スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

オフィス明け渡しの通告

2009.03.16 (月)


[アメリカ生活] ブログ村キーワード
夫の Long-Term Disability 期間が始まった一昨日、夫が会社のメールアドレスにアクセスしようとしたら、拒否された。まだ解雇されていないし、アクセスできなくなるとは知らされていなかった夫は、呆然としていたが、すぐにプライベートなメールアドレスから上司に問い合わせた。

週明けの今朝、上司から電話が入った。

「なぜアクセスできないのかわからないのよ。私も不便で困るし。HR(人事)に聞いてみるわ。私の机には、あなたに関するものすごい量のペーパーワークが届いてるんだけど、あなたのステータスは technically separated from the company ですって。」

つまり、事実上、会社組織から分離されたのだ。

上司は、目の前の書類を読み上げる。

「オフィスを明け渡すこと。IDバッジを返すこと。まずその2つをやってください。いつ来てくれるかしら。」

夫は、明日の午後に行くと約束した。オフィスを片付けるから、秘書に大きい箱を用意させてくれとも頼んだ。アメリカではよくあることだが、夫は個室を与えられていた。規定では、72時間以内に明け渡さなくてはいけないという。15年間で蓄積した書類や備品すべてを。

「来たらわかると思うけど、空っぽのオフィスがずいぶん増えてるはずよ。それから、会社支給のラップトップも返してもらわないと。」


*     *     *


夫は、50%とはいえこれからも給料をもらうし、解雇通知を受け取ったのではないので、まさかメールにアクセスできないばかりでなく、PCも渡さなくてはいけないとは予期していなかった。今から、できるだけのデータを取り出すそうだ。

「あとは、いろいろフォームに書かなくちゃいけないんだけど、あなたのオフィスはセキュリティを通らないと入れないところね? ドアに鍵は? Ethernetはある? ほんっとにバカらしいわね、このフォーム。」

上司はウィスコンシンにいるため、夫のオフィスは知らない。もしかしたら直接会ったことすらないかもしれない。

彼女自身、今の部署でストレスをかかえ、セラピーに通い、抗うつ剤を飲んでいる。そのうち、夫の処遇だけでなく、自分の話をし始めた。精神科医に「あなたは全然よくなっていない。このまま会社にいたらだめだ。辞めたほうがいい」と言われたそうで、「それができるなら、とっくに辞めてるわよ。でも私は母の生活も支えてるし、夫ともめているし、障害児がいて保険がいるし、辞められない。医者はぜんぜんわかってくれないのよ。」

ペーパーワークが苦手な夫のために、私も密かに通話を聞いていたのだが、上司が部下にここまで踏み込んだ話をするのに驚いた。彼女は、「聞いてくれてありがとう。あなたの件は、またあとで連絡するわ。」と言って、電話を切った。


<今日の英語>

It's just between you and me.
ここだけの話よ。

プライベートな話を始める前に、夫の上司が夫に「口外しないように」とくぎを刺した。夫がパニックアタックを起こしたほどの仕事環境である。彼女も相当ストレスがたまっているらしい。夫を信用しているのかどうか知らないが、誰かわかってくれそうな人に話したかったのだろう。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

タグ : レイオフ

 |   |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/40-80ba3f7e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。