スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

カマをかける

2009.12.22 (火)


500ドルから400ドルに下げさせたが、私の気は収まらない。

会ったこともない個人(しかも、やっぱり女)にお金をあげるのが気に入らない。ビジネスの援助だと見え透いた嘘をつくのが気に入らない。若い(これも前と同じ)、おそらくそれほど裕福でない娘に気前のいいところを見せたいのか。見返りがあるのか。

夫は「子どもたちも会ったことがある。」と言っていた。2人にそれとなく聞いてみるか。

「ねえ、なにかゲームしててルーマニアの人に会ったことある? ダディがあんたたちも知ってるって言うんだけど。」

「ルーマニア? ああ、マリウスじゃない? 見たことあるよ。」

「マリウスって男でしょ。女の人は? マリウスの奥さんは?」

「知らない。マリウスしか見たことない。ビデオチャットで見たよ。」

「どんな人? 若い人?」

「そうだね。若いかな。若いよ。」

なんか頼りにならない長男。でも、こういうときは長男のほうが真面目に相手をしてくれる。次男はそういう話をしたがらない。

「ダディがその人たちに500ドルあげるって言うのよ。どう思う? ボイラーの修理で1400ドルかかったでしょう。それに500ドルあれば、私だってキッチン直したいのよ。日本に行く切符買いたいわよ。500ドルよ。そんなオンラインで会っただけの人によ。それに、奥さんのほうだけじゃないの、ほんとにダディがあげたいのは。だめだって言って、400ドルにさせたんだけど。怪しいと思わない?」

こうなると私は止まらない。15歳と13歳の息子たちを前にまくしたてた。

「500ドル?! ぼくにパソコン買って!」と、このあいだ自分のデスクトップが壊れた次男。

「500ドル? 400ドル? たくさんだね。なんで?」と、すぐに夫を責めたくないらしい長男。

そんなこと私に聞かないでよ。

ともかく、子どもたちがそのルーマニア人を見たことがあることはわかった。ただし、旦那のほうだけ。奥さんもゲームをするのだろうか。でも、子どもたちの前には姿を見せなかったらしい。

       *

長男の空手教室のあとで、またこの話になった。私たちはあらゆることを話す。

「ぼくはあげてもいいと思うのと、あげちゃだめだと思うのと、両方。あげてもいいのは、オンラインで話したことがあるし、顔を見たことがあるから。あげちゃだめなのは、オンラインで会っただけで、ほんとはどんな人か知らないから。」

何よ、それ? 反対なの、賛成なの? 子ども相手にいらつく私。

長男は私が怒っているのをわかっているけど、ダディの悪口を言いたくないらしい。でも、この送金が理不尽だとわかってもいる。そりゃそうだろう。常識で考えたらありえない。チャリティ団体に寄付するのとは違う。

株価が上がれば500ドルくらいすぐ回復できる。配当金だってある。でも、500ドルをそんな風にポンと他人にあげる気は私にはさらさらない。

夫は、精神科医との予約の後で銀行に寄って現金を引き出し、そのあと郵便局に行くという。ずいぶんマメに動くじゃない。精神科医は知ってるの? ほんとに告げ口したくなってきた。

      *

夫は半年前についた嘘を忘れていた。私がカマをかけて、「インターナショナル・マネーオーダー、前にもやったじゃない。200ドルか250ドルで。郵便局に行ったじゃない。」と夫に言うと、「うーん、そうだったな。でも、これが最後だから。頼むよ。」

あのときはミシガンのゲーム仲間数人でしょ。しかも150ドルだった。今度はルーマニアの夫婦。結局、どっちもルーマニアへあげたお金だったってことよ。

自分の作り話くらい、覚えておいたら? 

(もっとも、私もブログに書いたおかげで、過去記事を読んで詳細を思い出した。だから、これも記録しておく。)




クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |   |  コメント(3)

Comment

実際には会った事もなく、触れることもできない人に多額のお金をあげるって…。ある意味、純愛かもしれない。性欲です!と宣言されてからだの関係ができてしまうのと、純愛ですからと居直られるのと…どっちが楽なんだろう…。結局、カッコつけて気を引きたいだけの遊びに違いないけど。なんだかな…。
りゅうこ |  2009.12.22(火) 22:25 | URL |  【編集】

12/22付け私信をくださったR子さんへ

投稿の設定は変えていませんので、どういう不具合かわかりません。すみません。このお問い合わせは私信として届いていました(非公開設定であれば、ブログ上では見えないはずです)。

もしかしたらコメントの中に禁止用語が入っていて、システムが拒否しているのかもしれません。
 komatta3 |  2009.12.23(水) 01:03 | URL |  【編集】

了解しました。丁寧な御返事、ありがとうございました。いつも楽しみに、且つ苦しみながら読ませていただいております。寒波の被害がないといいのですけど…。どうぞ、お気をつけて。
りゅうこ |  2009.12.23(水) 09:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/406-dad23e34

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。