スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

給料の振込み停止

2009.04.01 (水)


[アメリカ生活] ブログ村キーワード

銀行のウェブサイトで残高をチェックした。毎月2回、15日と31日に振り込まれていた給料が入金されていない。アメリカに来てから20年間、きちんきちんとあった振込みが初めて止まった。

1ヶ月前からわかっていたとはいえ、口座明細をぼんやりと長いこと眺めてしまう。

これからは毎月1回、20日ごろにまとめて2回分振り込まれることになっている。ただし、長期療養中は、夫の勤務先でなく保険会社からの「保険金」としての送金で、支給額は50%である。

4月1日の住宅ローン引き落としのために、当座預金からお金を動かしておいた。4月10日にはクレジットカードの支払いもある。こうやって貯金を崩していくしかないのだ。

節約しても、クレジットカードの残高は毎月2000ドルを超える。どこにも行かなくても、食べ物は買うし、トイレットペーパーや洗剤も必要だし、ケーブル代や電話代もある。ただ家でじっとしているだけでも、お金がかかるんだなあ、と思う。

*     *     *

夫と私は、「利用金額に応じて年間300ドルまでキャッシュバック」というカードを持っているので、なるべくカードで買うことにしている。そして、合計600ドルのリベートを受け取るだけのチャージをする。スーパーもガソリンスタンドも郵便局も子どもの習い事も病院の支払いも車のメンテナンスも暖房用のオイル代も、すべてクレジットカードで払う。

私は借金がきらいなので、毎月かかさずカードの残高全額を支払ってきた。車も現金か、ローンを組んでも1年以内に全額返済した。今あるのは、家のローンだけだ。だから、夫の給料がこれまでのように振り込まれなくても、貯金を回して、利用額全部を支払うつもりでいる。

ミニマム・ペイメント(毎月の最低支払額)だけでいいや、などと絶対に思ってはいけない。あっという間に利息で借入金が膨らむ。臆病者の私は借金が恐い。

外国人である私にとって、最後まで頼りになるのはお金である。

事務処理の苦手な夫に代わって、結婚当初からお金のことはすべて私がやってきた。税金の申告も、住宅ローンの借り換えも、小切手の注文も、投資も貯蓄も私の担当だった。私は経済を勉強したこともないし、エキスパートでもなんでもない。夫がやらないから、引き受けただけだ。

夫は、たまに、「いま、どれくらい現金がある?」とか「子どもの大学資金は、どれくらい貯まった?」と私に尋ねる。そして、私の報告をただ「ふーん。」と聞いている。

去年の秋に自社株をかなり売ったために、当面の生活費はあるけれど(こんなことなら、全部売ればよかったと思うが、あとの祭り)、これまでのように給料が振り込まれないという不安は大きい。

夫は、何をたくらんでるのか知らないが、「ぼくが家にいるこの機会に、きみは旅行にでも出かけたらどうかなあ。猫はぼくが世話するから。」などと私に言う。

若いときならば、「お金が心配で、それどころじゃないわよっ。だいたい私は出かけるのがきらいだって、知ってるでしょっ。」と一蹴したものだが、最近はいちおう夫の顔を立てて、「わかった。考えてみる。」としおらしく返事をする。争うエネルギーがもったいないではないか。

もちろん、考えたって答えは No. である。


<今日の英語>

You pick your battles
(戦う価値があって、しかも)勝ちたい・勝てると思う戦いだけを選ぶことね。


NYタイムズの記事より。自宅オフィスを夫婦で共有すると、夫と妻のどちらかが片付けないために、いざこざが起きやすい。たとえば夫が散らかし魔だとしても、妻が何もかもきちんとしろと夫に要求するのは無駄。それよりは、これとこれだけはやってほしいと頼むのが得策だという。

親子の関係でも、このフレーズはよく出てくる。子供がだら~んとしたズボンで学校に行こうとする。親はきちんとした格好をしてほしいと思う。でも、そこでガミガミ言ってはいけない。それよりは、もっと大事なこと(ドラッグに手を出さないとか、宿題をやるとか)で子どもに譲らないほうが大事だから、妥協も必要である。「なんでもかんでも戦いにしてはいけない」のだそうだ。うちの子がいうことを聞かなくて困るわ、とこぼすと、アメリカ人のお母さんからこう言われたものだ。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

 |  生活  |  コメント(2)

Comment

初めてコメントさせて頂きます。現在、台湾にて就職活動中です。ニュージーランド人の彼とお付き合いしております。私の彼も西洋人独特の考え方と言いますか、聞かなくても見れば分かるでしょ!!的なことが多々あり、過去のブログを見てあるある!と笑ってしまいました。また、今日の英語もとても為になります。今後も楽しみにしております。
noriko |  2009.04.01(水) 20:52 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

norikoさん、NZでもアメリカでも、西洋で生まれ育った人は日本人とはずれているみたいですね。20年いっしょに暮らしていてもそう思いますし、完全には慣れません。あちらからすれば、日本人がずれていると思うのでしょうけど。就職活動がうまく行くといいですね。
Komatta3 |  2009.04.01(水) 22:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/60-789818f1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。