スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

愛人ごっこ その81

2009.12.18 (金)


※ これまでの話(その1~80)をカテゴリから番号を選んで読む。

(前回その80の続き)

パヴェルはその後も何度かやってきて、私とベッドを共にした。

私たちの間に最初の頃のような熱情はなく、お互いにすっかりなじんだ体となっていた。そして、彼だけが満足して終わるのが常だった。

私は、抗うつ剤のせいか、私の心の中のわだかまりのせいか、オーガズムに達するどころか、いつも置いてきぼりにされたような、見捨てられたような気持ちになった。でも、それを言い出せなかった。

今までは、彼が喜べば私も満足していたのに。私はいつから自分を騙していたのだろうか。

一方で、彼と抱き合うたびに「これが最後かもしれない」とも思った。パヴェルがドイツへ行ってしまったら、私はまた以前の単調な生活に戻り、彼は何事もなかったかのように学生生活を送るのだろう。そして、どこかの女の子と出会って、2人の生活を築くのだ。

それは最初からわかっていたことだった。

夏だけとはいえ、3年もの間、私の寂しさや肌恋しさを埋めてくれた彼はもう充分に役目を果たした。これ以上、何をさせようと言うのか。

私は今の生活を捨てる気はないし、彼もそんなことは望んでいない。そういう関係。

・・・

あれは9月の終わりだったか、10月の初めだったか。

私はパヴェルの電話を受けて、午後早く彼を迎えに行った。その日は彼が泊まっていくことになっていた。

「朝晩は寒いくらいだね。自転車で宿舎からキッチンに行くと、よくわかるよ。」

「そうね、もう秋だから。あなたが渡り鳥みたいに、南の島じゃなくてドイツに帰る時期ってことね。」

「あと10日かな。今年は早かったよ。」

「忙しかったんじゃない。そういえば、3年目だから優遇してくれるっていう話はどうなったの?」

「無視されてる。トーマスといっしょに何度か掛け合ったんだけど、もうあきらめたよ。もらえるだけもらって帰る。でも、がっかりだなあ。ひどいよ。」

つまり、彼らは足元を見られたのか。契約書にどう書いてあったのかわからないが、夏だけ滞在する東欧出身の若者を言いくるめるくらい簡単なのだろう。もともとキャンプカ・ウンセラーとして来るのは今年が最後だとわかっていたが、来年つまり4年目はありえないことがはっきりした。

・・・

家に入ると、彼はリビングルームでパソコンを始めた。大学のサイトで調べることがあるという。すぐにベッドに行くつもりではないらしい。

私は椅子に座って、しばらく彼を眺めていた。そして、唐突に切り出した。

「パヴェル。もうあなたとセックスするのはやめようと思うの。」

彼は驚いて私のほうを向いた。

「どうして? 何かあったの? ぼくが何かした?」

「別に何もないのよ。ただ、もう、そうしたほうがいいような気がするの。」

「そう? ぼくはあなたが好きだし、あなたと愛し合うのも好きなんだけど。」

「私もあなたが好き。でも、メイクラブは止めたくなったのよ。ただなんとなく。」

私は彼に理由を言わなかった。私が満足できないと知って、彼が自信を失くすのはいやだった。それに、本当の理由は体のことだけではなく、他にもいろいろあったのだ。でも、それは私自身にもわからない、説明できないことだった。

愛人としてではなく、友人として別れたほうがあとで苦しくないだろうという気はした。

パヴェルはしばらく黙っていた。自分に非があったのかと考えているようだった。あるいは、潮時と思っているのかもしれなかった。

「オーケー。あなたがそうしたいなら。」

「ありがとう。これからも来てくれるでしょ。」

「もちろん。」

彼の顔には隠し切れない不満の色が浮かんでいた。セックスができないからだけではない。私が理由をはっきり言わないからだ。これまで秘密を共有してきた2人だったのに。

・・・

私は自分の身勝手さを自覚していた。彼が怒ったり、私を責めたりしなくて、ほっとしたが、それと同時に、もう彼と肌を合わせることがないのだと思うと、急に寂しくなった。

彼はまったく予期していなかっただろう。こう一方的に決められて、彼が私に愛想を尽かしても当然だ。

どうせあと数日で離れてしまう。そうしたら、もう二度と会わないかもしれない。

本当にこれでよかったのだろうか。

(次回その82に続く)



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  愛人
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。