スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

午前4時半の攻防

2009.12.11 (金)


私は朝型なので、朝起きるのは苦ではない。その分、夜寝るのも早い。だいたい夕食の片づけが終わったら、時間にかかわらず、寝る態勢に入る。

うちには猫が2匹いるが、どちらも私の部屋で寝る。夜だけでなく、昼寝にもきちんと付き合う。妹猫は私のベッドと猫ベッドの半々だが、兄猫はたいてい私といっしょに寝る。

前の猫(夫が結婚前から飼っていた)も私と寝ることが多く、重いし暑いしで、私はたびたび寝不足になった。それで、こんど猫を飼うときは、猫ベッドで寝るようにしつけようと決心した。

確かに子猫のときは、兄妹いっしょに猫ベッドで重なって寝てくれた。

よしよしと思っていたが、大きくなるにつれて2匹の間に距離ができ始めた。1歳ごろには、もう絶対にくっつかなくなった。たまたま近くにいると、なめあったり匂いをかいだりするが、まるで通行人同士みたいな態度である。

一人で遊んだり外を眺めたりできる妹猫はともかく、兄猫はやたら私にかまってもらいたがる。無視すると、カーペットを引っかいたり、カタログの山を崩したり、本棚のガラスドアをバンバン叩いたりする。

しかも、横目で私を見ながら。

悪いことをしているという自覚はあるようだが、そうすれば私の気を引けるということも、あの小さな脳みそがちゃんと知っている
。かくして、私は本を読みながら、片手でヒモを揺らしたりするのである。

前の猫みたいに1匹では寂しかろうと2匹いっしょにもらったのに、いっしょに遊ばないなんて、まったく当てが外れた。

        *

前の猫が朝ごはんの催促でうるさかったので、今度はそれも最初からしつけようと思っていた。いくら朝型でも毎朝4時台に起こされてはたまらない。

猫が騒いでも完全無視、私が起きる時間イコール朝食の時間だと植えつけようとした。

子猫のときはそれでうまくいった。

小さい猫が走り回っても、それほどうるさくなかったし、辛抱強く待ってくれた。空腹より好奇心だったのか。ちょっと興味のあるものがあれば、それで気が紛れたのかもしれない。まだ知恵がついてなかったらしく、部屋のものを引っかいて音を立てることもなかった。

ほら、猫だってトレーニングできるじゃないの。いい子たちじゃない?」と私は思うように動いてくれない人間の子どもたちに自慢した。

しかし、それは錯覚であった。

いつ頃からか定かではないが、私は毎朝、兄猫とむなしい戦いをしている。妹はいい子なので、よっぽどお腹がすいていない限りはじっと待っている(愚かな兄に悪役をさせているのか?)。

4時過ぎ、がさがさと紙を蹴散らす音がする。最初はかすかなのだが、私が起きないと見るや、猫も大胆になって、バッサバッサやり始める。私は朦朧とした頭で、「あそこには何が置いてあったっけ。」と考え、無駄と知りつつ、「コラッ!」と一喝する。

兄猫は反応があったので、しばらくおとなしくなる。でも、私が起きないのを見て、今度は本棚のガラスドアをドラムスにする。立ち上がって両手でたたくらしく、なんだかリズムがあって、それもしゃくにさわるのだ。「これはバックグラウンド・ミュージック。」と思い込もうとするが、だんだんイライラして、音のするほうへ枕を投げる。

兄猫はまたしばらく静かにするが、私が起きないので、もう一度紙類に戻る。カタログでも本でも手当たりしだいになる。「無視、無視。」とがんばってみるが、あの不快な音は耐えられない。

結局、起きて階下へ行き、ドライフードをあげるはめになる。

悪しき前例を作るのが一番だめなのだが、猫はしっかり学習してしまった。そして、兄猫は連戦連勝。私が勝つことはめったにない。よっぽど疲れているときくらいか。

          *

まあ猫だってお腹がすけばしょうがないわよと思いつつ、またベッドにもぐりこむ。もう一度眠ろうと思っていると、兄猫が戻ってくる。そして、またバッサバッサ、ドンドンを始める。

