スポンサーサイト

--.--.-- (--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

 |  スポンサー広告

夫の性格

2009.03.15 (日)


このブログを始めるまでは、HTMLもCSSも知らなかった。テンプレートがピンク基調だったので、ずっと別の色にしたいなと思っていた。先日、長いことかかってどうにかグリーンに変更できた。いっそのこと、別のテンプレートにしたほうが手っ取り早いのかもしれない。
【追記: この2日後、現在のテンプレート(まな板の上にガーリックとトマト)に変更】

色選びは楽しい反面、美的センスがない私は、なかなかこれという配色に出会えない。しかも、HTMLの仕組みがなんとなくわかったというレベルでは、ぜんぜん違うところの色が変わったり、画像がくずれたりして一筋縄ではいかない。

夫は、私がPC相手に格闘しているのを見て、「HTMLがわからなければ、教えるよ」と言った。私は自分でやりたいからと断った。本当は、夫に頼むと「そもそもコンピュータとは…」などとやたら話が長く、最後には教えるというよりは私そっちのけで、自分好みにやってしまうからである。

夫は大学では哲学専攻だった。特に数学ができたとか好きだったわけではないが、ちょうど大型コンピュータが大学に設置されはじめた頃だったため、本業そっちのけでコンピュータ・センターに入り浸っていたという。

卒業後、大学院でやはり哲学を勉強し、コンサルティング会社で働いたあと、大手通信会社に就職した。そこで、ソフトウェアのテクニカル・マニュアル作成などに携わった。それで、コンピュータについては素人よりは詳しいけれど、ハードもソフトも専門的に勉強したわけではない。

なまじ、中途半端な知識があるから面倒なのだ。

しかも、先祖がイギリス系とアイルランド系なので、いわゆる Irish temper の持ち主で、気が短い。ささいなことで怒る。ののしり言葉が、きつい口調で出てくる。

結婚当時は私もビックリしてよく泣いたが、子どもを生み育て、その後いろいろあって、結婚20年経った今は、夫が怒ろうと怒鳴ろうと平然としている。もっとも、夫も年を取ったせいか、だいぶ丸くなってきたとは思う。


*     *     *


そういう性格なので、会社でもよく敵を作った。夫は大会社に勤めたので、組織がややこしい。Office politicsというのがあって、うまく立ち回らないといけない。それなのに、人付き合いのへたな夫は、かなり損をした。私から見ても、仕事は熱心だし、わかる人はわかってくれて、わざわざ夫の上司に「有能な彼のおかげで助かった。」と報告してくれる人もいた。

今回のレイオフ話の前に、夫は社内で他の部署に移ろうと考えて、いくつか当たってみた。一つほぼ異動が決まりかけたのだが、その部署のトップは夫が前にぶつかった人であることがわかった。先方で話し合いがあったらしく、「採用はなかったことにしてくれ。」と夫を面接した人が通知してきた。

続き

そこへ無理に入り込んでも、トップによく思われていなくて、自分を曲げない夫がうまくいくはずはない。だから、異動しなくて正解だったとそのとき思った。

でも、今の部署でレイオフ対象になっているときに、夫のネットワーキング・スキルでは他の部門に移るのは難しい。それは夫も自覚している。だから、短期療養に入ってから、他に異動することはあきらめたようだ。実際、どこの部署でも人を減らしていて、空きがないという。

夫は、リタイアするなら$5ミリオンの貯金がないとダメだと言っていた。株価が戻っても、さすがにそこまでの資産はない。55+の年齢と合わせて、夫はもう現場復帰する気はないように見える。

6月に85歳になる夫の父は、カリフォルニア在住なので、年に1回会いに行くのがせいぜいだ。昨日も、「夏休みにはみんなで来るのかね?」という電話がかかってきた。夫が Long-Term Disability を受けていることは知っているが、給料が半分になったことと復職すればレイオフの可能性大であることはまだ知らない。

アリゾナに住む夫の弟が、盛大なパーティを企画しているらしい。4人分の飛行機代と滞在費用は出せない。でも、85歳という年齢を考えると、いつこれが最後になるかわからない。Caller ID に義父の番号が出るたびに、ため息が出る。


<今日の英語>

I'm still here.
聞いてるよ。


オンラインゲームをしながら、友達と電話をしていた下の子が、ゲームに夢中で返事をしなかったらしい。友だちに「聞いてるの?」と言われて、こう答えた。I'm listening.でも同じ。




クリック募金を始めました。下記サイトにて協賛企業のリンクを各社1回クリックすると、1円ずつ募金できます。
    JWordクリック募金

タグ : アメリカ人 国際結婚

 |   |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲ページトップへ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://halfwaymark.blog114.fc2.com/tb.php/38-0cb14194

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。