スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

使われる前に使え!

2010.01.12 (火)


朝5時にキッチンでお茶を飲んでいると、ぼーっとした顔で夫が現れた。

私は事務的に今日の予定を話し、夫は前の日に買ってきたシーフードの話をした。

「きみが食べられないとは知らなかったよ。悪かったね。」

(こういうどうでもいいことでは、すぐ謝る夫。)

私は40歳で歯の矯正をした。下の前歯だけだったが、矯正が終わったあとも固定ワイヤーをつけている。金曜日にフロスをしていたら、そのワイヤーに糸が引っかかってしまった。えいっと引っ張ったら、ワイヤーの端っこが飛び出した。

あれこれやってみたが、ワイヤーが口の中に刺さって痛い。しかたないので、週末はヨーグルトや卵おじやを食べていた(ちょっと痩せたかもと思ったが、チーズケーキも食べたのだった)。

「今日、歯医者に行くからいいわよ。そしたら食べるから。」

夫も私も、ルーマニアへの200ドルについては黙っている

「わたし、オーブンと換気ファンを買い換えようと思うんだけど。すぐに引越ししないとしても、15年も使っていて、タイマーやランプが壊れているでしょ。もちろん高いのは買わないつもり。どれだけここに住むかわからないから。」

「そうだね。いいよ。」

「それと、シンクとカウンタートップも。シンクはカウンターを買うと無料で付けてくれるところが多いみたい。」

「へえ。そうだね、カウンターはかなり傷んでるな。」

「リビングルームを直した時の木がまだ地下室にあるでしょ。あれでキッチンの床も木にしたらどうかと思うのよ。」

フロアリングの会社の見積もりがおかしかったのか、まだ2箱もあるのだ。私はリビングもキッチンも同時に床を直したかったのに、夫はそのうちキャビネットを入れ替えたら、見える部分の表面積が変わってしまうから、キッチンは後にしようと言ったのだった。

そして、何もしないまま数年が過ぎた。

「キャビネットは替えないのか?」

「高すぎるから、替えないでいいと思う。それに、誰かがこの家を買ったら、きっとキッチンをぜんぶリモデルするんじゃない?」

夫は、きみの好きなようにやっていいよ、と言い残して、2階へ寝に戻った。

      *

夫の転職が宙に浮いているときに、お金は使いたくない。でも、この家を売るとなったら、あちこち修理が必要なのは事実で、私の言い分はまんざら嘘でもない。

うちのお金は私が管理している。だから、夫はごくおおざっぱにしかうちの財政状態を知らない。

もっとも私はどんぶり勘定。しかも、大学進学や引退後のために、ミューチュアル・ファンドにかなりの割合を入れているので、現金は少ない。

その少ない現金を、夫はルーマニア娘にほいほい送るのである

夫が稼いだお金だから、私が管理者であろうと、最終的には夫のもの。これが来月の家のローンも払えないという切羽詰った状況ならいいのだが(よくないか)、数百ドルが出せるから困るのだ。

今回の200ドルについて、夫は「これが最後だから頼む。」とは言わなかった。つまり、これで終わらない可能性が充分ある。

しかし、夫は止めろといわれて止める人ではない。自分の稼いだお金だ、あるいは、小遣いの範囲だと言われたら、私は説得できない。

そこで、ケチで締まり屋の私が「使われる前に使え!」という作戦を立てた。

コンピュータ買って!の次男じゃないけれど、そんなお金があるなら家に投資しようじゃないの。

そうは言うものの、買い物の苦手な私。キッチン設備を替えるなんて、むしろ苦痛なのである。だからこそ、夫に宣言して自分を追い詰める必要があった。

ついでに次男のテニスレッスンを増やそうか。「よそにあげるお金はありません。」というメッセージを夫に伝えるために。


<今日の英語>

There are strings attached.
条件付きです。


北朝鮮が和平交渉に応じるという。ただし、「例によって取引条件をあれこれ持ち込もうとしています。」というレポーターのコメント。strings はヒモ。交換条件も見返りの要求も下心もない、純粋なオファーを申し出る場合の決まり文句は、No strings attached.



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  生活  |  コメント(4)

Comment

なんとなく分かります(笑)
mommy |  2010.01.12(火) 13:08 | URL |  【編集】

良いアイデアだと思います。

それにしてもkomatta3、旦那さまの稼いだお金ではあるけれど、
法的には少なくとも半分は妻であるあなたのものですよね

(え、100%?)


太吉 |  2010.01.12(火) 18:35 | URL |  【編集】

初めてコメントします。

賛成です!

体、心、無理なさらないで下さいね。
まめりんご |  2010.01.12(火) 20:02 | URL |  【編集】

欧米の場合、共働きがあたりまえなので専業主婦だとたしかに旦那の稼ぎにはとやかくいいにくいですね
パートタイマーでもやってればまだ強く言えるんですけどね、
ゲスト |  2010.01.12(火) 20:27 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/431-37bc2a3c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。