スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

ルーマニア娘

2009.12.09 (水)


夫は早めの夕食もそこそこに、自室へ駆け上がって行った。

「いまGをつかまえないと、明日の朝まで連絡が付かないから。しばらく電話にかかりっきりになるよ。」

どうしていちいち言い訳をするのだろうか。男は嘘が下手だと思う。隠し事があるときに限って、饒舌になるのだ。

私が台所を片付けて2階に上がってみると、夫の部屋からヒソヒソと声がする。

「コンシェルジュに頼んでみたのか。」

彼女は夫ではない男に会いに行くと言っていたから、ホテルにでも泊まっているのだろうか。そこからなぜか英語の発音の話になった。

「英語とルーマニア語の発音について、ちょっと調べてみたんだがね。」

夫は確かに Romanian と言った。時差もニューヨークより7時間先でピッタリだ。なるほど、ルーマニアの女の子か。

おそらく時間を示し合わせて、スカイプ・チャットをしているに違いない。それにしても、こちらの夜7時はルーマニアの午前2時。まともな生活をしている娘ではなさそうだ。

        *

そのあと2回ほど夫の部屋のドアまで行ったが、夫はロシア風の英語の発音をまねしてみたり、彼女に英文を読ませて発音の間違いを指摘したりしていた。だんだん声が大きくなる。そして、気が付いたのか、また急に声を落としたりする。

次男は耳がいいから、隣の部屋にいればきっと筒抜けだ。子どもたちは、父親がほとんどいつもドアに鍵をかけているのをどう思っているのだろう。

夫はすでに1時間以上もルーマニア娘と話している。

せっかく私が知らん顔をしていてあげるのに、電話が終わればまた見え透いた嘘を言うに違いない。あるいは、ぜんぜん関係のない経済ニュースを脈絡もなく持ち出す。

その娘も、よく初老の男のくどい話に何時間も付き合うものだ。やっぱりあのお金は彼女に送金されたのだろうか。

          *

相手の国籍はわかったけれど、どういう関係なのかはいまだに想像の域を出ない。うさんくさいことだけは確かである。

そういえば、次男の友だちのお母さんはルーマニア人だったっけ。白々しく話題にしてみたらおもしろそうじゃないの。

「ダニーのお母さんって、変わったアクセントなのよ。ルーマニアからいらしたんですって。ルーマニアの女性って特徴のある顔立ちじゃない? ナディア・コマネチみたいな。共産国でなくなっても、学費なんかタダなのかしらね。でも、sex trafficking のターゲットになる若い娘も多いみたいで、悲惨よね。」



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |   |  コメント(1)

Comment

いつもたのしく拝見しております。
私と同じ歳で、同じ英文科を卒業して、
似た点が多いので、共感しながら読んでおります。
とても、sentenceがわかりやすく、ブログに惹かれるものがありますね。
私も、ニュージーランド人から、プロポーズがありましたが、komatta3ように勇気がありませんでした。
日本を離れる、両親と縁を切るような感じがしていました。
海外生活は、大変そうでも、とても居心地よく生活されているようで、安心しました。
アメリカは、個人主義で、収入の管理は、自己ですると聞いていましたが、komatta3のように、wife任せの方もいらっしゃるんですね。
どうぞ、いつまでも、このブログが続きますことを、祈念しております。
pochacco |  2009.12.09(水) 18:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/388-e5604c61

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。