スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

今年最初の Snow Day

2009.12.10 (木)


朝6時過ぎに電話が鳴った。Caller ID には学校区の名前が出ていた。コンピュータによる一斉連絡である。

グッド・モーニング!こちらはB学校区です。雪のため、本日は休校です。

うちの現地校には電話連絡網はない。昔はローカル・ラジオを聞くか、学校へ電話しないと確認できなかった。今はウェブサイトもあるし、便利になったものだ。

天気予報で昨夜から今朝にかけて積雪があると言っていたが、なぜかたいしたことはないだろうと思っていた。でも、一夜明けたら、4~5インチ(約10~12センチ)も積もっていた。

12月になったばかりだというのに、さっそく Snow Day である

それほど雪が深い地域ではないが、学校のカレンダーは4日間の休校日を見込んでいる。積雪はたいしたことがなくても、道路が凍結してスクールバスが坂道を登れないなんて日もあるのだ。

降雪が多くても、朝早く降り止んで除雪車が出れば、通学できる日もある。そうすると、学校は1時間あるいは2時間遅れの始業となり、スノウ・デーは適用されない。

見込みより休校が少なければ、使わなかったスノウ・デーは春先の特別休日になる(なんで勉強させないのか?)。逆に、見込みより多ければ、春休みなどから足らない分だけ返上して登校日となる。

これまでの休校データから4日という数字を割り出したのだろう。子どもが学校に上がったときは、たった4日で大丈夫だろうかと思ったが、これが毎年まことにうまくいくのである。

        *

ブリザードの予報ならともかく、この程度なら翌日はどうなるかはっきりしない。だから、子どもたちも私もとりあえず学校があるという前提で寝る。

学校からの電話で休校とわかると、私は子どもたちを起こさないし、休校であることも教えない。たいてい7時30分ごろになって「遅刻だー!」と飛び出してくるのを待つ。

13歳と15歳なのに、まともに朝起きたためしはないのである。自分から起きようという努力がまったく感じられない。どこかで子育てを間違ったと思うのは、こういうときだ。

「ぼくの目覚まし時計、壊れてるんだもん。」
「じゃあ、携帯か子機のアラームをセットすればいいじゃない。」

「昨日は空手で(テニスで、勉強で、ジムで…)疲れてたの。」
「じゃあ、へんなTVドラマなんか見てないで、早く寝ればよかったじゃない。」

「ぼくは5時に起きたんだよ。でも、また寝ちゃったんだってば。」
「そんなの起きたことにならないわよ。」

言い訳ばかりである。

農場で育ったグランパは、登校前に姉と2人で鶏小屋で卵を集め、牛や豚に餌をやったというのに。しかも、スクールバスはなかったから、学校まで歩いたし、電卓なんか使わずに算数をやり、ついには物理の博士号を取ったのだ。

そういう年代から見ると、今の子どもたちはどうなのだろう。

物質的な豊かさはあるけれど、世代を追うごとに何かが欠落していくような気がするのはなぜか。このぐうたらな私から見てもそうなのだ。

いくら仮想世界のゲームで勝ったって、次男はたとえば鼻血がちょっと出るとパニックで泣いて大騒ぎする。あれだけ機関銃で敵を殺しておいて、あきれる。

        *

Snow Day は突然振ってわいたお休み。宿題は昨日のうちにやってある。いつもの通り、私は家事をさぼり、夫は電話中。

結局、全員がそれぞれのパソコンで無為な時間を過ごすことになる。うちだけではない証拠に、次男の仲良しグループは全員朝からネット上で集合しているのだ。

「パソコンがないときは、ボードゲームをしたり、本を読んだり、お話をしたりしたのよねえ。世の中便利になったけど、昔の人のほうが濃い時間を過ごしていた気がするんだけど、どう思う?

ゲームとDVDに没頭している子どもたちは返事をしない。そして、私はブログを書く。


<今日の英語>

He must do a complete about-face.
彼は180度の転換をしなくてはなりません。


連日テレビでジョークの種にされているタイガー・ウッズ。マーケティングの専門家は、「イメージを救済したいならば、従来の無敵で完璧なキャラクターを捨てることだ。180度の転換をするしかない。」とアドバイス。About-face は軍隊などで顔を180度反対の方向へ変えろという命令(つまり、回れ右)。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  子ども  |  コメント(1)

Comment

北海道時代を思い出しました

そう吹雪で休校なんてことがよくありましたっけ。
うれしかったなー!
(そう、集団下校なんてのも)

ただ積雪量は確実に減ってますね。
子供のころは二階まで雪に埋もれるなんてこともありましたが、
もう一世代前の話・・・

米国東部の冬関連記事もこれから楽しみにしてます。
そうもちろんkomatta3のブラックなコメント付きで
太吉 |  2009.12.10(木) 19:41 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/389-72ecfe0b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。