スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

勝っても負けても泣く男たち

2010.06.07 (月)



ナダルが2年ぶりにフレンチ・オープンで勝った。

そして、泣いた。

ソダリングはエラーが多く、決勝前の2試合で体力気力とも使い果たした感があった。2セットを先取されて、3セット目もラファのペースで進み、観念していたのだろう。表彰台では笑顔を見せていた。

私はテニスしか知らないが、接戦であるほど、勝ったほうも負けたほうも泣く人が多い。特に男。圧倒的に男

ロッカールームでの悔し泣きではなくて、まだコートにいるときにオンオン泣くのである。

もちろん、女の子も目がうるんだり、タオルで顔を抑えたりする。

1993年に、ヤナ・ノボトナがウィンブルドンでステフィ・グラフに逆転負けして、表彰台でケント公爵夫人の肩にもたれて泣いたことがある。

でも、あれは例外中の例外であって、ほとんどの女の子が少なくとも人前ではストイックに負けを受け入れるように見える。


        *


フェデラーは昔から勝ち負けに関わらずよく泣いたが、2009年のオーストラリアンオープン決勝でラファに負けたときは、スピーチができないくらい涙涙また涙だった。2010年には、アンディ・マリーがやはり決勝でフェデラーに負けて泣いた。アンディ・ロディックはウィンブルドン決勝でもう少しでフェデラーに勝てるところで負けてしまい、ひどい涙目を必死で堪えていた。

デルポトロはUSオープンで勝って、泣いた。その前年に準々決勝で負けたときには記者会見の席で泣き始めて、途中退席してしまった(デルポトロはまだ若い。私はファンなので許す)。

高校野球の選手が悔し泣きしながら甲子園の土をかき集めるのではない。

プロのテニス選手の話である。

いつからこんなに負けたときの涙を見せるようになったんだろう

うれし泣きでなくて悔し泣きは、わりと最近の現象だと思う。王者フェデラーが泣くんだったら、誰でも泣いていいという話になったのか。まあ、私はオバサンなので、若い男の子が泣きたければ、泣きなさいとティッシュでも渡してあげよう。

オリンピックとか引退とか、特に感情的になりやすいときはわかる。テニス選手にとっては、グランドスラムがメジャー大会というのもわかるが、昔はそうじゃなかった。

今は、選手のレベルが高くて競争が激しく、トレーニングも厳しいし、ストレスの度合いが昔とは比べ物にならないからかもしれない

しかし、サフィンは泣かなかったな。

勝っても負けても泣かず、最後の試合直後のちょっとした引退記念セレモニーでも飄々としていた(アンドレ・アガシの引退したときとは対照的)。サフィンは叫んだり、ラケットを叩きつけたりして、発散するタイプだからかも。

いや、案外ああいう人はとても情が深いんじゃないか、とこれは私の贔屓目。


         *


それにしても、ラファは強かった。普通の選手ならラケットにかすりもしないボールを、走って走って拾いまくった。

私は彼のプレー・スタイルは好みではないが、クレーコートに合っているんだろう。フェデラーでさえ、フレンチ・オープンで通算17回もラファに対してブレイク・チャンスがありながら、1回しかものにできなかったと解説者が話していた。

去年のラファはひざが万全ではなかったことに加えて、両親の別居と言うストレスを抱えていた。ナダル夫妻はその後、正式に離婚した。

ラファの年齢からして、25年間の結婚生活だったと思われる。

ここにもまた熟年離婚が1組あった

カソリック教徒が9割というスペインでは、ほんの30年前まで離婚できなかったと聞く。法律が変わり、2008年には2.3組に1組が離婚しているらしい。選択肢があるのはいい。

今日の決勝戦にはラファの両親が観客席にいたが、並んで座らず、お母さんはお父さんの斜め後ろ辺りだった。優勝決定のときにも、2人は他の人と抱きあって喜んでいた。カメラの写していないところではどうだったかわからない。

「グランドスラムで何回も優勝して、世界ランキング1位になるようないい息子がいても、離婚するんだな。」とおかしなことを考えた。


<今日の英語>

I left three cheese slices for you.
チーズ・ピザを3枚残しておいたよ。


昨日のパーティで残ったピザが今日の昼食になった。何につけ、「私が食べようと思っていたのに。」とよく私に文句を言われる夫が、今日はちゃんと皆の分を残してあることをわざわざ報告しにやってきた。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  社会  |  コメント(3)

Comment

ホントですね。

わたしたちの子供は、誇りだわ。・・・と仲良く暮らす気がしますがね。

外国人は、<愛>が・・・基準のようです。
愛  とは何なんでしょう??
piko |  2010.06.07(月) 13:32 | URL |  【編集】

昨日のラファの号泣ぶりには驚きました。
ご両親が別居・離婚していたとは知りませんでした。
去年のフレンチオープン以来自分のことだけでなく、
いろいろなことがあったのですね。

それにひきかえ、試合後のインタビューで淡々としていたソダリングには
とても爽やかな印象を持ちました。
本人も言っていましたが、“三度目の正直”で来年は優勝してくれるかしら。
mag |  2010.06.07(月) 22:16 | URL |  【編集】

あれだけ感情の起伏が激しいのはドーピング(或いはドラッグ)のせいでしょうね。知り合いの弁護士さんの最期の数日とそっくりだもの。ドラッグ漬けで自殺したけど。
試合直後に尿検査しないのかしら?
yumiko |  2010.06.08(火) 03:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/545-7a78f538

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。