スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

盗み聞きと告げ口

2009.12.08 (火)


夫のチャットは、木曜日の午後2時から延々と5時間以上も続いていた。

その後も、ほぼ毎日たいてい午後にコソコソやっている。G氏ともよく話しているけれど、そっちは朝が多いし、30秒も聞けばどっちが相手かすぐわかる。

ドア越しには、やはり夫の声しか聞こえない。でも、最初に聞こえたときほど抑えた感じはしない。ヘッドフォンのせいで、自分の声がどれだけ大きいかわからなくなっているのかもしれない。

断片的な情報しか集められないが、だんだん相手の女が見えてきた。

        *

彼女は16歳で高校を中退。いつか学校に戻るつもりでいる。彼女の夫は、半年間スペインに行くことになった。彼女たちは7年間一緒に住んでいるらしい。暴力をふるっていた男は彼女を捨てたのだろうか。出稼ぎか何かで、半年したら戻ってくるのか。

(G氏は各国のエンジニアやコンサルタントを雇っているので、この女ももしかしたら仕事を通して知り合ったのかと思ったが、そうではなさそうだ。高校中退の子ができる仕事ではない。)

カレッジの話もしているが、彼女が勉強したいのはコスメトロジー。ネイルサロンかヘアサロンで働きたいのか。では、大学というより職業学校ではないか。

「学校に戻るにはどうするんだね。アメリカでは GED という、高卒と同じ資格がもらえる制度があるけれど。」

つまり、この女はアメリカにはいない。そして、相当若い。

「学校に戻ったら、費用は政府が出してくれるのか?」

どこの国だろう。都市の名前とか通貨とか、彼女の居場所を特定できる言葉は聞こえてこない。

          *

「どっちにしろ、もう少し規律正しい生活をしないとね。今は、起きたいときに起きて、寝たいときに寝ているわけだろう。」

それでどうやって収入を得ているのだろう。チャットでお金をもらっているのか。

「前に、他のモデルはどうしてもっと上にランクされているか聞いていたね。彼女たちは、ハウスワークをしてるんだ。」

じゃあ、この彼女もモデル? それとも、チャット相手のことをモデルと呼ぶのか。ハウスワークって? よくわからない。なにかのファンタジー?チャット相手の人気ランクがあるのだろうか。

「うちはサテライトじゃなくて、ケーブルだからね。」

しばらく映画の話が続く。セックス・トークでなくて、こんな趣味の話の相手をするサービスがあるのか。もっとも彼女がどんな格好で映っているのかは、わからないが。

「きみのところは、ここより7時間進んでいるはずだ。」

ニューヨークと時差が7時間あるところ。中欧か東欧?

夜7時過ぎ(彼女にとっては朝の2時)になって、夫は彼女に「これから寝るのか。もう寝たほうがいい。寝なさい。」と言いつつ、延々と話し続けている。

いったい誰としゃべっているのか。どこでこの女を探したのか。この女はどこまで真実を語っているのだろうか。彼女は夫に何を期待しているのか。これが「ブルネットのお人形さん」なのだろうか。

          *

セックスレスなのだから、チャットくらいしてもいいではないかと夫は思っているのかもしれない。確かにセックスを強要されるよりよっぽどマシ。でも、こそこそチャットされるのもうっとうしいのだ。

私が次男のテニスレッスンから戻ったとき、夫はわざわざ下りてきて、「今日のロールキャベツは素晴らしくおいしかったよ。テニスはどうだった?」と聞いた。「まったくGとの電話は長いよ。また難しいことを頼まれてしまった。」

ええ、そうでしょうよ。でも、G氏がいつから若い女になったのかしらねぇ。

見え透いた嘘をつく夫は、自分がどれだけマヌケに見えるかわかっていない。

夫はこのチャットについて、精神科医とカウンセラーに正直に話しているのだろうか

たとえば、私が彼らに電話で教えたらどうなる?

ドクターE、うちの夫は毎日どこか外国の若い人妻とチャットをしています。

躁うつ病は薬でコントロールされているようですが、彼がチャットに費やす時間は異常です。夕食にも来ないでチャットを離れないときがあるんです。私は知らん顔していますけど。

夫は、私に隠れて絶対に何かやっています。この3ヶ月で1000ドルは送金しているはずですが、相手はどこの誰かわかりません。この女性ではないかもしれません。私は夫の側のチャットをたまに盗み聞きするだけですから。何時間もドアに張り付いてるわけじゃありません。もちろん、夫は私が知っているなんて、夢にも思っていないでしょうね。

ところで、私たちがもう何年もセックスレスなのは、夫から聞いていらっしゃいますか。


医者やカウンセラーには守秘義務があるから、私には何も明かさないと思う。それを承知の上で、告げ口したくなる。

夫がカウンセリング・セッションで洗いざらい打ち明けているなんて、私はこれっぽちも信じていない。


<今日の英語>

The clock is ticking.
刻一刻と時間が過ぎていきます。


郊外の老齢人口が急速に増えているのを受けて、シニアセンターの充実を図っている町の担当者の一言。「あと2年足らずで、ベビーブーマーが大量に引退し始めます。2030年には、老人が7200万人に達するでしょう。2000年の2倍です。シニア対策に早く取り掛からないと、時間はどんどん過ぎていくばかりです。」 直訳は、時計がチクタクいっている。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |   |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/386-c07f11f2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。