スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

スーパーへの買い出し

2009.03.29 (日)


[アメリカ生活] ブログ村キーワード

アメリカ人はガソリンを使いすぎだ!と各国から非難される。でも、ここで生活している私は、そもそも移動距離が違うことをどれくらいの人が理解しているのか疑問に思う。

たとえば、私の家から一番近いスーパーAまでは3.6マイル(5.8km)、車で10分かかる。とても歩ける距離ではない。「ちょっとそこまで夕食の材料を買いに~」ということができないのだ。その途中にあるのは小さいデリだけで、ミルクやパン、卵とミートボールくらいなら売っているが、そこだって歩いたら30分以上かかる。

私は出かけるのが嫌いだし、運転も苦手なのだが、スーパーAだけですべてを調達するのもいやだときている。

子どもと夫の好きなローストビーフとシリアルは、となり町のスーパーH (うちから5.5マイル = 9km、13分)で買う。冷凍肉や魚、ナッツ、バターなどは州境を超えてすぐのTrader Joe's (11マイル = 17km、17分)。オレンジジュース、スモークサーモン、チーズベーグルなどは、やはり隣の州のS店 (19マイル = 31km、27分)で買う。

Trader Joe's とS店に行くには、ハイウェイを飛ばさなくてはならない。しかも、H店とは逆方向。

そこで、毎週行くのはA店だけ(ここでは洗剤やペーパータオル、キャットフードも買う)で、近くに行く用事がなければ、H店とTJは隔週。S店は私の歯医者に近いので、3ヶ月に1回クリーニングに行くときに必ず寄ることにしている。それまでは、A店で手に入るもので我慢する。

これだけの距離を走り、私が2人乗れそうなカートを押して広い店内を一回りすると、クタクタになる。もっとも、こんな弱音をはいているのは私だけで、近所の奥さんたちや補習校で知り合った日本人のお母さんたちは、平気でこなしているように見える。

ちなみに、うちから日本食品店までは40マイル(65km)。補習校の帰りに寄るにしても、そこから10マイル(16km)離れていた。広いアメリカでは、これでも私はずいぶん恵まれているらしい。

*     *     *

オンラインで食料や日用品を注文すると、翌日配達してくれるというサービスがある。配達無料キャンペーンがあったときに試してみた。トマトやバナナなど、ごくまともだったが、たとえば私の好きな銘柄のSeltzer がない。当然ながら、そのスーパーにあるブランドで配達対象のものしか選べない。こまかいことを言う私には向かないと思った。

続き

しかも、一定以上の金額、つまり、ある程度の量を注文しなければならない。食べないうちに味が落ちたり、くさったりする。それに、配達料はタダでも、チップは必要なのだ。

自分で運転して、自分の足で商品を探し、自分の目で比べ、レジに並んでお金を払い、重いカートを押して車に戻り、トランクに積んで、また自分で運転して自宅に戻る。それをぜんぶ代行してくれると思えばいいのか。

猫トイレの砂や水のボトルなど、重たいものをたくさん頼めたし、野菜や乳製品などきちんと分けて袋詰めにしてあった。それなのに、どこか期待はずれだった。

アメリカにしてはちゃんとしたサービスだったのだろうが、私には物足りなかった。ひそかに、日本だったらもっとこうしてくれるだろうなあ(チップも要らないし)などと考えた。買い出しはメンドクサイけれど、私はそれから一度も配達サービスを利用していない。

次に日本食品店に行くのは、お米とみそがなくなり、お刺身が食べたくなったときである。


<今日の英語>

Do you need a hand?
手伝おうか。


夫は、私以上に買い物がきらい。特に食料品はだめなので、私が1人でほとんどやっている。ガレージに車を入れると、ときどきキッチンから顔を出した夫がこう言 う。私がノーといえば、すぐ引き下がる。手伝ってくれたらラクだけど、別に1人でも運べる。だから、めったに頼まない。

そもそも、だまって手を貸せないのだろうか。一応聞いてみて、 私がどう出るか、私の意見を尊重するということだろうか。以心伝心が期待できないとわかっているのに、「いちいち聞かないで、さっさと運びなさいよ!」と 心の中で思う。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

 |  生活  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/56-16c9423d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。