スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

惰性夫婦

2009.12.24 (木)


銀行の残高をネットで調べてみた。

まだ400ドルの引き出しはなかった。夫は昨日ATMに寄らなかったらしい。精神科医と話して気が変わったのだろうか。

別に、クリスマスに間に合わなくてもいいのだ。だいたい今日速達で出したって、ヨーロッパへクリスマスまでに届くはずがない。クリスマス・プレゼントというのはおそらく言い訳なのだから、いつあげたっていいのだ。

もしかして、ルーマニア娘が500ドルでないとだめだと言ったとか? そこまで振り回されているとも思えないけど。

夫はG氏のスタートアップがいよいよ本格化してきて、難しい話をしている。それが片付いてから動くこともありうる。

今日、夫は目医者の予約がある。そのあとでATMに寄るかもしれない。クリスマス直前で郵便局はてんてこ舞いだろう。短気な夫が、インターナショナル・マネーオーダーを作るために長い列に並ぶとは信じがたい。

すると、クリスマスの後か。ニューイヤーのプレゼント? お年玉じゃあるまいし。

       *

夫がよその女と話すのはいいとしても、お金が絡むのが一番いやなのだ。ビデオチャットだけなら、精神科やカウンセリングより安い。それで夫の元気が出るなら、大目に見よう。

私は、夫を給料運搬人としか見ていないのかもしれない。

無収入の私は、家事と投資と子どもの送り迎え担当。完全な分業である。夫は家のことができない(やればできるはずだが、やろうとしない)し、夫婦合わせてようやく一人前みたいなところがある。

ただし、夫が子どもたちの父親としても必要なことは確かだ。うちは息子2人だから、これからますます母親より父親を頼りにするだろう。

夫が会ったこともない若い女に大金を贈ると知って、子どもたちは本当はどう受け止めているのか。お金がもったいない? 浮気だと思って軽蔑する? そんなことTVドラマでしょっちゅうやってるから、現実にもよくあることだと思う?

       *

結婚当時から熱々カップルではなかったのが、長年いっしょに暮らしたために情が移った単なる同居人のようになった。

セックスレスだし、体のコンタクトは一切ない。でも、喧嘩もしない。冷たい態度も取らないし、ジョークも言い合うし、ごく平穏である。人前であっても、ふだんと同じそっけない態度のまま、取り繕うこともない。

「アメリカでは、愛情がなくなった夫婦は、日本人みたいに耐え忍ばないでさっさと離婚する。」と巷では信じられているようだが、アメリカにだって仮面夫婦はいるのだ

こういうのは仮面夫婦じゃないのかな。むしろ、惰性夫婦倦怠夫婦とでも呼んだほうが近いかもしれない。

うちはハッキリと夫婦仲が冷え切っているというよりも、一種の中和状態なのだ。アルカリ性でも酸性でもなく、よくもなく悪くもなく、ものすごく幸せでも恐ろしく不幸でもない。

       *

外国人の私がアメリカで最後まで頼りにできるのは、お金。

うちのお金が減らなければ、夫がよその女のほうを向いても「あーあ、またか。」で済む(と思う)のだが、そこが夫のマヌケなところだ。だいたい嘘が下手すぎる。

そういえば、最初にタイ女に送金したときも、「現地の学校にコンピュータを入れる計画を教えてくれたから、寄付する。」というありえない作り話だった。今度だって、ルーマニア女が500ドルぽっちでビジネスをするなんて、私のインテリジェンスを馬鹿にしてるのかと思う。

とことん秘密にするか、いっそのこと堂々とやるか。どっちかにしてもらいたい。見え透いた嘘が一番たちが悪い。

私がお金の一切を管理しているのだから、お金を使わずにどうにかしろというのも難しい注文か。それにしても、毎回現金というのは芸がない。

長男が夫に忠告してくれたらな。

「ダディ、マリウスにお金をあげるのはよくないよ。」

私があれこれ言うより、よっぽど効果があるんじゃなかろうか。


<今日の英語>

It felt like a blow to the head.
頭に一撃をくらったような気持ちでした。


子どもの背を高くしたいという親の願いが尋常でないらしい韓国。大学を出て仕事をしている娘たちを結婚させようとしたら、お見合いで彼女たちの低めの身長が欠陥扱いされた母親の一言。「頭をガツンと殴られたようにショックでした。これでよくわかりました。勉強で遅れても追いつけますが、身長で遅れたら永遠に取り戻せません。」 いま、彼女は一番下の男の子を身長を伸ばすクリニックに通わせている。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |   |  コメント(4)

Comment

極々一般的な、普通の夫婦関係のように思います。洋の東西を問わず時を重ねてきた夫婦の行き着く先なのでしょう。私は、堂々と浮気をされたら離婚しかないと思っている。というか黙認はできない。相手に対する配慮のカケラもない人となど、暮らせないもの…。
りゅうこ |  2009.12.24(木) 07:52 | URL |  【編集】

レベルが高い!

いつも楽しく拝見させて頂いてます。
このブログの持つ全体的な温度の低さが自分に合っているようです。しかも面白い!
低温やけどの様なジンワリとした破壊力がある文章に感心してしまいます。
本当にkomatta3は凄いです。これからも好きな様にどんどん書いて下さい。
いつもいつも楽しみにしています。
nana |  2009.12.24(木) 11:36 | URL |  【編集】

ヤキモチ

お金お金といいつつもやっぱり旦那さんのこと好きなんですねーだってお金の管理を自分がしっかりしていて家計を握っているなら大丈夫じゃないですか?
旦那さんがパソコンしてるお部屋のドアの前で聞き耳立てて具合を伺ったりしてる時点で、まるで少女のようだなと思いましたよ
ゆう |  2009.12.24(木) 23:33 | URL |  【編集】

もっとkomatta3が冷たい態度なのかと思ってましたが、ジョークも言い合うんですね~^^ よかった。きっとほんとはkomatta3はダンナさんのことが好きなんだと思います^^ 私も自分がkomatta3にすごく似てると思うけど、最近やっぱりダディ(ダンナ)のことが好きだということに気づきました。夫婦って人生共同体だから山あり谷ありだけど、やっぱりいいもんですね~♪
mommy |  2009.12.25(金) 20:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/408-6804f3c1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。