スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

兄猫 行方不明

2010.06.16 (水)



朝、ラジオの時計を見たら6時半だった。いつも猫に起こされる私としては、かなり遅い時間である。

妹猫が足元にやってきた。この子はよっぽどお腹がすいてない限り、私が起きるまで待つタイプなので、助かる。兄猫は書類をバサバサしたり、カーペットを引っかいたり、私をイラつかせて起こす天才なのだ。

その天才が今朝は来ない

どこかで外を眺めているのかもしれない。昨日は晩ご飯をあげるのが遅かったし、ドライフードも残っていたし、お腹はまだいいのかもしれない。

地下室へ行って、猫トイレを掃除して、台所へ戻ったが、兄猫は来ない。お腹がすいていなくても、私が台所に来たら必ず来るのに。

このへんから私は心配になったが、兄猫はとろいので、しょっちゅうクロゼットに閉じ込められたり、ガレージに置き去りにされたりする。ドアが開くと、のこのこ入り込んで、人間がドアを閉める前に出ないからそういうことになるのだ。

思い当たるドアを全部開けてみた。起きてきた子どもたちにも探してと頼んだ。

ダイニングルームの床に「落し物」があった。今朝は猫トイレがいつもより使用感があったから、トイレが気に入らなかったのかもしれない。こういうことをするのは、兄か妹か。でも、悪いことをしたと思って隠れるほど殊勝な猫ではない。


       *


妹猫が待っていたので、ドライフードを出し、「ごはーん!」と兄猫を呼んだ。

来ない。

猫好きの長男は、朝食も食べずに家中を探し始めた。どこにもいない。「ごはん」の言葉を聞いて現れないのはよっぽどのことだ。

「どこかで落ちて怪我したら、動けないんじゃない? オイルタンクの下とか。」と長男。

地下室のオイルタンクの上に小さい窓があって、兄猫はよくそこで外を眺める。1メートル50センチくらいだから、落ちてもそれほどのショックではないと思うが、兄猫はくるっと回転して落ちることを知らない。真横にどさっと落ちる。

夫とぬくぬく寝ているかとも思ったが、食いしん坊の兄猫にその可能性は低い。

兄猫の心臓には雑音がある。生まれたときにわかって、その後も健診のたびに指摘された。でも、雑音があっても長生きする猫もいるし、程度がひどくなっているのでもない、大丈夫でしょうと言われた。

ふだんは持久力がないくらいで、見た目はごく健康。お腹の贅肉をどうにかしろというくらい。

長男は「ぼく、バス・ストップまで歩きながら、外を探してみる。」と言って、出かけた。

外に出る可能性はまずないが、たとえば夫がドアを開けた一瞬のすきに出たかもしれない。狩猟の基礎も知らないあの猫は、外では生き残れない。第一、コヨーテとかイーグルとか猫をかっさらっていく動物がいる。だから、このあたりでは飼い猫は外に出さないのだ。


       *

夫が起きてきたので、兄猫がいないことを告げた。

夫もクロゼットをあちこち開けてみたが、もう先に調べたんだからいない。

妹が知ってるんじゃないか?

「私もそう思って、あとをついて行ったんだけど、いないのよ。」

まだ子猫だったころ、兄猫がガレージに閉じ込められてしまい、妹が「ミーミー。」と騒いで私をガレージのところまで案内したことがあった。その後、しょっちゅうそういうことがあり、妹は疲れたのか、教えなくなった。私たちもクロゼットやドアを開けて調べることを覚えて、たいていすぐ見つけた。

でも、今回はもう2時間以上探しているのに、見つからない。

こういうときに、地下室に夫の荷物が大量に積み上げてあるのは致命的である。しかし、そうもいっていられない。

ちょうど今日は遅れに遅れた煙突工事の仕上げの日。ドンドン、バンバン、騒音が家中に響けば、びっくりして出てくるかもしれない。


        *


妹猫のほうが賢くて可愛くて、どうして2匹ももらってきたんだろうと私は時おり後悔した。

1匹では寂しかろうと思ったのだが、子猫時代を除き、兄妹はいっしょに寝ないし、兄は妹を攻撃するし、いっしょに遊ぶこともない。しかも、兄はたまに粗相をするし(バスルーム限定なので、ドアを閉めることで解決した)、よく吐くし、朝は早くから起こすし、パソコンの上に乗るし、でも、抱っこは嫌いで私としか寝ないし(これは妹も同じか)、しょっちゅう「遊んでー。」とうるさい。

イライラしているときは、「どうして私、兄猫ももらってきたのかしら。」と長男にこぼす。「かわいいからじゃん。ねー、どうしてこんなにかわいいの~。」とデレデレする長男。

兄猫にも「もー、あんたシェルターに返すわよ。」と怒る。長男は、「そんなことできないよ。」と阻止する。私もシェルターに返すつもりはないが、うっとうしいときもあるのだ。

しかし、このまま兄猫が見つからないと思うと、心の中にずっしりと重いものを感じる。兄猫は自分が妹ほど愛されていないと悟ったのだろうか。いなくなったのは私のせいか。落ち着かない。トロイけどよく笑わせてくれたし、甘えんぼでそれなりにいい子だったじゃないの(なぜ過去形にする?)と思う。

これから一部屋ずつしらみつぶしに捜索を開始することにした。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |   |  コメント(1)

Comment

早く見つかりますように。
にーにゃ |  2010.06.16(水) 22:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/553-312fdb91

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。