スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

モールにて

2010.06.14 (月)



久しぶりにモールに行った。目的は買い物ではなく、ヘアサロンである。

白髪染めが追いつかないようになって、もう無駄な努力はやめようと思ったが、これだけの白髪混じりはさすがに老けて見える。それに長くなりすぎた。

私はもうずっとジェニーにやってもらっている。アメリカ人美容師にしては手際がよく丁寧でうまい。私たちはあまりしゃべらない。

カットとカラーで120ドル。20パーセントのチップをあげた。

充分その価値はあったが、日本の格安サロンで同じことをしてもらって、もっといいサービスで5000円だったなと思い出した。

金曜日の午前中なのに、私がいた1時間半の間に、カットだけの男性1人と根元のタッチアップに来た偽ブロンドの女性1人しか来なかった。電話もほとんど鳴らない。まだ景気が悪いのだ。

そういう私も3ヶ月近く切ってなかった。

私の場合は出不精と億劫なのが元凶なのだが、夫が他人にホイホイお金をあげているときに、私の美容院代を節約しようとは思わない

終わったら11時半になっていた。フードコートでアメリカ風チャイニーズフードを買い、席を探した。

テーブルよりはブースのほうがクッションがいい。ちょうど1つだけ空いていた。


       *


ブースの反対側に、大きいグループが陣取っていた。車椅子に乗った20代くらいの男女数人と同じ数の付添い人だった。

どこかの施設に暮らしているのだろう。このモールでは何度かそういう外出を見かけたことがある。でも、食事風景は初めてだった。

一目でかなり重症な障害だとわかる。脳性麻痺だろうか。自分で食べられない人のほうが多かった。付添い人が非常にゆっくりと一口ずつ運んでいる。

いったいいつからここに座っているのか。あのペースではかなり長い時間がかかりそうだ。

意識はあるのに、うつろな目。絵や記号のついている車椅子が見えた。あれで意思の疎通をはかっているのかもしれない。車椅子の人たちは一言も話さないし、ほとんど動かない。介添え人もたまに小声で促す以外は、黙々と食べさせている。

大勢なのに、異様に静かな食事風景。通りがかる人がちらちら見ている。

車椅子に乗っていた人たちはみんなこざっぱりした格好をしていた。

とてもきれいな女の子が1人いた。10代後半か。可愛い服を着て、頭にリボンをつけていた。誰かがおしゃれをさせたのだろう。

彼女は重度障害らしく、お腹から栄養チューブらしきものが出ていて、付添い人はそこへ流動食を送り込んでいた。彼女は口を開けて、ぼんやり前を見ているだけ。ふと、彼女を産んだお母さんのことを考えた。

全員白人で、介護人はすべて女性。施設で働いているのか、ボランティアか。

どちらにしても、忍耐のいる仕事だ。食事はまあいいとしても、トイレはどうするんだろう。もう子どもではないのだから、抱き上げるのも大変そうだ。

毎日接していれば喜怒哀楽がわかるのかもしれないが、彼らがモールに来て楽しいのか、食事がおいしいのか、私にはまったく読み取れなかった。


        *


子どものシャツでも買おうと思ってモールの中を少し見て回ったが、いいものはなかった。

結局いつもと同じように、ヘアカットと10ドル以下のランチでモールを出た。

こんな客ばかりでは景気は回復しないのだが、買いたいものがないんだからしょうがない。いくつか新しいお店が入っているのに、どれも同じに見える。

そういえばフードコートはここ1~2年変わっていない。いったいだれが決めているのか知らないが、ピザ、フライドチキン、ホットドッグ、メキシカン、アイスクリームが2件ずつあるのだ。あとはマクドナルドとギリシャ風らしきお店。

どうしてもっといろんな種類のお店を揃えないのだろう。アメリカ人の味覚で淘汰された結果がこれ?

私が食べたチャイニーズ(これはアメリカナイズされた中華であって、しかもファーストフードの品質と値段)は1軒だけ。5年前には怪しげなジャパニーズがあったが、つぶれたところを見ると、うちのような田舎では人気がなかったのか。そういう私も1回で懲りたんだった。

私にとっては、モールはどこの町でも似たり寄ったりである。

うちよりもっとNYCに近いところでも、義母が連れて行ってくれた南カリフォルニアのおしゃれなところでも、入っているお店はだいたい同じ、売っているものも同じで、「画一的」を三次元で表現したらこれだなと思わせる。

しかも、最近はどのお店もウェブサイトを持っている。

大量に棚に積み上げたり、ギューギューにハンガーにかけてあったりする現実のお店よりも、仮想店舗のほうがよっぽど品物を探しやすい。サイズも揃っているし、合わなければ返品できる。

そうして、ますますモールから足が遠のく。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  社会  |  コメント(1)

Comment

たしかにアメリカのモールは似ている

私もアメリカのモールはどこに行っても似たようなものだったのでちょっとざんねんに思ったことがあります。売れるお店しか入れないとなると、どこも似たようなものになるのかなと思いました。
Hakusai |  2010.06.18(金) 03:45 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/551-8149d798

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。