スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

お金の不安

2010.07.12 (月)



保険の件がきっかけで、なんだかお金のことが気になってしょうがない。

夫の収入が半減して1年以上になり、お金が増えない生活にも慣れてはきた。

収入から家のローン(これには固定資産税のための積み立ても含まれる)を差し引くと、数字の上ではどうにかやっていけるように見えた。

でも、実際はオーブンレンジを買い換えたり、自動車の修理をしたり、キャンプ代を払ったりして、マイナスになってしまった。煙突設置に1万ドルを払った。これから屋根の修理でさらに5千ドルがかかる。

そういう予想外の出費のために非常用のお金を用意しておいたので、そこから出せばいいのだが、少しずつ残高が減っていくのは心細い


       *


なにか私でもできそうな仕事はないかと探してみる。

日本語が必要とされる仕事はこの近くにはない。騒音や人ごみに耐えられないくせに、「都会に住んでいたらなあ。」とこんなときだけ思う。

在宅ワーカーの募集にいくつか応募してみたが、それっきり。

私は年を取っただけで、特別な知識も技術も資格もないことを改めて知る。自分が悪い。しかも、テニスひじのおかげで、今はたとえば書類のファイリングやスーパーのレジすらできないのだ。

子どもが生まれるまでアメリカでしばらく事務をやっていたが、ほんの3~4年だった。もう16年前のことだ。すっかり置いてきぼりになった。

こんなに長い間、私は何をしていたんだろう

失業率9.5%のアメリカで、私の入り込む余地はない。

私の労働期間は短すぎて、社会保障年金のためのクレジットが足らない。だから、受給資格がない。

もし夫が死んだら、私は彼の半額だけ寡婦年金がもらえるはずである。ただし、その頃、市民権の有無が影響しないとも限らない。やっぱり早いところ市民になるべきか。

答えが出ないまま時間だけが過ぎていく。


       *


夫の休職期間をいつまで延ばせるのか、よくわからない。会社としても働かない人間にいつまでも給料を払うわけにいかないだろう。

最長26週間という数字をどこかで見た。だとすると、来年の3月。あと9ヶ月か。

夫はあれほど追い詰められた職場には戻りたくないらしい

夫の部署が縮小されてレイオフされた人が戻ったという話は聞かない。大きい会社なので、他の部署で何か見つかる可能性もゼロではないが、この不景気ではどこも厳しい。

会社の規定では、長期休職者は職場復帰してから30日間は社内でポジションを探す努力をし、それでも見つからない場合はレイオフの対象となる。夫は、「たぶん今戻っても、仕事は見つからないだろう。」と言い、むしろそれを望んでいるようだ。

夫が会社を休んでいる間に、私は改めて大きな会社の福利厚生のありがたさがわかった。

夫に元の職場に戻ってほしいのはやまやまだが、夫の気持ちを考えるととても口に出せない


         *


夫は私に Linkedin に登録しろと言う。仕事を探すなら、ネットワークしないとだめだ。

でも、私はそこに登録するほどの履歴もスキルもない。あれはプロフェッショナルのサイトだから私とはレベルが違うと言っても、夫はしつこい。

仕事を見つけたいんだろう?

夫は私に働いてもらいたいのだ。パニックアタックになる前にも、もし私が働いていて健康保険があれば、自分は仕事を辞めたいとときどきもらしていた。

私が何もできないでいるうちに、こんなことになってしまった。

出費を控えないと貯金が減るという話を、無収入の私からは持ち出しにくい。足らなければ、私が稼げばいいという話になるのだから。

夫からの登録依頼メールに答える形でサインアップしたら、夫は、私が日本でいっしょに働いたことのある人たちともリンクしていた。そんなことは今日初めて知った。中には、私が二度と関わりたくないアメリカ人と日本人がいる。

私は、名前とメールアドレスだけ記入した自分のプロフィールを密かに未公開にした。




クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  生活  |  コメント(4)

Comment

生活水準をスケールダウンすれば済む問題じゃないの?
生活費の内容をシッカリと仕分けすべきよね。needとwantの区別かしら?
yumiko |  2010.07.12(月) 04:42 | URL |  【編集】

もし本当にお金に困ったら、最後の手段としてテレホン・セッックス嬢という手もありますよ!!
これなら特別な知識や技術、資格もいらないのでお気楽ですよ。
大事なことは、電話の相手を興奮させる話術だけです。
Komatta3の文章を書く力からしたら、こんなことお茶のこ済々と思うのですが・・・。
yuko |  2010.07.12(月) 22:40 | URL |  【編集】

yukoさんへ

yukoさんのコメントはとても失礼だと思います。このようなコメントはするべきではないと思いますが。
白いねこ |  2010.07.12(月) 23:35 | URL |  【編集】

ご主人は家族の将来とか収入が少ないとか仕事をしていないとか、どう思っているのかしら?病気だから何もできないやごめんねってだけでしょうか?
今までのブログの内容だとご主人がすごく悪者にみえて、私はご主人の悪口をコメントしたくなるんですもの。
復帰する努力はしてくれているのかしら?鬱はがんばらないようにって言われるから、今はがんばらなくていい時期なのかな?コメットさんだって体調が悪いのに働いてほしいだなんて。勝手な話だわ。
りんご |  2010.07.13(火) 23:27 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/574-04d653b6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。