スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

夫の相談相手?

2010.08.17 (火)



夕食ができたが、夫は自室から出てこない。

夫は食事より他のことを優先する人間なので、食事で邪魔されるのを嫌う。だから、その日によって呼びに行ったり行かなかったりする。今日は子どもたちと私だけで済ませた。

でも、これ以上置いては冷めてしまうし、かたづかない。私は2階へ上がって行き、夫の部屋のドアの前に立った。

睡眠時間が不規則な夫は、いつ寝ているかわからない。下手にノックして起こすときに限って、やっと寝付いたばかりだったりする。また、G氏と話をしているときは、よっぽど急ぎの用事でもない限り、ノックしないことになっている。

ドアに鍵がかかっているので、そっと開けることもできない。ドアに耳を当て、キーボードをたたく音や話し声、椅子のきしむ音、いびきなどで判断するのだ

「彼女にはオーストラリア人のボーイフレンドがいたらしい。それっきり連絡はないな。」

誰のこと? ルーマニア女?

夫は声をひそめているのでもなく、普通に話している。きっと私たちが階下にいると思っているんだろう。

パソコンに悪態をつき、Fワードを挟みながら、誰かと話している。

G氏とはかなりフランクに話し、議論の最中は汚い言葉で大声でまくしたてる。でも、これはビジネスの話ではない。

夫はG氏のスタートアップにアドバイスしたり、資料を集めたりするだけで、正式に雇われてはいないが、将来のビジネスパートナーになる可能性のある人にそんな話をするだろうか。

ぼくの妻がERに付き添ったことがあっただろう?」と夫。

そこまでプライベートな事情を知っている相手は、やはりG氏か。オンラインで知り合ったというミシガンあたりのジョンという男もそうかもしれない。あるいは、先週久しぶりに電話のあった、昔いっしょに仕事をしたことのあるカリフォルニアのスティーブか。

「ERから戻ったときに、彼女はこれまで一度も言ったことがないことを口にしたんだ。まあ、そのERでの心理学者というのが有能だったんだな。短い時間で、ぼくからいろんな情報を引き出したわけだ。セックスレスの話になった。彼女はそこで初めて罪悪感を持ったらしい。あなたがそんなにしたいなら、セックスしてもいいと言ってきた。でも、その時点では、もうぼくはセックスしたくなくなっていたというわけだよ。」

夫は相手に呼びかけないので、誰かわからない。

でも、こんな話をすることのできる相手がいることはわかった

もう少し立ち聞きするつもりだったが、エアコンが動き出し、頭上の通風孔から大きな音がして、ドアの向こうの会話はほとんど聞き取れなくなった。


         *


しばらくして夫がやってきて、パソコンのデータを消してしまって、やり直していたと言った。

「バックアップしたほうがいいんじゃない。」と私。

「バックアップはいつもしてるよ。ほんとに使いにくいプログラムだ。」

「子どもたちと私はもう夕食を食べたんだけど。あなたのはテーブルに置いてあるから。」

「今から食べるよ。」と夫は台所へ下りていき、リビングルームでゲームをしていた子どもたちに機嫌よく話しかけ、夏休みの社会科の課題であった博物館にいつ行くか、そこでどういう調べ物をするかを相談する声が聞えた。

そして、テレビをつけて、3人でゲラゲラ笑っていた。

私はドアを閉めて、さっき立ち聞きした夫の会話を思い起こした。

確かに私はER騒ぎのあとで、夫がかなり前に買ってきた女性用ジェルを使ってみたこと、効果があると思われること、夫がセックスしたいなら試してもいいことをメールした。

夫は、私の申し出を受けると言い、今日が明日になり、別に今すぐでなくてもということになり、そのままになっていた。

躁鬱病の治療で夫は複数の薬を処方されている。50代後半という年もあって、私は夫が不能になったのかと思った。

本当のところはわからない。

しかし、夫は私のせいで長い間セックスレスであり、今さら私を相手にしたくないということを誰かに言いたかったのだ。


          *


夫はもしかして私を拒否することで私を罰しているつもりなのだろうか

私はむしろ安堵していたのに。下半身を貸すだけのセックスなら、どうってことないとも思っていたが、やりたくないのにお勤めだからと我慢してやるのは惨めなもんだ。

それにしても、一夫一婦制とか貞淑とか浮気とかポルノとか売春とかテクニックとか思いやりとかお金とか義務とかコントロールとか、どうして人間のセックスはこうややこしいんだろう。体の交わりそのものでなくて、セックスに付随するものがありすぎるのだ

他の動物みたいに、子孫を残すためにある時期だけ相手を選んで交配して平然としていられたら、セックスレスあるいは過剰要求といった性の不一致問題はなくなるだろうに。

ただし、それと引き換えに理性と知性を捨てるのは惜しいし、今さら類人猿に戻ることもできないのだから、つまらない妄想だ。

でも、セックスが元凶らしきトラブルを見聞きするにつけて、無心に眠りこけている猫に「あんたたちは単純でいいねえ。」と言いたくなる。


<今日の英語>

Tap water will be fine, thanks.
お水でいいです。


ある女性ジャーナリストがレストランで雑誌のインタビューを受けた。飲み物は何にするかとウェイターに聞かれたときの返事。レストランによっては、water を頼むとボトルに入ったミネラルウォーターを持ってこられるときがある。Tap water は水道水。これは無料。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |   |  コメント(2)

Comment

意外な展開でちょっとビックリです。
ゲスト |  2010.08.18(水) 12:02 | URL |  【編集】

私の想像は・・・・
相手の同情をかっているんじゃないかしら。

だから、相手は女性だと思うけど。

カウンセラーでもない人にこんな話するなんて、救いようがないね。
Piko |  2010.08.18(水) 16:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/600-6e02bbb6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。