スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

暴風雨で停電

2010.03.15 (月)


早朝、猫に起こされたら停電だった。

ラジオのデジタル時計が消えている。コンセントで常に充電している懐中電灯の小さい赤い光が見えない。

ふだんでも電線の周りに枝が覆いかぶさっているような田舎である。前の晩から暴風雨でそういう予感はあったが、先日の大雪でも大丈夫だったので、高をくくって何の準備もしていなかった。

うちはすべて電気なので、停電するとお手上げである

暖房は灯油だけれど、電気がなくては動かない。水のタンクは井戸水を汲み上げない。トイレも流せない(厳密に言うと、流せるけれど、次回のための水がタンクに溜まらない状態。そのために水を入れたガロンサイズの容器が置いてあるので、タンクのふたを開けて手動で水を入れる。ただし、何度もできない)。

水道のパイプに残っている水をシンクに溜める。少しだけ手を洗うのに使い、あとは除菌スプレーや外出用のウェットタオルで拭く。

飲料水は地下室にいくらかある。無糖の炭酸水もある。幸い、冷蔵庫の中身は少ない。クラッカーやシリアルはある。食器が洗えないので、プラスティックのコップやお皿を出す。

懐中電灯を片手に、地下室へ下り、猫のトイレを掃除した。停電の影響がないのは猫だけである。


       *


ちょうど午前2時に夏時間に切り替わったばかりなので、掛け時計の針を1時間進めた。

昔はこんなに早い時期ではなかったが、最近は早く始まり、遅く終わる。節電という名目のわりに、朝起きても薄暗いので電気をつけねばならない。

正式な呼び名は Summer time でなく、Daylight Saving Time (日光節約時間だから、節約するのは電気ではなく、日照時間か)。大雨で雪は溶けたが、さすがにサマータイムという雰囲気ではない。

パソコンはバッテリーで動くけれど、ネットワークにつながらない。

携帯用ラジオ(手でハンドルを回すと充電もできるタイプ)を出した。音が出ない。1分間ハンドルを回すと30分は使えるはずなのに。暗くて切り替えスイッチがよく見えない。それに、どうも軽い。 

ふたを開けてみると、3つあるはずの AA (日本では単三型)乾電池が1つも入っていない。次男が Nintendo DS に使ったに違いない。予備の乾電池も見つからない。ついでに、5本はある懐中電灯も使えるのがほとんどない。

子どもたちが小さい頃、よく懐中電灯を持って探検ごっこをしていたので、いざというときに電池が切れていることがしょっちゅうあった。まだそんなことをしていたのか。

子どもたちが起きてきた。

さっそく携帯ラジオを使えるようにしろと命じる。長男がどこかから乾電池を探してきて、やっと電波をとらえた。ふだんはどうということのないラジオ放送が、停電のときは「文明社会との唯一のつながり」となる。

携帯で電力会社にかけてみると、この周辺一帯が停電で、「復旧の見込みは翌日の午後5時です」とコンピュータの音声。


        *


夫が起きてきた。パソコンが使えないものだから、機嫌が悪い。

明るくなってきたので、私は本を読む。こういう日に限って、曇り空。ブラインドを全部開ける。

先日入手したばかりの「沈まぬ太陽」。

一昨日、林真理子の「白蓮れんれん」を読んで失望したので、山崎豊子に期待する。

【私は日本にいたとき、林真理子は雑誌にたまたま載っていたエッセイくらいしか読まなかった。つまらんと思った。小説を手にして、あまりの下手さに途中で止めた。

1年位前、短編集を読んで、あら少し上手になったじゃないのと思い、「白蓮」は柴田錬三郎賞受賞作とあったので、いくらか期待していた。白蓮については他でいろいろ読んだことがあり、門外不出の書簡700通がこの作品のために提供されたと知って、更に期待が高まった。


林真理子はやっぱり林真理子であった。

題材に負けている。白蓮だけではなく、他の登場人物の掘り下げも足らず、感情移入できない。なにより、プロの作家にしては文章が下手すぎる。まともな編集者なら指摘するであろう、稚拙な描写や粗雑な表現がそのままになっている。

白蓮の魅力が全然伝わってこないのはどういうわけか。これで文学賞とは驚く。どんな賞を取ろうが、おもしろくない作品はおもしろくない。受賞したからどうということはないが、それにしても安易すぎる。


