スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

夫の出番

2010.01.07 (木)



病院からフォローアップの電話がかかってきた。

夫がナースと話しているのを昼寝中の私はぼんやり聞いていた。今後の処置について夫が質問したら、ERの医者からもらった書類に従えということらしい。つまり24時間おきに消毒して包帯を替えるのか。

私は看護に向いていない。長男の指はぐるぐる巻きだし、これは困ったなと思ったら、夫は長男に「包帯を取ってシャワーに入れ。」と命じた。まだ外は明るい。

もう? 念のためにビデオ撮影したらどうかな。巻き方がわからなくなったら、ほどいたときの逆をやればいいんだからと考える。

「いたたた。まだ血が出てる。」という長男の声がバスルームから聞こえた。

ビデオの提案は止めて、夫に呼ばれるまでそのまま昼寝を続けることにした(こういう母親も実在する)。朝早く猫に起こされ、夜中も何度か起きたうえ、このところ毎日出かけて私は疲れているのだ。

シャワーが止まったが、誰も私を呼びに来ない。しばらくして起きたら、長男も夫もそれぞれの部屋にいるらしく、なんだか静か。長男に「包帯できたの?」と聞いたら、「うん。」とあっさりしている。じゃあ、夫がやったのか。

夫はボーイスカウトであれこれ習い覚えたらしく、昔取った杵柄という感じで披露することがある。まあ、そういう機会はめったにないのだが、たぶん応急手当なんかも一通り習ったんだろう。

これは助かる。では、抜糸するまで、包帯替えは夫の担当

        *

こういうときは持ち上げるに限る。

夕食のときに、「包帯を替えてくれてありがとう。うまくできたみたいね。」と夫をおだてると、「いや、別にいいよ。実は、包帯を巻き終わってから薬を塗るのを忘れてたことに気がついてね、もう一度ほどいてやり直したんだけど。」

気が短い夫は、ふだんそういう事態になると文句タラタラでののしったりするのに、今日は静かだった。ERに付き添ったことで、自分がやらねばと思っているのかもしれない。これは助かる

夫が1枚4ドル以上する躁うつ病の治療薬パッチを使い始めて、5日経った。1週間しないと効き目が出ないとの話だったが、すでに不安感がかなり解消されたと言う。

確かに話し声にも力があるし、長男といっしょにTVを見て大きな声で笑ったり、クドクド薀蓄をたれたりする。包帯の交換をやれるだけの気力もあった。

うつ状態が改善されつつあるようだ。一挙に躁状態に反転しなければいいんだけど。

今の会社への復帰話はどうなっているのか、わからない。上司がプロジェクトで苦労していると聞いた。夫に手伝ってもらいたいのだろうか。人事は許可するんだろうか。G氏のスタートアップはどうなる?

         *

夫は前々から仲のよかった同僚シンディと来週ランチをすると言う。午後1時から2時までの1時間かっきりなのだそうだ。大きな会社なので、社内にカフェテリアがある。ただ、微妙な話をそんなところでして大丈夫なのか気になる。

彼女とはよくスピーカーフォンで話しているのが聞こえた。上司の悪口とか会社への不満とか、彼女も苦労していたし、夫も率直に話せる同僚がいたのはよかった。

ただし、夫が復帰する見込みはわずかなので、彼女も以前ほど情報を共有しないかもしれない。

私はシンディとは電話でほんの少ししか話したことがない。子どもが3人いて、一番下の男の子は自閉症の疑いがあるらしい。ご主人はたしか弁護士。シンディは産休を取っては、そのつど職場に戻っている。住み込みのベビーシッターもいたはずだ。

私とは立場が違いすぎて話が合わない。向こうも私には興味がないだろう。

忙しそうなのに、オンラインゲームもする人で、子どもたちは本名でなく、ゲームに登録した名前でシンディを呼んだりするのだ。そういえば、シンディのお父さんも同じゲームをやっているんだった。

夫はすでにそのゲームに半ば飽きてきたらしい。躁鬱の傾向なのか、夢中になると異常にのめり込むが、またパッタリと興味を失ったりするところがある。だから、ゲーム上で会うこともなかったと思われる。

夫が会社に顔を出すのは、9ヶ月ぶり。

精神科医やカウンセラー以外の人間と話すことも、今の夫には必要だ。私みたいにブログで思ったことを黙々と書き連ねるタイプではなく、一対一の会話が一番合っているみたいだから。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  医療  |  コメント(3)

Comment

始めまして。自分は精神障害をかかえて日々闘病中のシンと申します。自分も最近ブログを始めました。自分の闘病記にしたいと思います。ブログのランキングで上位の方のブログを見てどうしたらこのようなブログが出来るか勉強させて頂いてもよろしいでしょうか?まだ再開して間もない日記ですが、闘病記やネットビジネスや面白裏情報や日々の出来事を書かせてもらってます。良かったら一度遊びに来てやってください。つまらなかったらごめんなさいご指導頂ければ幸いです。

http://blog.livedoor.jp/dreamcatchshin-zibunsagashi/

出来れば相互リンクのお願いも出来ますでしょうか?

今後とも勉強させて頂きます。よろしくお願い致します。

応援ポチ。
シン |  2010.01.07(木) 19:37 | URL |  【編集】

すみません

せっかくですが、相互リンクや相互クリックはしておりません。いただくコメントにもほとんど返信しておりません。

なぜこんなブログを読んでくださる方がいるのか、私にもわかりませんので、指導などできる立場ではないのです。すみません。ご了承ください。
komatta3 |  2010.01.08(金) 09:49 | URL |  【編集】

旦那さん、頼られ、持ち上げられる機会があって調子が戻ってきてよかった。でもまた反動でいつ鬱がくるのか怖いです。一喜一憂。ルーマニア家族からも頼られて嬉しかったんですね。komatta3さんは他人に興味をさほどもたず、自分ひとりで完結できる(というか一人のほうがパワーがでる)Introvert系で、旦那さんとはむしろ対角線上にあるようです。そのせいか旦那さんはNeedy気味でウザく描かれています。というかそういう人なんですねー。いちいち対応が大変そうですが、頑張ってください!
シネマガール |  2010.01.09(土) 08:43 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/425-36f5ca73

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。