ご飯あげたでしょっ!」と叫んでみるが、猫は止めない。私の上に飛び乗ったりもする。つかまえておとなしくさせても、ひらりと逃げて、また音を立て始める。

あんたの勝ちよ。起きりゃいいんでしょ。」と捨て台詞を吐いて、しかたなく起きる。いくら早起きでも4時半は早すぎる。その分、昼寝をすればいいのだが、こういう起き方は気分が悪い。

前夜の缶詰を遅くしたり、量を増やしたり、ドライフードを出しておいたり、寝る前に運動させたり、いろいろ試みたが、だめだった。

一度だけ地下室に閉じ込めたこともあるが、猫トイレが置いてあるので、妹猫もいっしょに閉じ込めねばならず、(妹が)かわいそうでやめた。

どうも兄猫は、空腹を満たすことだけが目的ではないようだ。餌係が目を開けて活動するまで起こし続けなくてはならないとインプットされているらしい子どもが餌をやっても、夫が起きていても関係ない。

別に動き回らなくても、ベッドでパソコンを開いてニュースを読むだけでもいいのだ。そうすると、兄猫はとたんに興味をなくし、階下に行ったり、部屋の隅っこで毛づくろいしたりする。

ちょっとちょっと、今までの騒ぎはいったい何よ?

          *

どうにも腹が立つ日は、気持ちよく寝そべっている兄猫の昼寝を邪魔する。「起きて、起きて。」と揺さぶり、目の前でひもを動かす。猫は迷惑そうな顔をしてうっすら目を開ける。

ほーら、いやでしょ。あんたが毎朝わたしにやってるのは、これと同じことなのよ。お互いにいやなことは止めましょう。」と口説いてみるが、猫にわかるはずもない。でも、無駄だと思いつつも、たまにはそうやって鬱憤を晴らしたくなるのだ。

そして、もう二度とオス猫は飼わないぞと決心する。


<今日の英語>

It's really hard to walk away from it.
それに背を向けることは本当に難しい。


ステロイドの常用は腎臓によくないとわかっていても、ボディビルディングを止められない男性の一言。「こんなことは40歳くらいまでしかできないと思うと、今やれるだけやっておきたい。だから、トレーニングやコンテストから離れるのはつらい。」



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |   |  コメント(2)

Comment

うちは、

夫にねだれば、ご飯・おやつがもらえるというのを猫たちは知っています。夫は猫がちょっとでも甘えた素振りを見せようものなら、勝てない人です。
何をしても私は時間まで絶対起きてこないというのも知っています。でもって我が家も早起き、夫は3時には起きて、私は4時には起きます。(笑)

ちなみにオスもメスも両方いますがうちで一番騒がしいのはメスと最近やってきたオスの仔猫です。
トータルで4匹います。毎日戦争です。(笑)人間の子供がいないので対応出来るって感じでしょうか。
ナベ |  2009.12.11(金) 06:18 | URL |  【編集】

うちもです。

うちは5匹います。いや、家に勝手にやってきて居心地がいいものだからいついちゃうんです。ちなみにうちは息子が二人おりますが、どっちも猫好きです。旦那はまあまあ。(笑)
 ベッドルームは閉めてるんで、1匹か2匹が夫婦の寝室か、息子の部屋で寝てますがおきてくるのは6時か7時です。他の猫はデンで寝てたり外ほっつき歩いたりしてます。(笑)私は7時位に起きますので猫はデンでえさを待ってます。静かに待ってますが私を見ると騒ぎ出します。
 どれもこれも半野良だったので(多分)、えさをやらないと、外で鳥とったり、ネズミ捕まえたりするので、家にえさを連れてこないように追い回したので最近は外でごそごそやってるようです。
 2匹は兄弟、あと1匹は義兄弟?、以前母猫が面倒見てましたがどう見てもよそ猫。最近三毛猫の子猫が住み着き、なかなか取り入って入り込んでます。長老はこれもさすらい猫。メスはこの二匹だけです。
misao |  2009.12.12(土) 01:24 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/390-bc5a4ec7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。