スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

最近気になる日本語

2010.04.08 (木)


私は日本人とほとんど付き合いがない。ふだん日本語で話すのは子どもたちだけである。

それ以外は、主として書き言葉の日本語しか身近にない。しかも、手持ちの本か日本語のサイト限定。日本の雑誌は講読していない。テレビ番組も見ない。

かなり制限された言語生活なので、日本で流行っている言い回しに疎い。日本語なのに、検索しないとわからない言葉が出てきたりする。あるいは、聞き慣れない(見慣れない)言葉に強い違和感を持つ。

定期的にそういうことが起きるので、「気になる日本語」というテーマで書くと、終わりがない。

とりあえず、3つ選んだ。

基本

「基本、寒がりなので、あったかそうなのが好き。」

個人のサイトや投稿でよく見かける。「基本的には」を省略したものと思われる。「実際には」の代わりに、「実際」と言うように。そして、「実際」と同じく、「基本」も会話やくだけた文章に使うらしい。

私は「基本的に」とか「個人的に」という言い方は好きではない。何にでも例外はつきものだし、自分のことを話すのだから自明だろうと思う。

だから、「基本」もきらいなのだが、短くなってもっときらいになった。はすっぱな印象を受ける。語感がきたない。

~しましょうよ

「人に聞く前に、自分で調べましょうよ。」

掲示板で何か質問した人に対して、こういう返事を書く人がいる。

親切ごかしで、実は相手を馬鹿にしている感じがいやだ。

最後の「」がいけないのだ。「調べましょう。」なら違和感はない。ただし、学校の先生が生徒に指示しているようにも聞こえる。あるいは、教室に貼ってある今週の目標みたいに聞こえる。

聞いた人は教えてくださいと頼んだわけだから、そういう展開になるのかもしれないが、質問以外の状況でもよく見かけるのはなぜだろう。

昔は、「調べてみたらどうでしょう。」あたりが主流だったと思う。あるいは、いっそのこと「自分で調べなさい。」と突き放す。そのほうがよっぽどすっきりする。

これは、「みんなで行きましょうよ。」と誘っているのとは違う。

自分は関係ないのだ。相手がやるべきことを「そんなこともできないのか。」と呆れて見下しつつ、ちょっと響きを優しくしたつもりなのだろうが、なんともイヤミったらしい。

いかがなものか

「『脱官僚を掲げる民主党政権としてはいかがなものか』と批判した。」
「プライベートなことを一つ、一つ全部公表をするということは、やはりいかがなものかとは思っておるわけではありますが、(後略)」
「即、通報もいかがなものか?」

以前は、政治家の答弁(1番目と2番目)についての記事で見かけたが、この頃は一般人(3番目)も使うらしい。

中身のない政治家が、はっきり反対意見を言うのが怖くて、ちょっと古めかしい響きのする言い方でもったいぶって逃げる。しかも、聞き手に同意を迫りつつ、もし聞き手が別の意見を持っていた場合に備えて、断定しない狡猾さ。

自分の発言に責任を持つつもりはないのだ。

こういう表現を一般人が使い始めたということは、「こちら、コーヒーになります。」や「おつりのほうをお返しいたします。」に通じる曖昧さが更に進んだのだと思う。

わたし的には」に至っては、隠しようもない「私」が話しているのに、「私そのものではないが、私に似たような人」を持ち出して、アヤフヤにしようとする。さすがに、「あなた的にはどうお考えですか。」という表現は見たことがないが、私が知らないだけか。

させていただく」の乱用も、ともかくへりくだって距離を取っておけば反感を持たれないだろうという気持ちが伺える。

でも、私は「送らさせていただく」だの「預からさせていただいて」だの言われると、しらける。私がそんなに偉い人ではないのは承知している。もっとも、相手に対する敬意でなく、自分を守るためにそういう言い方をするのだと思うが。

      *

言葉は生き物だから、変化し続ける。ここで挙げた言い方も、大多数の人間が使い始めたら、慣れてしまうのだ。そして、定着する。

私は日本語の孤島に住んでいるので、変化が浸透したころになって、「なんだか変な言い方をするようになったんだな。」と気がつく。それも書かれたものだけで、耳で聞いたものではない。

だから、日本に行って、「そうか。こういう口調で言うのか。」とやっと追いつく。

インターネットのおかげで時間差は短くなったが、母国語に関する語感は昔のままかもしれない。

      *

そういえば、30年くらい前だったか、祖母の発言に対して、思わず「うっそー!」と言ってしまったことがある。祖母は真面目な顔で、「嘘じゃないだよ。おばあちゃんは嘘は言わんよ。」と返した。

いや、おばあちゃんを嘘つきと呼んだんじゃなくて、ほんとかどうか信じられないくらい驚いたという軽い反応なんだけど。

その後はなるべく「ほんとー!」と言うようにした。いまは、もう「うっそー!」なんて言う子はいないのかもしれない。

私は「マジ?」を使わない(自然には出てこない)のに、長男はアニメか補習校で覚えたのか、いまでも使う。次男は使えないので、「ほんと?」と聞く。

最近は、おいしいのに「やばい」とか「まずい」とか言う若者がいると聞いた。いっしょに食事をしながらそんなことを言われたら、心臓によくない。

でも、「うっそー!」と孫に糾弾された(と思った)祖母も、ドキッとしたんだろう。悪いことをした。


<今日の英語>

There are some loose ends to tie up.
いくつか片づいていないことがある。


G氏のために、長い時間をかけて調べものをして資料作りをしていた夫。だいたいできたけれど、まだ終わっていない部分があると言う。loose ends は、結んでいない紐の端っこ。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  言語  |  コメント(4)

Comment

日本にいても

こんにちは。
するどいつっこみのある文章が好きです。

今の日本語、日本に住んでいても気になることが多すぎます。
わからない言葉も多いです。

小学生の息子は私の言葉に対して「うそ?!」と言うようになりました。
そのときは「うそはついていないし、不愉快になるからやめて」と言ってます。

だんだん「意味、逆につかっているのか?」という言葉も多くなってきているような・・・。

komatta3さんの感覚は海外に住んでいなくてもひしひしと感じるこの頃です。


こば |  2010.04.08(木) 10:16 | URL |  【編集】

いつもなるほどと感心させられながら楽しみに読んでいます。

私も「何それ?」って思う言葉に出会うことが多々あります。自分のことを「人」と言うのが耳障りです。例えば「私って寒がりな人なんですよね。」なんて言われると「そんなの知らねーよ。」って思わずつっこみたくなります。

「頑張らさせていただきました。」には、そんな言葉あり?と思います。

これから先もどんどんそんな訳のわからない言葉が出てくるのでしょうね。
つぼみ |  2010.04.08(木) 11:40 | URL |  【編集】

こんにちは。
日本在住、日本人の私ですが、
最近の言葉(若い方がよく言う)で、苦手なものがあります。

良い、という意味で使う、「ヤバイ」
「ほんと?」と同義語の、「まじっすか?」
「かっこいい男性」の意味の「イケメン」

ま、私も人のことは言えませんが。。
これらの言葉は、あまり美しくないと思います。
めありー |  2010.04.08(木) 14:35 | URL |  【編集】

いかがなものか は、いかがなものか

<いかがなものか>って、政治家が言うと不愉快になります。komatta3の解説ですっきりしました。どんどん突っ込んでください。
piko |  2010.04.08(木) 19:40 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/490-054b6faf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。