スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

まだ戻ってこない州の税金

2010.03.22 (月)


2009年度の確定申告は、2月23日に e-file した。

連邦政府からは3月5日に入金があった。つまり10日で処理が終わっている。夫の収入減と税金の払い過ぎにより、15000ドル以上の返金である。夫が散財しないよう、すでに他の銀行や投資会社へ移した。

ニューヨーク州政府からはまだ何の音沙汰もない。こちらも5000ドル以上戻ってくることになっている。

でも、私がファイルする前から、「今年は払い戻しに時間がかかるかもしれない。」と州政府は説明していた。特に申告が遅いほど返金も遅くなると聞いて、早めに済ませたのだが、すでに1ヶ月近く経っている。

もともと取り過ぎていた税金であって、住人のお金である。それが返せないほど財政が逼迫しているのか。

ニューヨーク州は、2010年度に90億ドルの赤字が見込まれている。私に返金するとさらに赤字幅が拡大するわけで、返し渋っているなと思っていた。

       *

調べてみたら、ニューヨーク州の財政年度は4月1日で終わる。キャッシュ・フローが悪化しないように、年度内に州民へ返金する金額に上限を設けていた。

まさに自転車操業である。

ロイターによると、米財務省が発表した2月の財政収支は2209億ドルの赤字で、赤字幅は過去最大となった。赤字は17カ月連続。

ここまで来ると、スケールが大きすぎてピンと来ない。

財政赤字を抱えている州は全米50州のうち39州。赤字が一般会計に占める割合が最も高いのがネバダ州で38%、アリゾナ州が28%、ニューヨーク州が24%、カリフォルニア州が22%(これは1年前のデータ)。

私は政治にも経済にも疎い。ニュースサイトを眺め読みするだけ。

最初は、そういうのは夫の両親が住んでいるカリフォルニア州の問題だと思っていたくらいである。ニューヨークは、知事周辺のスキャンダルや州議会でのドタバタ騒ぎのほうが大きく扱われていた。

      *

学校から帰ってきた子どもたちに、「中西部のどこかの町は、半分の学校を閉鎖するってニュースで言ってたわよ。お金がないんだって。うちの学校区でそんなことになったら、困るわねえ。」と話した。

すると、ミドルスクールに通う次男が、

「ぼくたちの学校もお金がないよ。外国語はスペイン語だけになるんだって。これまでフランス語やイタリア語を習っていた子は、来年からスペイン語を覚えなくちゃいけないって。ぼく、スペイン語でよかったあ。」

長年設けていた3ヶ国語のうち2ヶ国語をバッサリ打ち切りにするらしい。もともと大多数の子がスペイン語を選択していた。他の外国語は1クラスかせいぜい2クラスとはいえ、まあ思い切ったことをする。

これで少なくとも2~3人の先生を解雇できるわけだ。でも、すでに3年間それぞれの外国語を勉強していた子の親は怒っているだろう。

次男は学校の予算削減について、他にもいろいろ知っていた。先生が話したのだそうだ。

子どもから親に情報を流して、サポートしてもらおうと思っているのだろうか。そういえば、予算投票の頃になると、先生が授業中に子どもたちに学校予算の話をしていた。予算が通らないと、スポーツの時間がなくなるよと吹き込む。

そんなことより授業をやってくれと思った。だいたい予算に反対するのは、学齢期の子どもがいない年金生活者(でも学校税は払わなくてはならない)が多いのに。

ハイスクールではJAVAのコースが取り止めになると長男は言う。

子どもたちに聞いたあとで、学校のサイトを見た。外国語以外にも、特殊教育や体育関連、補佐の先生などを減らし、プログラムもいくつか取り止めるようだ。それでも、School Tax は3パーセント上がる。

それよりも、管理職の減給や教師の給料据え置き、くだらないイベントの廃止はしないのか。無能な校長を首にするのもいい。

隣町の学校区では、1月ごろすでに予算オーバーとなってしまい、学年末(6月)まで購入禁止令が出た。いったいどうして年度途中で買えなくなるのかわからないが、あるものでどうにかやるしかない。

日ごろ、子どもも学校職員も先生も物を大事にしない傾向があるので、そういう意識を変えさせるのは悪くない。

     *

私のTax Returnはコンピュータで処理して、電子ファイルをした。すでにニューヨークの主税局で受理されたのはわかっている。あちらもコンピュータなのだから、本来は1ヶ月もかからないはずである。それを保留しているのだ。

赤字だからしょうがないと思いつつ、同じく赤字の連邦政府はあっさり返金して大丈夫なのかと心配になる。

ところで、ニューヨークのタバコ税は全米で一番高い。最近では、ソーダ税(コカコーラなどのソフトドリンクに対する課税)も検討されている。税収入が目的だが、州政府は肥満防止効果も主張している。

私はタバコは吸わないし、ソーダも飲まないから、影響はない。

しかし、そのうち誰かがチョコレート税なんて言い出すかもしれない。デモに出かける体力はないが、署名運動なら参加しようと思う。


<今日の英語>

We're making the most of what we've got.
あるものを最大限に利用しています。


先日の暴風雨でホテル住まいを余儀なくされた人。子どもたちがホテルのインドア・プールで楽しく泳いでいるのを見ながら、インタビューに答えた一言。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  生活  |  コメント(1)

Comment

医療保険改革案が下院で可決しましたが、コマッタさんはどうお考えですか?
ブログでコマッタさんのお考えを拝見してみたいです。
ハラ ルミ |  2010.03.23(火) 12:02 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/476-1b0ac1e0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。