スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

今度はeBay

2010.04.20 (火)


夫が出がけに「ちょっと話があるんだけど。」と言う。

お金を都合してほしいときの口調である。夫が稼いだお金ではあるが、私が管理している手前、勝手に引き出せない。

「はい、なんでしょう?」 とわざとビジネスライクに聞く。

「きみの PayPal にはいくら残ってる? また eBay を少しやろうかなと思ってるんだけど、手数料の支払いがあるだろう。少しだけ送ってくれないかな。50ドル、いや20ドルくらいかな。」

夫は数年前に eBay に凝って、毎日のようにオークションがどうの、いくらで売れただの、呆れるほど熱心にやっていた。ところが、躁鬱病体質の人は熱しやすく冷めやすいのか、1年ほどしてすっかり飽きたらしい。

その頃は躁鬱病の診断は下りていなかったので、単なる性格だと思っていた。

売る予定のおもちゃなどが地下室に残っている。それを売ってくれれば少しは片付く。でも、精神的に不安定なのに、アドレナリンが急上昇するようなオークションをやるべきだろうか。

これはルーマニアへお金を送る隠れ蓑じゃないかと思えてくる。

「なにを売るんですか。」

「スターウォーズのおもちゃとか、うーん、本とか。」

夫は大量の本を持っているが、これまで本を手放したことはない。私が図書館に寄付しようと言うと、いつも抵抗した。こういう心変わりも腑に落ちない。

「eBay の手数料なんかそんなにかからないし、毎月の請求が来たら払えばいいんじゃなかったの? だいたい私のPayPal の残高だって、せいぜい30ドルくらいだと思うけど。」

       *

夫がカウンセリングに行っている間に調べてみた。PayPalはめったに使わないので、すっかり忘れていたが、230ドルもあった。

帰宅した夫に言った。

「200ドルあるけど、ほとんど銀行に移そうと思うの。あなたにはまず20ドルあればいいでしょう。」

夫はさほど不満そうでもなく、送信先であるメールアドレスを指定した。

なんだか怪しい。

私は、ことお金に関しては、夫をぜんぜん信用していない。たった20ドルでも、いつもと違う使い道をすると聞けば疑惑を持つ。

まあ、夫はオークションで売るほうであって、買うほうではないから、さほど心配することはないのだが、売ったお金を貯めておかしな人たちへあげてしまう恐れがある。

私はオークションなんかめんどくさくてできない。だいたいオークションで売るものもないし、ややこしい取引なしにさっさと寄付したほうがいい。

      *

長男と車に乗っているときに話してみた。

「ダディがまたeBayやるって言ってるのよ。」

「えー、だめだよ!ぜったいやらせちゃ、だめ!知ってた? ダディはbipolar なんだよ。そういう人は、買うと止まらないんだよ。」

私は長男が病名まで知っているのに驚いた。夫が話したのだろう。

「知ってるわよ。躁鬱病でしょ。でも、買うんじゃなくて、売るんだって。地下室にあるおもちゃとか本とか。片付いていいんだけど。ともかく、買わせないように見張らないとねえ。」

夫は私に番号を教えない銀行口座があるし、クレジットカードも持っている。ただし、過去にeBayに夢中になったときはもっぱら売るほうだった。

夫は G氏と毎日長電話をしている。精神科医やカウンセラーとの予約もある。睡眠パターンが不安定で、細切れに寝ている。時間があるようでなく、ないようであるという生活。

やはり仕事をしていないと退屈なのか、オークションでもして達成感を得たいのか。

それにしても、躁鬱病とオークションはありがたくない組み合わせである。


<今日の英語>

It would be a bummer if they strike.
ストライキされたら、参るなあ。


パークアベニューのアパートメント住人が旅行から戻り、さっそくドアマンに荷物を運ぶのを頼んだ。ドアマンの組合が今週ストライキをするかもしれないというニュースを聞いて、こぼした一言。 bummer はがっかりすること、不愉快なことを意味するスラング。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |   |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/500-17d6cbcb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。