が25セントか。だから、買うなと言ったのに。

【関連記事】
タグ・セールへのお誘い 2010.08.23
21年間で溜め込んだモノ 2010.09.04



<今日の英語>

She's got good athletic genes.
彼女はすぐれた運動神経の遺伝子を受け継いでいる。


USオープンテニスで勝ち進んでいるキャロライン・ウォズニアキを評した解説者の一言。彼女の父親はプロのサッカー選手、母親はバレーボール選手だったそうだ。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |   |  コメント(5)

Comment

アメリカって死んだら焼くの!?
そのままだと思っていたのは私だけ!?
えぇぇぇ~!
りんご |  2010.09.10(金) 00:33 | URL |  【編集】

なかなか

ご主人、なかなか面白いところもあるのですね。マグカップと棺おけのくだり、くすりと笑ってしまいました。ちょっとくどいかもしれないけど、、。
私もご近所ではたった一人のASIANで、かなり浮いた存在です。家の中には不要なものがたくさんで、タグセールもしてみたいのですが、なかなか雄輝が湧きません。
JIJI |  2010.09.10(金) 01:00 | URL |  【編集】

kometto3頑張って~!
ひまわり |  2010.09.10(金) 08:43 | URL |  【編集】

あははははは!!

>「ええっ、どうしてぼくがマグカップをお墓に持っていくつもりなのを知ってたんだ?!」とふざけて、私の神経を逆撫でする。
うわー、これわかります!!
うちのもいちいちくどくて、しょーもないことで悦に入ってしつこく言い続けたりするので、お気持ちよーーーくわかります!!

でも、そんなに安いんだったらほんとに買いに行きたいぐらいです~~~!!
たくさん売れますように!
Bあや |  2010.09.12(日) 02:11 | URL |  【編集】

最近、読みづらく細々した文章なのでもうちょっと頭に入ってくる構成にしていただければと思います。私としてはあなたの書き連ねた日記が毎日の楽しみの一つなのです。いままで長いことあなたの日常について楽しんできましたが、最近の傾向として、あなたの文章はわかりやすく、ストーリー性にかけている気がしてなりません。虚無感すら感じるのです。
大変手前勝手な意見で申し訳ありませんが、あなたの一ファンとしての意見です。宜しくご査収のほどおねがいします。
まい |  2010.09.19(日) 22:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/617-b79e4a4b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。