スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

ご近所でまた売家

2010.01.20 (水)


うちは subdivision と呼ばれる分譲地にある。

一般道路(と言っても、片道1車線で路肩もない田舎道)から入って来ると、gated community でもないのに、なんとなく世間から隔離されたような気持ちになる。

特に、うちの前の道は行き止まりなので、行きかう車も住人と配達だけ。ちょっと変わったことがあると、すぐ目に付く。

たとえば、どこかの家でペンキ塗りをしているとか、郵便箱を替えたとか、ドライブウェイに見慣れない車が停まっているとか。あまり周囲に関心のない私でも、あれ?と思う。

もう15年も同じところに住んでいるので、少しの変化が違和感をもたらすのかもしれない

田舎だけあって1戸あたりの敷地が広く、家と家が離れている。犬の散歩やジョギングをする人にたまに会うが、タイミングがずれると、お向かいやお隣りでさえ、何週間あるいは何ヶ月も会わない。会っても、当たり障りのない挨拶だけ。

郊外での孤立した生活の典型である

人によっては、こういう生活に窒息するかもしれないが、私はこの静寂さが気に入っている。プライバシーは何事にも替えがたい。この家の一番のセールスポイントだと思う。

       *

買出しに出かけたとき、ご近所に不動産屋の看板が立っているのに気がついた。その家にどんな人たちが住んでいるのかは知らない。

うちより4年前に建てられた区画で、うちより大きいし、手入れがいいように見える。zillow.com で調べたら、かなり強気の値段で売り出していた。

その家の少し先には、1年前からずーっと売家の看板を出している家がある。裏庭が狭いのと、一般道路に近いのがネックなのか、売れない。そういえば、この家は珍しく何度も住人が入れ変わった。何か問題があるのかもしれない。

うちのお向かいの家は、リーマン・ショックの直前に売家の看板を出し、1ヶ月ほどで取り外した。うちより大きく、フロントポーチ、プール、内装済みの地下室があり、これまた「いい」お値段で売り出していたが、時期が悪すぎた。

その後は売る気配はない。でも、下の娘さんがフロリダの大学に行ったので、もう大きな家は要らない。景気が上向けば、また不動産マーケットに参入する可能性大である。

これはよくない

この分譲地内だけで、現在少なくとも2軒が売家に出ている。しかも、お向かいが参入したら3軒である。そこへ、うちも売りに出したら、トータル4軒。

たったハーフ・マイルそこらで4軒もなんて、乱立状態ではないか。

おそらく、うちが一番小さくて一番安い。ただし、メンテナンスが一番お粗末。

まだ夫の転職問題は宙に浮いたままだが、引越しすると決まれば、早急に家を売らなければならない。もっと真剣に美化作業(?)に取り組まねば。

ブログなんか書いてる場合じゃないぞ!と思う(でも、ブログは私の精神の均衡を保つのに役立っているみたいなので、書いている)。


<今日の英語>

She is worked up now.
猫がひどく興奮してる。


妹猫が玄関にやってきたリスを見つけて、ドアのガラス部分にピッタリくっつき、尻尾をバサバサ動かしている。今にも飛びかかりそうな気配(でも、猫は外には出られない)。それを見た夫の一言。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  生活  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/440-552e3517

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。