スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

「本当にこれでいいの?」

2009.03.28 (土)


[国際結婚] ブログ村キーワード

私は東京での仕事を8月末で辞めて、NJに向かった。10月にまた夫の日本出張が予定されていたため、そのときにいっしょに戻って、アメリカ大使館で移民ビザを申請することにした。

インターネットのない時代で、相談する人もおらず、大使館に電話して教えてもらったり、資料を郵送してもらったりして、たぶんこういう手続きだろうと自分で考えた。今思うと、はなはだ心もとない、かつのんびりした方法であった。

*     *     *

NJには、私が勤めていた東京支社から本社に転勤したMさんがいた。彼女は日本人なのだが、中学生のときに、アメリカにいたお兄さんを頼って渡米し、そのまま高校・大学までアメリカに住んで、アメリカの弁護士資格も持っていた。さっぱりした性格で、何もできない新入りの私に親切にしてくれた。ネイティブスピーカーのように英語を操り、仕事のできるMさんは私の憧れだった。

東京支社にはマネージャー職で3年いたのだが、アメリカのボーイフレンドと結婚することになり、私が辞める半年くらい前に本社に戻った。アメリカにおける、私の唯一の知り合いだった。

Mさんは、お祝いだと言って、私をレストランに連れて行ってくれた。私は、オーダーもチップの額もわからなかった。そのあと、Mさんのお宅に行って、これからのことを話した。Mさんは、仕事を通して夫の人となりもよく知っていた。ふと会話が途切れたとき、Mさんがじっと私を見て、言った。

「本当にこれでいいの?」

彼女にそう聞かれたとき、私は心の中で一瞬ひるんだ。Mさんは引っ込み思案の私を心配していた。夫の父と同じように、もしうまくいかなかったら国際離婚は大変だよ、傷つくよ、アメリカで生きていく覚悟はできてるの?とでも言いたげだった。

それと同時に、私の夫が短気であること、Mさんを仕事のことでののしったこと、人付き合いがうまくないこと、分不相応な大きなアパートを借りていたことなども、Mさんは気にしていた。言外に、「本当に彼でいいの?あなたはアメリカ人をよく知らないから、彼がよく見えるだろうけど、もっといい人が他にたくさんいるよ。あせって結婚しないほうがいいよ。」とほのめかされた気がした。

私は自分でもよくわからないまま、

「...うん。」

とうなずいた。私は、彼以外の男の人と付き合ったことすらなかった。東京でこのまま希望のない、でも安全な生活を続けるか。それとも、しがらみを捨てて、アメリカで人生の仕切り直しをするか。

賭け事がきらいで、石橋を叩いても渡らないような私が、ギャンブルするほうを選んだ。

*     *     *

それから20年、夫との間で問題が起きるたびに、Mさんの言葉がよみがえった。特に、10年目を過ぎて、夫の東南アジア出張が頻繁になり、現地の女を囲っていたのがわかったとき、「ほら、あのときそう言ったのに! そんな目に合わされて…。」というMさんの憐れみに満ちた顔が浮かんだ。

修羅場を通り過ぎて、いつのまにかうわべだけは元の平穏な日常に戻った今も、「本当にこれでいいの?」という声が消えることはない。


<今日の英語>

I've got to think it through.
じっくり考えてみなくちゃ。


夫の上司Lさんが、まだ夫の長期療養申請に関する書類と格闘している。表現一つで夫の待遇に影響が出るためか、慎重にやっているようだ。彼女自身も大変な状況なので、余裕がないのだろう。それでも、こうやって最善を尽くしてくれるのはありがたい。当たり前だが、アメリカ人にもいろいろいる。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

テーマ : 国際結婚 - ジャンル : 結婚・家庭生活

 |  わたし  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/55-344b31da

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。