スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

愚かな男がまた1人

2010.08.12 (木)



HPのCEOマーク・ハードが辞任に追いやられた。

早い話が女がらみのスキャンダルなのだが、昼メロだってもう少しうまく脚色するだろうというくらい、出来の悪い話である。

クビの理由は、出張接待費用の不正確な精算ということになっている。しかし、HPの契約業者がハードをセクハラで訴えたのが発端だった。

この女性ジョディ・フィッシャーは50歳のシングルマザー。

HPのためにマーケティング関連のイベントを企画し、重役クラスの接待をするのが仕事だった。どういうわけかハードに気に入られて、2人きりで10回近く食事に出かけたという。


        *


その辺で止めておけばいいのに、「どういうわけか」という事実がズルズル出てくる

フィッシャーは、ポルノまがいのB級映画に出ていた怪しげな経歴の元女優だった。HPは彼女と契約する前に身元調査をしなかったと見える。

セクハラ訴訟のために彼女が選んだ弁護士は、タイガー・ウッズやブリトニー・スピアズに雇われたこともある有名人。そのあたりからして、タブロイド誌に売り込みをしているようなものだ。

ハードはフィッシャーからの手紙をHPの取締役会に提出した。

HPは直ちに独自の調査を行い、セクハラの事実はなかったと判断した。そして、フィッシャーとハードは何らかの形で和解した。具体的な訴えの中身はわからずじまい。

でも、zero tolerance(いかなる違反も容赦しない)が建前のアメリカでは、いったんセクハラのケチがついたら、まあ終わりだ。

この元女優はそのへんのことがわかっていなかったようだ。

辞任に驚いた、悲しいなどととコメントしている。弁護士の差し金かもしれないが、そんな他人事みたいなことを言っている場合ではない。

また、「マークとは不倫をしていないし、親密な関係はありません。」と表明し、「彼のご家族とHPのご幸運をお祈りしております。」と間の抜けたメッセージを出している。

疫病神の彼女にそんなお祈りをしてもらって、どうする?


          *


HPの取締役員会は、ハードの経費精算も見直した。

すると、明らかにフィッシャーとの食事なのに、他の人の接待あるいは自分だけの食事であるかのように申請していたのが判明した。

忙しいCEOは当然アシスタントか秘書にそういう雑用を任せるのだが、せこい小細工をさせたものだ。

精算額は、それぞれ千ドルから2万ドルの間。

ハードの年俸は3千万ドル(25億円?)だった。千ドル程度の経費は、普通の人の10ドルくらいの感覚じゃないだろうか。どうしてわざわざ精算して墓穴を掘ったのか。自腹で払って、ペーパートレイルを残さないようにしようという知恵は働かないのかね。

うちみたいに奥さんが家計を管理しているとしても、あれだけの収入があれば、秘密口座の一つくらいどうにでもなりそうなのに。

それに、HPのCEOともなれば、もう少しまともな女が手に入っただろうに、どうしてこういう得体の知れないオツムの弱い女に手を出すのか

染めた金髪と豊胸手術とボトックスで若作りした、見るからに品のない女。

セクハラの手紙を受け取ったときのハードの驚愕が目に浮かぶようである。おそらく、その瞬間まで、軽い情事を上手に楽しんでいるつもりだったんだろう。


          *


フィッシャーはお金目当てのいわゆる Gold-digger なのだろうか。

証拠もないらしいセクハラの訴えで、いくらか和解金を受け取ったのかもしれないが、相手は大会社のCEOである。なんでそんなところで妥協するのだ

もっとうまく立ち回って、いくらでも貢がせればよかったのに。あるいは、離婚させて後妻に収まるべく画策するとか。

それなのに、あっさりクビにさせてしまうとは、なんともったいない

ハードは、経営者としては有能だったのである。

退職手当は推定3460万ドル(約30億円)。生活の心配はこれぽっちもない。でも、契約更新の交渉中だったので、もしクビにならなければ、向こう3年間で1億ドル(円に換算するのもあほらしい)の報酬になるはずだったのだ。

もっとも、彼もこれで引退する気はないらしく、パリス・ヒルトンのアドバイザーをしているイメージ・コンサルタントを雇って、名誉挽回のキャンペーンを始めるそうな。


        *


マーク・ハードの奥さんは沈黙を守っている。

彼女は夫とフィッシャーの関係に気がついていたのだろうか。

ある英語のサイトに、「奥さんは莫大な慰謝料が手に入るんだから、同情する価値なし。」という書きこみがあった。たまたま夫が有名だったために、世間に恥を晒されたという苦しみはあるだろうが、この程度の浮気で離婚するとは思えない

私の経験がそう言わせているのである。まあ、私の場合、若かったし、子どもたちが幼かったし、夫は超高給取りでもなかったから、条件が違いすぎるか。

ミセス・ハードは、わざわざマスコミの餌食になることはない。

尻拭いは夫本人にやらせておいて、奥さんは彼の稼いだお金で好きにやればいいのだ。

【関連記事】
なぜ男は情事を隠すのが下手なのか 2009.06.27
カップル社会と「浮気された妻」 2009.06.28
結婚40年目の破局 2010.06.02



<今日の英語>

I think I'd leave it at that.
もうそこまでにしておきます。


ミシェル・オバマが娘や友人たちとスペインで豪華な休暇を過ごした。警備などで大金がかかり、この不況下でなぜそんなことをやってるんだと非難を浴びた。ホワイトハウス報道官は「オバマ夫人は私人であって、この旅行は娘さんとの私的な旅行でした。この件については、もうそこまでということで。」と逃げた。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  社会  |  コメント(2)

Comment

在米

私も在米、アメリカ人と離婚しています。子なしなんで気楽にやっています。たったの10年でしたが今までに不幸な日本人妻を嫌というほど見てきました。幸せな人より多いと思います。
素敵なブログですね、ゆっくり読ませてもらいます。
chinsk |  2010.08.12(木) 16:19 | URL |  【編集】

育ちが悪いのか
地位を得て勘違いした男の典型ですかね。
ドラマMAD MENのDon Draperも仕事は有能だけれど、私生活は痛い。

男も女も色と欲に目が眩むと、同類同士
引き寄せられるんでしょうね。
マーサもケチ |  2010.08.14(土) 16:16 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/596-b909573a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。