スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

夫の自主的減量計画

2010.01.11 (月)


9ヶ月ほど前に躁うつ病と診断されてから、投薬の影響もあって、夫の食欲は精神状態と連動するかのように、急上昇と急降下を繰り返していた。

23年前に出会ったときは、中肉中背だった。アメリカ人としては決して大きいほうではない。でも、すでに30代後半だったので、気をつけないと太るなという感じだった。その後、徐々に典型的な洋ナシ体型になった。

私は、食べる量が多すぎるとか、もっとゆっくり食べたほうがいいとか、それとなく夫に忠告したが、効果はなかった。

口に出さなくても、レストランでデザートやワインを頼む夫に向ける私の視線で、夫の機嫌が悪くなったりした。

「そういう糾弾するような目で見るな。いつもこんなに食べたり飲んだりしているわけじゃない。ほしいものを罪悪感なしに注文させてくれ。」

そのうち私がうつ病になったり、夫がタイの女に手を出したりして、修羅場を通り過ぎてからは私はますます夫に関心がなくなっていった。

特に、嘘をついた夫を現場で押さえ込んでからは、吹っ切れて、私は私、夫は夫だと干渉しないことにした。もう夫が何をどれだけ食べようが、興味が失せたし、なにごとにつけ「勝手にどうぞ。」という気持ちになった。

夫は健康診断でコレステロールが高いと言われ、運動と食事でどうにかすると宣言したものの、結局何もしなかったので、医者に薬(Lipitor)を処方された。
それでコレステロール値は下がったが、体脂肪は変わらなかった。

仕事柄、PCの前に座りっぱなしなので、痩せるためには摂取カロリーを減らすしかない。夫もそれはわかっているとみえて、だから、今回の計画の基本は
食べない」。

      *

ここしばらく、夫はうつ状態だったので、あまり食べなかった。

ただし、夜中にセロリとhummus(ひよこ豆のディップ)を食べている気配はあった。G氏との電話が長引いたりして、昼食を取らないことも多かった。夫は、もともと朝は飲み物だけで、めったに食べない(私は朝食が楽しみで起きるのに)。

躁うつ病の治療薬パッチを使い出してから、気分はよくなったらしいが、それでも以前より食べないなと思っていた。

すると、昨日「ぼくは1週間に1ポンド(453g)のペースで体重が減っている。」と唐突に宣言した。

「あらそう、いいじゃない。」と私。そこまで痩せているとは思わなかったが、こういうときは同意も否定もしないほうがいい。

「なるべく食べないようにしてるんだよ。」

どうして急に痩せる努力を始めたのかわからない。あと数日で久々に会社へ顔を出すからだろうか。もしG氏の会社へ転職したら、今の会社よりもっと外部との交渉が増えるからだろうか。

夫が最初にタイへ出張したとき、珍しく自分でシャツを何枚か買ってきた。今思うと、すでにそのとき女を探すつもりでいたのかもしれない。じゃあ今度はルーマニア娘のために減量したいんだろうか。東欧へ出かける余裕なんかぜんぜんないのに。ビデオチャットで映るから? 

どうもよくわからない。

      *

どういう理由であれ、減量しようというのは悪くない。

やっぱりこういうことは本人がやる気になるかどうかである。自分が変わることだって難しいのに、他人(夫)を変えることはできない

私は、自分のことは棚に上げて、夫に少しでも痩せてもらいたいといつも思っている。一番の不安は介護(こんな夫婦でも、一応は介護をするつもりでいるのだ)。

もし夫が倒れたら、私に夫を助け起こす力はない。もし夫が寝たきりになったら、寝返りもさせてやれない。そうすると介護人を雇うか入院か。そんなことをしたら老後の資金が危うくなる。

本人はかなり痩せた気分らしいが、見た目はほとんど変わらない。重たい人が2~3ポンド減っても微妙すぎてわからないのだ。そう言われればなんとなく、かなり無理をして見ればそんな感じがしないでもない、という程度である。

夫は前にも、なんとか言うシェークを飲んでみたり、エクササイズ・マシーンを買ってみたり、減量に試みたことはあったが、すぐに挫折。むしろリバウンドが大きくて、逆効果だった。

今度の努力がいつまで続くかわからないけれど、もうちょっと派手に「あれ? また痩せたんじゃない? 食事の量を減らすとやっぱり違うわねえ。」と
おだてるべきだろうか。

でも、この間のアップルパイはパクパク食べたし、ステーキも大きいのを取ったし、長男のために買ったBBQチップスやチョコレートがけプレッツエルにも手を出していた。痩せたというのは本人の錯覚か。あれで1週間に1ポンド減はありえない気がする。

それなのに誉められたら、安心してしまって、もっと食べるかもしれない。それでは痩せられない。ここはいつもどおりに、あまり関心のないふりをしておこう。

今日のおやつはスフレ・チーズケーキ。夫は嫌いなので、私が夫のダイエットをサボタージュしていると責められることはない。


<今日の英語>

That was then and this is now.
それは過去の話で、今は事情が違います。


去年まで書類の手続きが煩雑だった401KからIRAへのロールオーバーが、今年は簡単になった。その解説記事より。直訳は、「あれはあの時、今はこれ。」



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |   |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/429-63116c39

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。