スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

紛れもなく更年期

2010.08.25 (水)



去年の10月に五十肩らしき症状が出て、「ついに更年期本番?」という記事を書いた。

もう疑問符はつけない。

ここ2~3週間で自分が更年期の真っ只中ということはごまかしようがなくなった

生理の周期は、去年から不規則になって、多かったり少なかったり、長かったり短かったり、いろんな意味で予測できなくなっていた。テニスひじは更年期と関係ないと思うが、疲れやすくてだるい。主婦なので昼寝という贅沢ができるのに、それでも寝足りない気がする。

腰痛は前からあったが、特にひどくなったわけでもない。頭痛はもともとそんなにないし、アスピリンを飲めば直る。

更年期本番というにはたいしたことないなと思っていた。

そこへ顔を出したのが「ほてり」である

10年ほど前、卵巣に cyst(嚢胞)ができて、右の卵巣を摘出した。手術後の治療の一環として、人工的に更年期症状を引き起こす薬を飲んだので、ほてりは経験済みだった。

真冬でもタンクトップで、「ねえ、暑くない?」と夫や子どもにしょっちゅう聞いたものだ。

でも、短期間だったし、まだ40にもなっていなかったので、ピンと来なかった。ほてりの感覚もすっかり忘れていた。


         *


今回のほてりは、まず顔だけがカーッと熱くなる。そして上半身から体全体に広がる。

家の中はエアコンが効いているのに、脱げるだけ脱ぎたくなる。そして、やっぱり子どもたちに「なんか暑くない?」と聞く。もちろん暑いのは私だけ。

フーフー言っていると、そのうちサーッと暑さが消える。1日中ほてっているのではないのだ。そうすると、エアコンの寒さに気づく。着たり脱いだり忙しい。

ほてりは、英語で hot flashes と言うのだが、なるほどフラッシュとは言い得ている。

更年期は人によって症状が違うらしい。この程度のほてりなら、まだ軽いほうなのかもしれない。

こうやって、体がシャットダウンしていくんだなと思う。体のあちこちで「この部屋はもう使いません。」とでもいうように、ドアが閉まり、鍵がかかっていくような感じがする。


         *


ほてり以外に顕著な症状は、物忘れ。

冷蔵庫や戸棚を開けて、あるいは地下室へ降りて行って、何をするつもりだったか思い出せない。そういうことが確実に増えている。

もともと記憶力はよくなかったが、更年期の物忘れはそういう能力とは関係ないように思える。

頭の中の引き出しがスムーズに開かないのだ。何かはわかっているのに言葉が出ない。だから、こそあど言葉のオンパレードになる。

お母さん、この頃おばあちゃんみたいだよ。」と子どもたちに言われる。本当にそうなのだ。

日本語でこの有り様だから、英語でも同じ。たぶんもっとひどい。

日本語なら、「ほら、あれ、さっきこうしたやつ、あれ何だっけ?」と子どもに聞けるところが、夫に対してはそれを英語でやらねばならない。

もうまどろっこしいこと、この上ない。

私より10歳年上の夫は、もっと老化が進んでいる。しかし、長年いっしょに生活すれば、お互いに勘でわかることも多い。

"Would you hand me that?" とか "Would you bring me..uh..." とか単語が出なくても、「はいはい、あれね。」と予想がつく。あるいは、夫が私を呼んだだけで、わかるときもある。

私はそうやって夫の言いたいことを先取りできる(こともある)のだが、夫はどうなのだろう。私は夫に日常の細かいことは頼まないので、よくわからない。


         *


ほてりの症状は女性の75%が経験し、1年以上続く人が多いという。半数近くは 5年以上続くという説明もあった。

5年も着たり脱いだりするのかと思うが、案外あっという間かもしれない。

月日の過ぎるのがこの頃とても早い。


<今日の英語>

They are all taken.
全部ふさがってますよ。


レストランの化粧室に入ったら、3つある個室トイレのドアが全部閉まっていた。でも、ここは誰かが使っていてもいなくても、いつもドアが閉じた状態になる。
物音がしなくて人影がなさそうなドアをノックしようとしたら、手を洗っていた人に言われた一言。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  わたし  |  コメント(1)

Comment

紛れもなく更年期

更年期の一つの症状として
自分の夫がどうしようもなく 嫌いになるのがあります。
傍に居るだけで うるさい。 考えるだけで毛嫌い。 それでいて、相手のすることが気になってしょうがない。
まさに アナタの毎日に当てはまりますね。 
愛の覚めた旦那様の部屋のドアの外で電話の会話を聴いている、携帯の記録を見る。ブログの生活を読んで、薄気味悪さを感じてましたが、更年期だとすればそれも一つの症状でしょう。 嫌いだけど 気になる。 ただ男性にも更年期があります。これは結構心の中に篭るようです。そして 本人に自覚症状がないことです。 ですから 中年離婚があるのでしょう。
ホット フラッシュは 今に鏡で見ると、本当に頭から湯気が出るのが見えることがあります。
わたしも通りました。 一時期は本当に亭主をぶっ殺してやろうかと思いました。
革袋の一滴 |  2010.08.26(木) 05:58 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/606-ffc4896f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。