スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

抗うつ剤で精神安定

2010.05.20 (木)


これが日本なら、「しばらく実家に帰ります。」という選択がある。

私は家出をしたことがない。こんな田舎でもちょっとハイウェイに乗ればホテルがあるし、地元にはモーテルもある。でも、子どもたちのことを考えると、私一人でも子連れでも家を出ようと思ったことはない。

今、子どもは大きくなったけれど、まだ運転はできない。このあたりでは足がないのと同じである。習い事でも学校行事でもプレイデートでも、私が送ってやらねばならない。

夫が躁鬱病とパニック障害で療養中という状態でなければ、押し付けることもできるが、今の状況ではあまりに心もとない。

夫の素行について話せる友人はいない。ブログだから書けるのであって、現実世界の誰にこんなことを打ち明けられるだろう。

唯一思いつくのは、私の主治医ドクターB

結婚生活の問題はこれまでほとんど全部彼女に話してきた。でも、毎年の検診は秋なので、まだ早い。病気でもないのに予約は取れない。私はちょっと疲れるとすぐ寝るせいか、風邪すらめったにひかないのだ。

彼女は別に何をしてくれるわけでもない。

ただ私の話を聞いて、「じゃあもう少し薬を続けましょうか。この薬を試しましょうか。」と処方箋を書いてくれるだけ。カウンセラーではないので心理療法をしないせいもある。

内心は呆れているだろうが、もう15年以上も診てくれているので、かたくなな私のことをよく知っている。私にあれこれ言っても無駄だとわかっている。

英語という言葉の壁のせいでかえって話しやすい。適度な距離が置ける。日本人の医者なら、私はここまで率直に話せなかったと思う。

この次にドクターBに会ったら、ルーマニア人のことを話そう。


        *


不思議なことに、夫に黙殺されても私の精神状態はそれほど悪くない

15年以上ずっと服用している抗うつ剤のおかげだ。

どうやって脳の化学物質をコントロールしているのかわからないが、どーんと落ち込んだり、ひどく悲しくなったりすることがない。

去年の秋に、ドクターBから「もう抗うつ剤はやめても大丈夫じゃないかしら。」と言われて驚いた。まだ必要ですと主張して、そのまま続けることになったが、やめないでよかった。

夫が強いる緊張感が不快で過呼吸気味なのに、薬が無理やりに私の気分を安定させている。

「ひどく悲しい」とか「最高に楽しい」といった極端なブレが出ない。それがわかるくらいに、自分の精神状態を客観視できるのも奇妙だ。

特にネガティブな気持ちのほうは、人為的にねじ伏せられている気さえする。

だから、夫が私と顔を合わさなくても、「ふーん。」という程度ですむ。家事も普通にできる。もっとも、いつも手抜きだからたいしたことはしない。睡眠も変わらない。何かやろうと思えば、まあできる。

これが最悪のうつ状態だと、シャワーに入るとか、トースト1枚を焼くとか、そんなことすら、気が遠くなるくらい困難に思えて、ベッドから出られない。かと言って、じっとしてもいられない。眠れない。食べられない。八方塞がりの暗闇。

抗うつ剤は、私がそういう底なしの沼に落ちないよう、常に引っぱり上げている

毎日同じ量の向精神薬成分が脳に届く。そして、毎日同じレベルの気分を維持してくれる。

なんだか気味が悪いと思うときもあるが、まだ薬は手放したくない。


<今日の英語>

We are between a rock and a hard place.
板ばさみになっています。


クレジットカードの借金返済が滞ると、専門の取立人に回される。彼らは伝言を残すときに自分が何者であるかを名乗るように義務づけられている。それなのに、第3者に借金の件を伝えることは禁止されている。「留守電に録音するときも、本人以外に聞かれる可能性がある場合は難しい。でも、お金を返してもらうのが仕事だから、そうも言っていられない。」という、ある取立人のコメント。

日本語では2枚の板だが、英語では岩と硬い場所の間にはさまれる。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  わたし  |  コメント(1)

Comment

九州在住の夫婦です。私の両親が北海道にすんでいるため、kometto3さん同様なかなか帰れません。

なにせ北海道の僻地なので、一人で8万円/片道 かかります。(大人料金の子ども2人)

いままでも何度か夫婦の危機がありましたが却って私が帰る所がそうそうなかったのが功を奏したのか、向き合うようなり結果としては良かったと思っています。

両親が近くに住んでいて実家へ帰ってたら夫婦だけのけんか話が両家の問題になり、完璧に修復が困難になっていたと思います。

ただし、実家には話したら大問題?になるようなことは夫の母に相談というか告げ口しています。(笑)

いまでは、完璧に私は舅、姑からは大切にされています。

どなたかも書かれていましたが、やさしい舅にご相談されたらいいかもしれませんよ。

少なくても旦那様サイドの家族がkometto3
の味方になってくれると心強いですから、、。
aki |  2010.05.20(木) 16:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/527-d7cd82d4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。