スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

不要なものを減らす7ヵ条

2009.12.17 (木)


日経ビジネスに、また整理術の記事が載っていた。整理整頓できなくて困っている人がたくさんいるのか、他でもよくこういう記事に出くわす。

今回は、不要なものを減らすための7ヵ条

  • もらわない
  • 買わない
  • ストックしない
  • 捨てる
  • 代用する
  • 借りる
  • なしで済ます

私はふだん人と交流しないので、もらうことも少ない。でも、「無料サンプルをどうぞ。」とか、「登録するだけでxx進呈!」とかあると、つい目を引かれる。

ただし、この世の中、タダほど高いものはないと思っているので、めったに相手にしない。そのときはタダかもしれないが、自分の個人情報と交換しているのだ。あとになって、カタログがきたり、ジャンクメールが来たりする。そうでなくても、モノが増えるだけで負担になる。

もう使わないから、あるいは、たくさんあるから、と言う理由でものをくれたがる人がいる(例:夫の継母)。でも、本当に必要なものでないことが多い。

ともかく、家の中にモノを持ち込んではいけない。モノがあれば、必然的に管理の仕事が増える。そのうちモノに管理されるようになる(例:夫)。

アメリカのスーパーでは、缶詰10個で10ドルとか、スパゲティ6箱で4ドルとか、大量に買えばお買い得というセールがある。

よっぽど使い切ることがわかっていないかぎり、私はまとめ買いはしない。

収納スペースはあるが、結局引き出しの奥深くとか、棚の届かないところ、見えないところに置いてしまう。そうなると面倒で使いそびれるか、買ったことを忘れる。あんまりお得だという気がしない。

トイレットペーパーやペーパータオルもしょっちゅうセールになるので、別に買いだめの必要もない。そもそも4人家族ではそんなに使わないのだ(ただし、夫のせいで、うちのペーパータオルの消費量は尋常ではない)。

以前はジャムの空き瓶やチャイニーズのテイクアウトのプラスチック容器、お菓子の缶などを取っておいたが、このごろはなるべくさっさと捨てることにしている(ガラス瓶と缶はリサイクル)。取っておかなくてもすぐたまるし、結局たいした使い道はないことがわかったから。

         *

しかし、こんな私でも捨てるのが難しいときがある。

リサイクルか寄付できればまだいい。使えそうなものを捨てるのは、もったいないと思ってしまう。裏が白い紙やきれいな紙箱など、つい取っておく。

だから、ヨレてきたコットンの靴下が破れたりするとうれしい。私は裁縫もできないので、そうなると拭き掃除にでも使って、ゴミ箱へ捨てられる。

それですぐには買い換えない。まだ残っている靴下だけで生活する。出かけない私は、本当は3足もあれば足りるんじゃないかと思う。

捨てられない元凶は夫

壊れたものでも使い道がないものでも着られない服でも古い雑誌でも、何でも取っておく。おかげで地下室は夫の持ち物で満杯である。そういう人には、こんな7ヵ条は通用しない(詳しくは、過去記事「モノが捨てられない夫」にて)。

日経ビジネスのリンクから、「All About シンプルライフ」へ行ってみた。モノを減らす方法のページを読んだ。

ハウツーの宝庫だったが、私がだめなのはそういうのを読んだだけでやり終えた気になるところである。へえー、ほおーと感心しつつ、実際はなかなか体も手足も動かない。

           *

7ヵ条の最後に挙げられた「なしで済ます」。これが一番いいと思う。

実際、なくても困らないことが多いんじゃないだろうか。もし困ったら、やらない。やらなければやらないで、どうってことはない(これは単なるグータラ?)。

ずっと前に、確か岸惠子だったか、取材旅行中のアフリカでは水が貴重だったので、毎日コップ1杯の水で洗顔と歯ブラシをして、トイレも屋外で、スコップとトイレットペーパーをほんの少し持って処理したというエッセイを読んだ。

なければないで、人間どうにかなるものらしい(もっとも、蛇口をひねればお湯が出るという快適な生活を捨てる気は、私にはない)。

モノにしばられて、整理術をいくつも読み、やってみようと思って、あふれるモノと格闘しては挫折し、どうして片付かないんだろうと苦悩する。

ぜいたくな悩みである。


<今日の英語>

It's hit or miss.
成り行き任せです。


従軍中に性的なトラウマを経験した女性兵士への対応ができていない。退役軍人病院でも、男性医師にレイプの話をしなくてはならなかったり、まともに聞いてもらえなかったりしている。元陸軍大尉の女性が「どういう治療が受けられるかは、行き当たりばったりです。運を天に任せるしかないのが現状です。」とコメントしている。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  生活  |  コメント(1)

Comment

男性って、女性よりものを貯め込む傾向があるのでしょうか?
うちの父も、私の夫もなかなかものを捨てません。
お陰で実家では、その話題になると夫婦喧嘩になるほど。(母は捨てたい人です。)
私も捨てるのが嫌なので、近い将来捨てるのが目に見えている物は買わないようにしています。
お洋服を寄付というのはとてもいい方法ですね。
にーにゃ |  2009.12.17(木) 23:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/397-869c6288

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。