たしか瀬戸内寂聴が解説を書いていた。私は彼女の作品にも興味がなく、1作か2作読んだくらいか。もちろん寂聴は林真理子を絶賛していた。当分、両者の作品を手にすることはなさそうである。】

子どもたちはパソコンもWiiもできないので、二人でワイワイ話していて、夫にうるさいと叱られる。そして、普段は何もしないのに、夫は子どもたちにアレを持って来いだの、コレを手伝えだの、聞いているだけでもうっとうしい。

ふだんはパソコンがお守りをしてくれていたんだなあと思う。

夫がまた電力会社に電話してくれと言う。「明日じゃなくて、今日の5時じゃないのか。」と言い張る。私が聞き取れなかったと思っているのだなとカチンとくる。

今度はスピーカーフォンにして、夫にも聞かせた。あきらめた夫は本を読み始めたが、子どもたちの声がうるさい。夫が自分の部屋に行けと怒る。

かくして、全員自室にこもって本を読む。


        *


もう何ヶ月も、もしかして1年近く外食していない。夫は機嫌が悪いが、精神的には落ち着いている。食べ盛りの子どもたちはパンやシリアルではお腹がすきそうだ。夫がルーマニアにお金をあげるくらいなら、その分、私たちがおいしいものを食べたい。

久しぶりにレストランへ出かけた。トイレで手を洗う。水が使えるありがたさ。

夫は投薬のために飲んではいけない赤ワインを飲む。私が指摘すると、「問題なのは白ワインだ。」と言い張る(家に帰って、冷蔵庫に貼ってあるリストを見たら、ちゃんと Red Wine と書いてあった)。

夫は本屋に寄りたいと言う。引越しの予定は立ち消えたが、これ以上本を増やしてどうする? 私は子どもたちに日本語で「あんまりたくさん買わせないように見ててよ。」と頼む。ほっておくと、夫は一度に20冊でも買ってくるのだ。

食事と本で気が紛れた夫は、家に近づくにつれて、パソコンが気になるのか、もう一度電力会社に聞けとしつこい。私は運転していたので、次男が携帯から電話した。

「復旧の見込みは、火曜日の夜10時です。」

さらに1日以上延期になり、夫は「信じられない!ありえない!」とののしる。本を読めばいいじゃない、そのために本を買ったんでしょ、と思うが、何も言わないでおく。


        *


結局、日曜日の夜6時ごろに復旧した。

一時的なものかもしれないので、慌ててトイレの水を流し、シンクに水を溜め、お湯を沸かし、ボイラーがちゃんと動いているか見に行った。

パソコンを立ち上げて、ネットにつなぎ、ローカル新聞のサイトで被害状況を読む。1週間停電の見込みという町もあったので、うちはラッキーだった。

スイッチを入れればライトが付き、水もお湯も出て、部屋も暖かくなる(密閉度はいいので、それほど冷えていなかった)。そして、夫はいつものようにパソコンに向かい、静かになる。

でも、そういう文明の利器がありがたいと思うのは最初の5分くらいで、すぐまたそれが当たり前の生活に戻るのだ。


<今日の英語>

She can easily pass for younger than her 50 years.
(実年齢の)50歳より若いと言っても簡単に通る。


オバマ大統領の社交担当秘書官だった Rogers 女史を評したジャーナリストの一言。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  生活  |  コメント(3)

Comment

同感です

私も小説を読むのが好きなのですが、林真理子や赤川次郎などは絶対と言っていいほど読みません。
読み始めても文章や構成がとても下手(単純すぎ)で読む気になりません。どうしてこんなにも人気があるのか私も不思議です。
文庫 |  2010.03.16(火) 04:34 | URL |  【編集】

私も山崎豊子の「大地の子」が3巻と4巻友人からまわってきたので、読み終えたところです。Komatta3の感想が聞きたいです。
Yumi |  2010.03.16(火) 06:34 | URL |  【編集】

こんにちは、私は本はジャンルを決めずに乱読しますが、林真理子の本(化粧品会社の表と裏側のような内容でした)を読んだ後は、すっごい時間損した!と本気で怒りました。読後の気分も最悪で二度と読みません。どうしてあんなつまらない本を書く人が売れているのでしょうね。。
Sara |  2010.03.16(火) 13:38 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/471-16a630b1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。